TOP > 使っているオーディオ > YAMAHA CD-S1000


YAMAHA CD-S1000 2008年 定価127,000円


YAMAHA CD-S1000は2008年6月に発売されたSACDプレーヤーです。
日本ではさほど話題にはなりませんでしたが、ヨーロッパでは2008〜2009年のEISA AWORD(2-Channel System)を受賞するなど、高い評価を得ています。
※EISA・・・ヨーロッパのオーディオ、ホームシアター、ビデオ、カメラなどの雑誌が加入する協会

CD-S1000は前年に発売されたCD-S2000(168,000円)をベースにしており、シャーシー、メカ、デジタル回路は共用。違うのは電源トランス、オーディオ回路、DAC、インシュレーターなどで、バランス伝送を使わないのであれば、お買い得な内容となっています。
ライバル機はDENONの新製品 DCD-1500RE、PioneerのPD-D9/PD-D9MK2など。


ベースとなったCD-S2000は、YAMAHAにとって1998年のCDX-993(価格は66000円でしたが、内容は現在の9万円クラスに匹敵)以来となる本格的なCDプレーヤーです。

CD-S1000にはバランス伝送はありませんが、基本はCD-S2000のオーディオ回路と一緒。搭載されているD/Aコンバーターは、高級機でも数多く使われているバーブラウンの192kHz/24bitDAC「PCM1976」を差動方式で駆動しています。

シャーシはかってのダブルコンストラクション・シャーシを、彷彿させる高い剛性を持った構造で、メカのベースも十分な振動対策が行われています。

メディアはCDとSACD以外には、CD-R/CD-RWに対応しています。MP3とWMAファイルの再生が可能で、サンプリング周波数とビットレートは、MP3が44.1kHz・320kbpsまで、WMAが44.1KHz・192Bpsまでとなっています。

ヘッドフォンジャックはありませんので、ヘッドフォンを利用するには別途にヘッドフォンアンプが必要となります。またUSB端子もありませんので、USBメモリからのファイルの再生や、iPodなどとの接続は出来ません。


今時のSACDプレーヤーとしては、シャーシやメカ、電源、オーディオ回路など頑張っていて、基本性能も良くコスパは高いと思います。ただ気になるところもあります。

ピュアダイレクトモードを使用すると、デジタル出力とディスプレィのOFFが出来ます。普通はこの機能により、デジタル出力とディスプレィからのノイズを減らして、オーディオ回路への影響を減らすという物です。ところがCD-S2000/1000では、オーディオ回路の真下にマイコンがあり、盛大にノイズを放出しているせいか、ピュアダイレクトモードは、「おまじない」程度にしか効きません。

SACDの輸入品のハイブリッドも何の問題なく読み込みます。ただ読み込みの音からしてもサーボは強めにかけており、かえって音質への影響が心配です。

使い勝手で気になるのが選曲が遅いこと。ボタンを押しても現在演奏中の曲はすぐには終わらず、ちよっとしてから次の曲がスタートします。またリモコンも使い勝手が悪いです。ボタンは小さいのですが、配置が妙に間延びしていて、手をずらさないとうまく操作ができません。


(音質について)
音は1980年代の「YAMAHAビューティ」とはうって変わって、ウォームトーンで柔らかく丸く、そしてフラットといったところ。欠点は低音がでないことで、これは昔と共通。傾向はCD-S2000と同じですが音は違います。

ポイントはこの「柔らかさ」の加減。柔らかい音が好きな人も硬めのサウンドが好きな人も、だいたいは自分はノーマルだと思っている訳で、「タイトな低音」といいっても両者ではかなり差があります。
マランツの音がよく「柔らかい」と評されますが、CD-S1000の音はさらに柔らかいです。簡単に言えば好き嫌いが分かれる音だと思います。

17万〜9万クラスは各メーカーの主力機であり、かつ売れ筋の製品なのでDENONやマランツは、どこか音にも「受け狙い」の部分があるのですが、YAMAHAはそれがあまり見えてこない。そのため結果として、セールス的には2社に大きな差をつけられているというところでしょうか。

妥協していないところは良いことなのですが、少し筋が通りすぎているので同じジャンルでも合うソフトと合わないものが、ハッキリするのが困ったところです。例えばジャズで言えば「ワルツフォーデヴィ」はもう最高で、とても心地良いサウンドを聴かせてくれます。ところが「ケルンコンサート」は全くダメで、あの鬼気迫る演奏の迫力は全く伝わってきません。

