TOP > 使っているオーディオ> YAMAHA CDX-580


YAMAHA CDX−580 1994年 定価39,800円


YAMAHAのCDX-580は1994年5月に発売されたエントリークラスのCDプレイヤーです。

D/A変換部にはヤマハ独自のDSP方式I-PDM(Independent Pulse Density Modulation)を採用しています。I-PDMは1bitDACで出力パルスを独立化しパルスの面積を比較して正確にアナログ波形に変換するという仕組みで、原理的に歪みが発生しないようになっています。
またDSP方式というのは、CDから読み取った16bitデータと20bitの録音パターンデータとで分解能や振幅を比較して、20bitデータへと補正する波形再現技術(PRO-BIT)のことで、回路はDACと同じチップに収められていました。

PRO-BITは波形再現技術としてはレガートリンク、ALPHAプロセッサーの後から登場した訳ですが、ヤマハは既にいろいろな電子楽器を手がけており、自然楽器をシミュレートした楽音波形信号を作り出す、たくさんのノウハウを持っていました。また社内には優秀な半導体の製造部門もあり、本来ならばPRO-BITが波形再生技術の第1号として登場してもおかしくない状況でした。

PRO-BITはこのCDX-580と兄弟機のCDX-880に初めて搭載されたのですが、日本ではカタログ上はPRO-BITは後継機のCDX-590やCDX-890から搭載されたことになっています。ところが海外ではちゃんとCDX-580はPRO-BIT搭載と宣伝して販売していたようです。何故このようなことになったのかは不明です。
同じように搭載しているものを隠した例は、テクニクスのSL-P777(1bitDACのMASHを搭載しているのにもかかわらず、リニア18bitDACと宣伝)などがあります。

とはいえ、時はバブルがはじけた後のオーディオ不況。しかもヤマハは各事業の売上不振や社内の混乱、鳴り物入りでオープンしたキロロリゾートの大赤字などを抱えていた時でした。そのせいか「398」とはいえシャーシ・メカ・回路のどれもチープ。コストパフォーマンスよりコストダウンを追求したものとなっています。なお後継機のCDX-590とその上級機のCDX-890も、このCDX-580やCDX-880に小改良を加えたものとなっています。


(音質について)
音質はPRO-BITの効果もあるのか高音こそヤマハらしさが感じられるものの、中低音はしまりが無く、特に低音はドローンとした音です。同じDACを搭載しているCDX-993と比べても解像度や透明感はかなり悪いです。また音の広がりや奥行きも物足りません。総合的に見ても音は前作のCDX-640に全くかないませんし、1987年製のSONYのCDP-750にも負けそうなくらいです。
CDプレーヤーでは、いくらDACやデジタルフィルターなどのデバイスの性能が良くても、シャーシやメカの作りが悪くてデバイスの性能を殺してしまい、結果として音質が悪くなるものがありますが、その典型的な1台だと思います。


※後継機のCDX-590は事実上、このCDX-580にデジタル光端子を取り付けた物です。(端子増設のためなどにコンデンサやジャンパー線の配置は若干変更になっています)
ところが、そのCDX-590は1996年のステレオ誌で「特選」に選ばれてしまいました。評論家の評価には「PRO-BITの効果で再現性やノイズが良くなった」とか、「CDX-580と比べて音の方向がガラッと変わった」などと書かれています。
某有名評論家のようにプレーヤーの中味を開けていれば、メカや回路が変わってないことが一目でわかり、こんな話にならなかったと思いますが、型番が変わりPRO-BIT搭載という宣伝文句で「プラシーボ効果」にかかってしまったのでしょうか。それともエントリーモデルといことで「テキトー」に試聴していたのでしょうか。でも同じステレオ誌で下級機のCDX-490(定価28000円)の記事には「高品位の伝送回路や防振設計など高級機と同等の高音質設計」などと書いており、やっぱり「テキトー」の方が正解かもしれません。ともあれ、とるに足らないマイナーチェンジを新商品のように思わせたのは、メーカー側の戦術的勝利といえるでしょう。


(フロントパネル)
上部は平面で中央から下部にかけて、緩やかな「R」がついた独特のデザインです。「R」のついたデザインは90年代の初めに少しはやりましたが、CDX-580はあまりボリューム感がないので、実際には「のっぺり」とした顔つきです。

フロントパネルにある操作ボタンは必要最小限です。プログラムなどはリモコンがないと設定できませんし、ディスプレィの時間表示の切り替えもリモコンしかできません。



(内部について)
シャーシは薄い鋼板でできており、どこを叩いても良く鳴ります。また軽量化のためでしょうか底や側面には、たくさんの穴があけられています。もちろんこれはシャーシの強度が下がり防振対策にはマイナスです。

前作の「398」モデルであるCDX-640では、二重底やゴム製ダンパー付きの天板、偏芯ジャイアントレッグなどの防振対策が採られていましたが、CDX-580ではシャーシに関して全く防振対策はされていません。インシュレーターも中空のプラスチック製です。

製造は1991年設立のマレーシア工場(ヤマハ・エレクトロニクス・マニュファクチュアリング・マレーシア)です。ちなみにヨーロッパ向けのCDX-580はフランス工場でも生産され、後継機のCDX-590はフランス製のものが日本にも入ってきていました。このフランス工場は2003年11月に閉鎖となり、生産はマレーシア工場に集約されます。

※CDX-580とCDX-590の違いは電源トランスの変更、電源回路のコンデンサーの配置の見直し(配置だけで数の変更はなし)、デジタル光端子の増設ぐらいで、シャーシーやメカ、DACなどの主要パーツ、回路構成は同一です。

上の写真のように基板は1枚で部品の点数も少ないですが、この中に電源、サーボ、オーディオ、システムコントロールなどの回路が入っています。

それを可能にしているのもののひとつが、松下(現在はパナソニック)製のLSI「MN66271RA」。1つのチップに誤り訂正などのデジタル信号処理、デジタルサーボ回路に加えて、8倍オーバーサンプリングのデジタルフイルターにMASH(1bit・DAC)、さらに差動合成用のオペアンプやデジタル出力回路まで内蔵しています。
ただしデジタル回路とアナログ回路を混在して集積したチップのため、ノイズに弱く歪を受けやすいという弱点があったそうです。コスト的にはすぐれているものの、音質面ではコンポ向きのパーツではありませんでした。(もともとはポータブルプレーヤーなどのゼネラルオーディオ用?)

