TOP > 使っているオーディオ > YAMAHA CDX-1020


YAMAHA CDX−1020 1988年 定価89,800円


YAMAHAのCDX-1020は、1988年11月に発売されたCDプレイヤーで、CDX-1000の後継機です。輸出仕様の型番はCDX-920。

1986年、18bitDACを搭載したYAMAHA CDX-2200の登場によって、16bitを越える「ハイビット競争」がスタートします。18bitを越える20bitDACはDENONのDCD-3500(1988年6月発売)が初めて搭載。当時はまだ本物の20bitDACが無かったため、18bitDACのPCM64Pを使ったリアル20bitとしていました。
「ハイビット」を売り物にしていたYAMAHAとしては、ハイビット競争に負けることはできず、今度は20bitを越える22bitを目指すこととなります。

それを具現化したのが、22bitDACを搭載したCDX-1020です。デジタルフィルターも8倍オーバーサンプリングのものを採用していました。

22bitDACといっても、やはり本物の22bitDACはまだ有りません。そこでYAMAHAが考えた方法は、新しく開発された18bitDACのバーブラウンPCM58Pを使い、不足する4bitをディスクリート方式のDACで変換するというものでした。
ただこの方法で確かに22bitDACになりましたが、S/N比は2dB向上したものの、逆にチャンネルセパレーションは4dB下がってしまうなど、スペック的には18bitDACのCDX-1000と、ほとんど変わりませんでした。

ハイビット・ダイレクトスイッチを搭載しており、DACからの信号をローパスフィルターを通さずに出力することができます。デジタル回路とオーディオ回路の間にはカレントアイソレーションを設置し、デジタルノイズのオーディオ回路への侵入を抑えています。

メカはアンチバイブレーション・フローティングサスペンションを採用。外部からの振動を吸収し高精度の読み取りを実現しています。

22bitDACということで、期待されたCDX-1020ですがセールス面ではパッとせず、YAMAHAのハイビットへのチャレンジはこれにて終了。翌1989年発売の後継機CDX-1030には、松下(現パナソニック)製の1bitDAC「MASH」を搭載。そして自社製の1bitDAC「I-PDM」の開発へと方向を転換して行きます。


(音質について)
DACは22bitの分解能を持っているハズなのですが、音の解像度やなめらかさは、さほどCDX-1000から向上している感じはありません。サウンド的にはCDX-1000の特徴的な高音は影をひそめ、ピアノも普通の音になってしまいました。
中音域を重視してバランスをとったという感じですが、YAMAHAの高音が好きな人は物足りなさを感じるかもしれません。ジャンルはクラシック、ジャズ、ロックとオールラウンドで使えると思います。


(フロントパネル)
フロントパネルは基本的にはCDX-1000と共通です。ディスプレィの右側にプレイ、ストップ、ポーズなどの操作ボタン。ディスプレィの下には10キー、スキップ、サーチやプログラム関係のボタン、トレイの下にはハイビット・ダイレクトスイッチなどがあります。

ディスプレィの表示は「白」から「黄色がかったオレンジ」に変更されました。このオレンジ色はこれ以後、2006年のCDX-497まで受け継がれていきます。
このディスプレィはどうやら液晶のようで、両端にバックライトがあるようです。片方が切れてしまうと一部の表示が暗くなります。



(シャーシと内部について)
シャーシはCDX-1000から大きく変わりました。鋼板と樹脂による複合シャーシをやめて、鋼板がベースのシャーシとなりました。真ん中にはシールド用のセパレーターがあり、メカや電源トランスから基板への干渉を防ぐとともに、シャーシの剛性を高めています。

底板は2.5mm厚の鋼板1枚ですが、メカとトランスの部分だけ1mm厚の鋼板を追加して2重底となっています。天板は厚さ2.7mmの鋼板1枚で防振材は取り付けられていませんが、叩いてもあまり鳴りません。この天板は12個のビスでしっかりと留められています。サイドパネルは1mmの鋼板と2.7mm厚のアルミ板の組み合わせです。

インシュレーターはYAMAHAオリジナルの「GPレッグ」で、逆円錐型の「ピンポイントレッグ」と、普通の形状の「防振レッグ」を選択することができ、設置環境に合わせて使用できます。

重量はカタログの表記が9.0kg(CDX-1000と同じ)となっていますが、取扱説明書では11.8kgです。CDX-1000よりもCDX-1020のずっとほうが重いので11.8kgが正解だと思います。


内部は左側にメカと電源トランス。右側のメイン基板は左に電源回路、真ん中がデジタル回路、右がオーディオ回路と、他ではなかなか見られない配置になっています。
この結果、ノイズを出すサーボや信号処理のチップが、DACやオーディオ回路の隣りという、非常にまずい配置になりました。またオーディオ用電源とオーディオ回路の間にも、デジタル回路があるのため、給電用のケーブルが空中をまたぐなど、あまりキレイな配線とは言えません。


天板 GPレッグ


(電源回路)
電源トランスはシャーシが非磁性ではなくなったこともあり、肉厚のダイキャスト製のシールドケースが付いています。

フィルターコンデンサはELNA DUOREX 50V・4700μFが2本で、これはCDX-1000と同じです。レギュレータはシールド板に固定されており、シールド板がヒートシンクの役割も兼ねています。
電源コードは極性表示付きで材質はOFCですが、キャブタイヤではなく普通の平型コードです。
電源トランス 電源回路