メイン機として使うには上記のような「フトコロの狭さ」が気になります。ただしこの音がツボにハマルと、このうえないパートナーになるかと思います。高音が・・・低音が・・・などとオーディオのことを考えずに「まった〜り」と音楽を聴くのに向いているプレーヤーです。


(フロントパネル)
フロントパネルのデザインは、同時期に発売されたプリメインアンプAS-2000/AS-1000のデザイン(1970年代のアンプCA-1000のイメージを受け継いている)に合わせたものです。
他社に比べると平面的ですが、レバースイッチやサイドウッドが印象的なものになっています。ディスプレィの文字は、YAMAHA伝統のオレンジ色ではなく白文字になっています。



(内部について)
シャーシはかってのYAMAHAの上級機伝統の「ダブルコンストラクション・シャーシ」とまではいきませんが、他社の同クラスのモデルと比べても群を抜いた防振性能を持っています。重量は15kg。

底板は二重底。センターメカの上にはフロントとリヤのパネルを結ぶプレートがあり、剛性のアップに貢献しています。またオーディオ回路やトランスのシールドパネルも強度向上に利用しており、なかなか巧みな構造となっています。

天板は2重ではありませんが、防振タイルのダンパー2つ取り付けられています。ただこの防振タイルはネット上でも指摘されているとおり、接着剤の材質が悪く1/4ぐらいが天板からハガレてきます。
サイドパネルは鋼板1枚ですが、サイドウッドと合わせることで2重化され、十分な強度を確保しています。

インシュレーターは鋳鉄製のようで、高さの調整が可能です。ただしCD-S2000のような「ピンポイントレッグ」はありません。

内部の構成は左に電源トランス、真ん中にメカと電源回路、右側がオーディオ回路です。デジタル回路はメカの下とオーディオ回路の下にあります。


天板

底部 インシュレーター

サイドウッド


(電源回路)
電源トランスはCD-S2000では、EIとトロイダルトランスによるデジタル・アナログ独立トランスでしたが、CD-S1000はバンドー製のEIトランスが1つです。トランスはオーディオ、デジタル、メカ、ディスプレイ用に分けた別巻線となっており、底板に追加されたプレートに大きなネジでしっかりと固定されています。

電源回路の基板部分はCD-S2000と同じです。独立電源となっており、オーディオ用の電源には左右独立のシャント式ローカルレギュレーターを装備しています。

大きいコンデンサはニチコン製のオーディオグレード「Gold Tune KG」の56V・5600μFが4本。このコンデンサは上部を十字型ホルダーで接着して、共振を防いでいます。※生産ロットによってはこのホルダーが無いものもあります。

インレットは2Pで付属の電源コードは普通の物ですが、音質面の相性は悪くありません。

※CDプレーヤーでトロイダルトランスを採用するとコストが高いため、どうしてもトランスが1個になったりします。1個の場合は別巻線にしても、デジタル回路から戻ってきたデジタルノイズが、オーディオ用電源の巻線に影響を与えてしまうため、ノイズ対策上では有効ではありません。
CD-S2000で採用されたEIとトロイダルの独立トランスは、コストを抑えつつノイズも抑えるという、とても良い仕組みだと思います。
電源トランス 電源回路


(オーディオ回路)
オーディオ回路の基板もCD-S2000と共通。空いている部分にパーツを取り付けるとバランス出力回路が完成します。
実際の動作は差動方式のD/Aコンバーターから+-を別々にローパスフィルターにかけて、その後にアンバランスに変換して出力しており、CD-S2000の回路からアンバランス出力に、不要なパーツだけが取り除かれただけになっています。

D/Aコンバーターは、バーブラウンの24bitDACのPCM1796(CD-S2000はPCM1792)を搭載。1つのチップに2つのDACと、8倍オーバーサンプリングのデジタルフィルターを内蔵しています。

このDACは「Advanced Current Segment方式」というD/A変換方式を搭載しています。
デジタルフィルターで24bit化された信号を、上位6bitと下位18bitに分割。上位6bitはICOBデコーダーで63レベルの信号に変換され、下位18bitのデータが5レベル・3次のΔΣ(デルタシグマ)変調器を通ったデータと合算されます。

これらのデータはDWA回路(後ろにあるカレントセグメントの誤差を最適化する回路)を通った後、67個の差動カレントセグメントDACでD/A変換され電流出力されます。