CDX-580ではD/AコンバーターにYAMAHA独自のI-PDM・DAC(YAMAHA製 YAC514-F)を使用しているため、このチップの信号処理とサーボ回路、デジタル出力回路ぐらいしか使っていません。デジタルサーボはノウハウの固まりのようなもので、各メーカーからたくさんの特許が出願されています。YAMAHAは前作のCDX-640でデジタルサーボを採用したものの、完成度は今ひとつだったので、お金をかけて自社開発するより安価な他社のチップに目を付けたのかもしれません。

※ちなみにこのような使い方はテクニクスのSL-PS860やSL-PS770Dでも行われています。また下級機のCDX-480やCDX-490、CDX-493ではI-PDM・DACを搭載せず、MN66271RA内蔵のDAC(MASH)を使用しています。
松下製のMN66271RA I-PDM・DAC YAC514-F


(電源回路)
電源回路はシンプルで独立電源や独立給電などはありません。トランスと基板の間にフェライトコアによるノイズ・フィルターが設置されています。ただ、これは外部からのノイズにしか効かないので、内部にあるディスプレイやサーボ回路などから発生したのデジタル・ノイズは、音質にけっこう影響を与えていると思います。
回路内のコンデンサはELNAやマルコンの標準品を使用。
電源トランス 電源回路


(デジタル回路 サーボ・信号処理回路)
メインとなる回路は上記の松下(現パナソニック)製のチップ「MN66271RA」に収められています。他にはディスクの反射光量をチェックし、光量が下がったり上がったりするとディスクに汚れや異常があったと判断して、PLLをホールドしたりミュートをかける松下製「AN8803SB」や、ピックアップのアクチュエーターなどを駆動するサンヨー製の4チャンネル・ブリッジドライバー「LA6536」などがあります。

AN8803SB LA6536


(オーデイオ回路)
1bitD/AコンバータのI-PDM・DAC「YAC514-F」は1994年から製造が始まったチップで、デジタルフィルターと4つのDACを内蔵しており、さらにPRO-BITと呼ばれる波形再生の回路も入っていたため、海外では「PRO-BIT DAC」と呼ばれています。

DACの後ろの回路は、高級機のローパスフィルターぐらいのパーツ数ですが、コンパレータにローパスフィルター、ラインアンプという回路構成になっています。

オーディオ回路にはMUSEなどのコンデンサが使われ、オペアンプはJRC製で差動合成に「2068DD」、ローパスフィルターに「5532DD」が使われています。へッドフォン用のオペアンプはROHMの「BA15218」です。

※1994年に出願されたPRO-BITの特許→特開平7−248797
オーディオ回路 オーディオ回路


(ピックアップ・ドライブメカ)
ドライブメカはピックアップやスピンドルのユニットが薄いプレートに取り付けられており、スプリングを使ったフローティング構造となっています。ただメカベース(土台)と呼べるものは無く、プラスチックの足で底板を加工した部分に取り付けられています。チャチというか何とも頼りない造りです。
実はこれは市販もされているアッセンブリーパーツで、YAMAHAは2006年のCDX-497まで代々のエントリーモデルにこの系統のメカは使い続けます。

CDX-580(正確にはCDX-880)をベースにして作られたCDX-890は一応扱いは中級機。さすがにこれではヤバイと思ったのか、メカの下の底板に小さな補強板(鋼板)を1枚ネジ止めしています。ちなみにCDX-590には補強板はありません。
ピックアップにはSONY製のKSS-210Aを使用。スライドはギヤ式です。


(メカのメンテナンス・修理)
CDX-580はデジタルサーボのため、フォーカス・ゲインやトラフィック・ゲインなどの調整用のボリュームはありません。過去に2回ほど音とびが発生しましたが、ピックアップのレーザー出力のボリュームを調整して回復しました。
デジタルサーボの搭載機では、レーザーを調整してもディスクの読み取りや音飛びが回復しないものが多くあります。CDX-580で簡単に回復したということは、サーボの設定を音質は二の次にして、読み取りを優先にしている可能性もあります。

トレイ開閉用のゴムベルトの交換は、プーリーがフロントパネルに半分隠れており、さらにカバーも付いているので、フロントパネルを取り外して行います。


ピックアップ KSS-210A

トレイ開閉用のゴムベルト


(出力端子・リモコン)
出力端子はアナログ(可変)とデジタル(同軸)が各1系統。フロントパネルのヘッドフォンボリュームまたはリモコンで可変出力を調整できます。リモコンの型番はVQ95010。
出力端子 リモコン VQ95010


スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz±0.5dB
ディエンファシス偏差 ±0.5dB
高調波歪率 0.0025%
ダイナミックレンジ 98dB
S/N比 115dB
消費電力 10W
サイズ 幅435×高さ96.3×奥行270mm
重量 3.8kg













YAMAHA・ヤマハ CDX−580 B級オーディオ・ファン