TOP > 使っているオーディオ > YAMAHA CDX-497

YAMAHA CDX−497 2006年 定価35,000円


YAMAHAのCDX-497は2006年9月に発売されたエントリークラスのCDプレイヤーです。兄弟機のCDX-397は海外専用モデルだったので日本では発売されず、この時期ではヤマハの唯一のCDプレーヤーでした。

デザインはというとCDR-S1000やCDR-HD1000などCDレコーダーでは、既に採用されていましたが、YAMAHAのCDプレーヤーとしては初めてセンタートレイ方式を採用しています。ボディは薄型ですがインシュレーターは不つり合いなほど大きいのも特徴。ディスプレィの文字はYAMAHA伝統のオレンジ色です。

D/Aコンバーターはシーラスロジックの24bitDACを採用。サーボ回路は読みとりエラーを低減させたインテリジェント・デジタルサーボとなっています。音楽CDやCDレコーダーで録音されたCD-R/RWディスクに加え、CD-R/RWに収録されたMP3、WMAファイルも再生することができます。
ヘッドフォンのボリュームやアナログの可変出力はリモコンからしか調整できません(YAMAHAの古いリモコンでもOK)。またモーターの回転音やアクセス時のギヤ音など、メカニカルノイズは少し大きめです。

ライバル機はDENONのDCD-755AEやONKYO C-773、SONY SCD-XE600などですが、内容的にはちょっと見劣りする感じです。


(音質について)

音はというとハッキリ言って1990年代初めのエントリーモデル、YAMAHA CDX-640やPanasonic
SL-PS700にも負けます。高音はシャリ気味、DACのおかげでしょうか解像度だけはあります。ただ中音〜低音はドローンとしています。音の広がり、奥行き、余韻もあまり良くありません。

最初はCDX-497が壊れているのかとも思いましたが、下の写真を見ればわかるとおり、内部は壊れるところが無いくらい?メカも回路もシンプル(チープ)です。

DACだけは標準的なものを使用していますが、他に音質を左右する要素であるシャーシー、メカ、オーディオ回路の手を抜いてしまっては当然の結果なのかもしれません。

といっても現在のDENONやMarantzのラインアップも見てもわかるとおり、1990年代の89,800円のモデル→現在の15〜18万円。59,800円のモデル→:現在の9〜10万円と、生産量の減少などにより価格が大幅に値上がりしている訳ですから、35,000円のモデルとしては、いたしかたないところだと思います。




(シャーシと内部について)
シャーシは薄い鋼板でできており、どこを叩いても良く鳴ります。天板を外した状態で、軽く力を加えただけで底板がグニャグニャと変形します。ビックリするほど強度はありませんが、それでも天板をビスでとめるとしっかりします。インシュレーターは中空のプラスチック製。

内部は電源ブロックとピックアップ・ドライブメカに小さなメイン基板という構成で、見事なスカスカ。他のメーカーがエントリークラスでも回路を充実させてきているのと比べると、ちょっと見劣りします。
「Made in China」となっているので、製造は中国のヤマハ電子蘇州だと思います。



電源回路のトランスは別巻線で、回路も独立電源のような形式となっているようです。ここだけは以前のYAMAHAのエントリークラスのCDプレーヤーより、パーツも多くなりキチンとした回路になっています。

ただ問題なのは電解コンデンサ。数はそこそこありますが日本製ではないので、充放電の特性がどの程度の能力があるかはわかりません。電気の容量的には足りていたとしても、DACやラインアンプへの給電スピードが遅いと、結果として音質の悪化を招きます。

トランスの手前と電源回路とメイン基板の間には、デジタルノイズ対策のために、フェライトコアによるノイズ・フィルターが設置されています。電源コードは直付けです。

電源トランス 電源回路

ノイズフィルター メインスイッチとリモコンの受光基板


(メイン基板について)
メイン基板は小さいですが、ここにシステム・コントロール、デジタルサーボ、信号処理、オーディオ回路の全てがあります。いろいろなチップを組み合わせて、多機能化に対応しつつ回路もシンプルになっています。

この基板にあるチップは、デジタルサーボに使われるCDプレーヤー用5chドライバ・東芝「TA2125AFG」とMP3、WMAなどの圧縮オーディオ再生用のLSI・東芝「TC94A54MFG」やST製のマイコンなどです。

オーディオ回路は必要最小限のパーツで作ったという感じです。D/Aコンバーターはシーラスロジックの24bit/192 kHzDAC「CS4392」を使用。このDACにはデジタルフィルターに加えて、アナログフィルター(ローパスフィルター)まで内蔵されているので、DACの後ろは極端にいえばラインアンプだけあれば良いということになります。

オーディオ回路で使われているオペアンプはJRC 2068D。コンデンサはKOSHIN(中国製)の標準品のようです。昔はエントリーモデルでも、ここだけは日本製のオーディオグレードのコンデンサを使用していたのですが、とうとうそれも無くなったようです。

S/N比とダイナミック・レンジはDACレベルでは114 dBありますが、製品トータルとしてはS/N比が105dB、ダイナミック・レンジは95dBまで低下しています。いかに回路がチープで、ノイズや歪みなどをコントロール出来ていないかわかります。

メイン基板 放熱フィン付きの東芝 TA2125AFG

東芝 TC94A54MFG ST製のマイコン 92F150CR1T

DAC シーラスロジック CS4392 オーディオ回路


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカはというと相変わらず貧弱で、CDX-580以来ずっとこんな感じです。音質にも大きな影響を及ぼすところなので、他のメーカーのエントリークラスでも、もう少しキチンとしているのですがYAMAHAは無頓着のようです。

ピックアップやスピンドルのユニットは、薄い鋼板製のプレートに取り付けられ、ベース部からフローティングされています。このベース部はメカベースと呼べるほどのものでは無く、プラスチックの細い足で底板を取り付けられています。以前のものと少し変わっている部分もありますが、安価なアッセンブリーパーツです。
ピックアップはSONY製のKSS-213C、スライド機構はギヤ式です。


ピックアップ KSS-213C


(出力端子)
出力端子はアナログが可変1系統とデジタルは光と同軸の2系統となっています。


スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz±0.5dB
高調波歪率 0.003%
ダイナミックレンジ 95dB
S/N比 105dB
消費電力 13W
サイズ 幅435×高さ87×奥行287mm
重量 3.5kg















YAMAHA・ヤマハ CDX−497 B級オーディオ・ファン