TOP > 使っているオーディオ> YAMAHA CDX-640


YAMAHA CDX−640 1990年 定価39,800円


YAMAHAのCDX-640は1990年10月に発売されたCDプレーヤーで、この後4年近くカタログに掲載され販売され続けました。同時期に発売されたテクニクスのSL-PS700とともに、1980〜90年代の「398」モデルの中では間違いなく「優秀機」といえると思います。
SL-PS700以外のライバル機はSONY CDP-991、DENON DCD-850、TEAC CD-P4000、Pioneer PD-335など。

CDX-100(1989年・49,800円)の後継機で、価格は1万円の値下がりとなりましたが、中味はオーディオ回路を一新するなど強化されています。

D/Aコンバーターは上級機のCDX-1050と同じ、YAMAHAオリジナルの1bitDAC、I-PDM
(Independent Pulse Density Modulation)を搭載。このI-PDMは出力パルスを独立化しパルスの面積を比較して、正確にアナログ波形へ変換するという仕組みで、原理的には歪みが発生しないようになっています。
またローパスフィルターやラインアンプはCDX-100よりパーツを増やし、より精度の高いものへと変更されています。

サーボ回路はディスクの状態を読取り、サーボ量を自動調整して最適な状態でトレースを行うインテリジェント・デジタルサーボも搭載しています。

エントリーモデルにも関わらず二重底のシャーシや、偏芯インシュレーター?のジャイアントレッグを装備しており、現在のエントリーモデルと違って防振対策もキチンと考えられています。



(音質について)
高音に特徴があるヤマハサウンド(ヤマハビューティ)というより、中音域がメインになっています。高音が少し弱くなったせいか低音は普通に出てきます。音の広がりや奥行き・余韻などは足りませんが、全体としてはうまくまとめられています。

「398」というエントリーモデルですが、ジャズやクラッシックでチューニングしたようなサウンドです。当時は洋楽(POP・ロック)・JPOPが全盛時代でCDがバンバン売れていました。そのため「398」のようなエントリーモデルは、洋楽・JPOP向けに明るめ・ハデめのサウンドの機種が多かった中で、異例の音作りといえるかもしれません。もちろん洋楽やJPOPが聞けないという訳ではありません。


※「398」モデルということで電源部は貧弱です。しかし電源タップやケーブルなどの環境が良くなると、音の広がりや余韻も改善され、見違えるような良い音で鳴りはじめます。


(フロントパネル)
フロントパネルのデザインは前モデルのCDX-100を踏襲したもので、ほとんど同じなのですがトレイの開閉ボタンの隣にあった「FILE」ボタンが廃止となっています。カラーはチタンとブラックの2色がありました。



(シャーシと内部について)
シャーシは鋼板製。底板はもう一枚鋼板を張り付けて二重底とし、強度を高めています。天板には大きなゴム製のダンパーが取り付けられています。インシュレーターは「ジャイアントレッグ」と呼ばれる大型のもので、接地点をずらし扁芯効果を狙ったような形状となっています。

なお基板は輸出専用モデルのCDX-750、CDX-550と共通となっています。

天板 ジャイアントレッグ

ディスプレィのバックライト ヘッドフォン用の電動ボリューム


(電源回路)
電源回路のトランスは小さいですがケース入り。回路を構成するパーツの数は少なく、ピックアップ・サーボ・ディスプレイ部とオーディオ部、ディスプレイのバックライトに分けた「独立給電」となっています。茶色のコンデンサはELNA製。
トランス 電源回路


(サーボ回路)
サーボ回路はデジタルサーボですが、まだ現在のような完成されたものではなく、回路にも調整用のボリュームがあります。
わが家のCDX-640もディスクを読み込めなくなりましたが、このボリュームを調整して直りました。アナログサーボであれば「トラッキング・ゲイン」の調整だけで済むこともありますが、デジタルサーボ(本機はまだアナログサーボとデジタルサーボの中間ぐらいのレベル)の調整は、ともかくたいへんでした。

この回路にある調整用ボリュームは「FOCUS VAL」「EF VAL」「1/2VCC ADJ」「VCO ADJ」「VCO FREERUN」の5つで、フォーカスサーボ用のボリュームがあって、トラッキングサーボ用のボリュームがありません。

使用されているチップはYAMAHA製の「YM3417D」で、1チップに信号処理用の回路とサーボ回路、それにRAMやPLL、デジタルフィルターなども内蔵しているようです。どうやらこのチップはトラッキングサーボだけをデジタルサーボ化したようで、フォーカスサーボはアナログサーボのままになっているのかもしれません。(デジタルサーボへの過渡期にはSONYでも同様の事例があります)
他に信号処理用のスタティックRAMはSANYO製の「LC35178-15」が使われています。
サーボ回路 サーボ調整用のボリューム

シグナルプロセッサ YAMAHA YM3417D マイコン YAMAHA XI857BO


(オーディオ回路)
オーディオ回路には大きなシールドケースがあります。ケースの中にDACなどの回路を収めることによって、ノイズなどの混入を低減しています。

このシールドケースはアルミ製で基板にしっかりと固定されています。中は2階建てとなっており、1bitのI-PDMDAC(YAC501)など、けっこうパーツが詰まっています。電源部にあまりお金をかけず、コストをうかした分をオーディオ回路にまわしたのかもしれません。

YAC501は2次・384倍のノイズシェイピングを搭載しています。384倍というのはテクニクスのMASHの3次・384倍と比べると非力のように思えてしまいますが、オーバーサンプリング倍率や次数を増やすと可聴帯域内のS/N比は改善されますが、そのノイズは単純に高周波の帯域に追いやられているだけなので、アナログフィルタ(ローパスフィルタ)の強化が必要となり位相や音質悪化の問題が発生します。

そのためYAC501では次数を2倍と低く抑えて、オーバーサンプリング倍率を稼ぐことにより、可聴帯域内の再量子化ノイズを減らしてローパスフィルタ簡素なものにしています。

その他、オーディオ回路ではMUSEコンデンサなどのオーディオパーツが使われています。オペアンプはNECの「C4570C」です。
オーディオ回路 オーディオ回路
DACなどケースの中の回路


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカは、AIWAのEXCELIA XC-003NEC CD-720にも使われてるメカと同じ系列の物です。これはSONY製のアッセンブリパーツで「KSL-210AFM」というモデル。クランパーがついている「ブリッジ」やベースの部分は鋼板製で、後継機のCDX-580以降に使われる物よりはしっかりとしています。

ピックアップとスピンドルなどのユニットはスプリングを使ってフローティングされ、外部からの振動が受けにくくなっています。ピックアップは3ビームのKSS-210Aを搭載。スライド機構はギヤ式です。


(出力端子・リモコン)
出力端子はアナログが固定と可変の2系統。デジタルは同軸の1系統となっています。
出力端子 リモコン

上:CDX-640(1990年) 下:CDX-1050(1990年)

スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz +0.5dB-1.05dB
ディエンファシス偏差 ±0.5dB
高調波歪率 0.0028%以下
ダイナミックレンジ 100dB
S/N比 106dB
消費電力 10W
サイズ 幅435×高さ92.5×奥行271mm
重量 4.7kg














YAMAHA・ヤマハ CDX−640 B級オーディオ・ファン