ELNA DUOREX レギュレータ


(デジタル回路 サーボ・信号処理)
サーボ・信号処理回路で使われているチップは、サーボ制御とEFM誤り訂正などの信号処理が1チップに入っているYAMAHA製の「YM3616」です。信号処理に使うスタティックRAMはSANYO製の「LC35178」。デジタル出力用のトランシーバーはYAMAHA製の「YM3613B」です。

サーボ回路の調整用ボリュームはトラッキング・ゲイン、トラッキング・オフセット、キック・ゲイン、フォーカス・ゲイン、フォーカス・オフセット。
サーボ回路 YAMAHA YM3616

YAMAHA YM3613B SRAM SANYO LC35178


(オーデイオ回路)
1988年当時はオーディオ用の20bit駆動のDACはまだ有りません。そこでCDX-1020ではバーブラウンの18bitDAC「PCM58P」といっしょに、ディスクリートで作ったD/Aコンバータを搭載し、この2つの信号を合成して22bitDACとしています。このDACは左右独立になっているので、4DAC構成ということになります。

デジタルフィルターは8倍オーバーサンプリングの「YM3414」で、ここから出た信号をFDPの「YM6055C」で、PCM58P用の信号とディスクリートDAC用の信号に分割しています。

実は22bitDACと言いながら、PCM58PとディスクリートのDACでの、D/A変換の組み合わせ方はわかりません。(サービスマニュアルにも書いてありません)

フロントパネルには「18+4bit」と書かれおり、これを信じるならば18bitDACの「PCM58P」は、そのまま18bitでD/A変換を行い、ディスクリートのDACで残り4bitを変換しているということになります。

ところがCDX-1020を紹介している当時の雑誌には、20bit+2bitと紹介されており、取扱説明書にも「18bitフローティング」と書いてあります。CDX-1020には、フローティング処理用のチップ・FDP(フローティングデータプロセッサ?)が搭載されており、この場合はフローティングした20bitの信号をPCM58PでD/A変換し、ディスクリートDACでは残り2bitだけを変換するということになります。

※フローティング処理とは、もともと16bitDACを18bit駆動させるために考え出された方法です。18bitDACを20bit駆動させる場合は、信号レベルの大小によって20bitデータの上位か下位からの18bitを選択し、それをDACに送り込んで、あたかも20bitDACのような動作をさせます。


CDX-1020で使われている「PCM58P」は、バーブラウンが新しく開発した18bitDACで、CDX-1000の「PCM56P」と同様にグリッチレス仕様となっています。デイスクリートのDACは、オペアンプなどを使用した簡易なもので、精度はPCM58Pより落ちますが音質を考慮して回路を組んでいるようです。

デジタル回路とオーディオ回路の間は、オーディオ信号を電流信号に変換して伝送する「カレント・アイソレーション」があり、デジタルノイズがオーディオ回路に混入しないようにしています。
オーディオ回路 下:デジタルフィルター YM3414
上:FDP YM6055C

DAC バーブラウンPCM58P ディスクリートDAC


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカはCDX-1000のメカを改良したものです。一番大きな変更はスピンドルモーターで、制振型のブラシレスモーターが採用されています。その他にはスピンドルモーターの上にあるクランプ(ターンテーブル)と、チャッキングアームが金属製になりました。

アンチバイブレーション・フローティングサスペンションと呼ばれる特殊ゴムを使った3点支持のフローティング機構を持っており、外部からの振動を減衰し、ディスクの読み取り精度を高めています。

ピックアップは3ビームのオリンパス製「TAOHS-JP3」で、スライド機構はギヤ式です。


(メカのメンテナンス・修理)
CDX-1020は1988年の発売ですが、メカの基本的な部分はCD-3やCD-2000といった以前のモデルとさほど変わりません。メンテナンス性が良いので他のメーカーに比べれば、クリーニングやゴムベルトの交換は簡単です。
トレイの開閉用ベルトの交換は、トレイの隣にある丸い大きなパーツ(ネジを外せば簡単に取れます)の下にプーリーがあり、簡単に交換できます。スライド機構用のベルトは、チャッキングアームの稼働部のにあるネジを外し、アームを取り外せばトレイとの隙間から交換ができます。

ピックアップ「TAOHS-JP3」の出力ボリュームは、裏側に取り付けられています。メカを取りはずさなくても、底板を外せば調整が可能です。

ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ TAOHS-JP3

メカの裏側・中央がスピンドルモーター トレイ


(出力端子・リモコン)
出力端子のアナログは可変が1系統。デジタルは光と同軸の2系統となっています。デジタル同軸の端子は金メッキになっていません。デジタル端子の間にはデジタル出力のON/OFFスイッチがあります。
出力端子

上:CDX-1020(1988年) 下:CDX-1000(1987年)

スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz±0.3dB
ディエンファシス偏差 ±0.3dB
高調波歪率 0.003%以下
ダイナミックレンジ 100dB以上
S/N比 120dB
チャンネルセパレーション 96dB以上
消費電力 20W
サイズ 幅435×高さ107×奥行347mm
重量 11.8kg (実側重量 11.7kg)













YAMAHA・ヤマハ CDX−1020 B級オーディオ・ファン