複雑な回路ですが、他社の24bitや32bitDACに比べると、D/A変換の精度が高く、ノイズシェーピングに発生するノイズが少なく、ジッターの影響が少ないなどのメリットがあります。

オペアンプはI/Vコンバーターとディファレンシャル・アンプにNE5532DRを使用。バッファアンプはLME49723MAとなっています。ちなみにCD-S2000はI/VコンバーターのみOP275GSRで、ディファレンシャルアンプとバッファアンプにはNE5532DRを使用しています。


このオーディオ回路の下にはシールドプレートがあり、下にあるデジタル回路からの輻射ノイズをブロックするようになっています。
しかしAMラジオを530kHzに合わせて近づければわかりますが、デジタル回路にあるチップからのノイズの放射量はとても多く、これでも十分ではありません。

ここにあるのは、システムコントロールなどを行う16bitマイコン「M30302FAPFP」で、このCDプレーヤーの中では、最大のノイズの発生源です。
1990年代のマイコンと比べても、集積化が進んだため格段にノイズが多くなっています。ピュアダイレクトモードをONにしても、このマイコンは切れないので、オーディオ回路周辺の輻射ノイズは減りません。

オーディオ回路の下に、デジタルノイズの発生源を置いてしうというのは、たぶん昔のYAMAHAの開発者なら、やらなかったと思います。現在への技術の伝承が途切れてしまったのか、ノウハウ不足の現れかと思います。
その結果としてCD-S2000でも、1990年のCDX-1050(ノイズ垂れ流しとも悪口を言われた1bitDAC搭載)より、高調波歪率やSN比が悪いという、スペックにも現れていると思います。

オーディオ回路 オーディオ回路

DAC バーブラウン PCM1796 コンデンサ

シールドプレート オーディオ回路の下のデジタル回路基板の
マイコン M30302FAPFP


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカもCD-S2000と共通。やたら新開発と強調していますが、これはYAMAHAがCDX-993を除くと、10年以上も他社のメカを使ってきたせいかもしれません。

ただ今回、YAMAHAが開発したのはメカベースに、トレイとトレイの駆動機構、そして上部のカバーだけです。ピックアップやスライド機構などドライブメカの本体部分は、「厳選された高信頼ドライブメカニズム」という説明どおり他社製です。

メカベースは鋼鉄製。底板だけでなくメカの左右にあるプレートにも固定されています。メカの天板(トッププレート)は、最近はやりの密閉式ではありません。

ピックアップはサービスマニュアルには「DVD DB-VTV733」と、何やら怪しげな番号が書いてありますが、PIONEER製の「OWX8060」です。
このピックアップとスピンドルモーター、ピックアップをスライドさせるウォームギヤ。そしてメカの下のサーボ回路の基板を含めて、他社(パイオニア?)から供給を受けた、アセンブリーパーツとなっています。

トレイはアルミダイキャスト製ですが、薄さにこだわってしまったため強度はいまひとつ。
トレイの開閉にはメッシュワイヤー(樹脂ワイヤー)と、特殊なギヤを使用しています。これ自体はゴムベルトのように伸びてスリップする心配はありませんが、開閉用モーターとメッシュワイヤーを動かすプーリーの間は、従来どおりゴムベルトなので、ここが劣化するとスリップが起きて、トレイは開閉しなくなります。

このローディングシステムについて、YAMAHAの担当者は「当社だけの技術・・・」と自画自賛しています。ワイヤーを使ったローディングシステムは、確かに現在は無いかもしれませんが、1980年代にはたくさんありました。1982年にNECの1号機CD-803などで、既に実用化されており、その後もSONYのESシリーズやKENWOODのCDプレーヤーで採用されています。
ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ・ドライブメカ

ピックアップ OWX8060 アルミダイキャスト製のトレイ


(出力端子・リモコン)
出力端子はアナログが固定の1系統。デジタルは同軸と光の2系統となっています。専用リモコンは「CDX5 WM43800」。
出力回路 リモコン

上:CDX-1000(1987年) 下:CD-S1000(2008年)

スペック

周波数特性 2Hz〜50kHz(SACD)-3dB
2Hz〜20kHz(CD)
高調波歪率 0.002%以下
ダイナミックレンジ 105dB(SACD)
100dB以上(CD)
S/N比 113dB
サイズ 幅435×高さ137×奥行440mm
消費電力 25W
重量 15.0kg













YAMAHA・ヤマハ CD-S1000  B級オーディオ・ファン