TOP > 使っているオーディオ > SONY


SONY CDP-XA3ES

     1994年 定価60,000円


SONYのCDP-XA3ESは1994年10月に発売されたCDプレイヤーです。CDP-333ESJの後継機で当初発売されたのはブラックモデルでしたが、翌年にゴールドモデルが発売されました。
ライバル機はDENON DCD-1515AL(66,000円)、Pioneer PD-T04/PD-UK5(60,000円/58,000円)、KENWOOD DP-7060(60,000円)、Technics SL-PS860(54,800円)などです。

バブルの崩壊により各オーディオメーカーは苦しい時期にあり、Technics/Panasonic、Victor、YAMAHA、ONKYOは新商品を抑えラインアップを大幅に絞っていました。普及クラスの価格帯では1990年代の初めまでのようなシャーシやメカへの物量投入は行えなくなりつつありました。その代わり各社が力を入れはじめたのが新しいデバイスの投入です。

特にメーカーが注目したのがレガートリンク、ALPHAプロセッサー、PRO-BITなどの波形再現技術と高性能のデジタルフィルターでした。
それまでのデジタルフィルターは、CDのデジタル信号に含まれるノイズを除去することを目的で、オーバーサンプリングが高ければ良いと考えられていましたが、90年代に入ると「量から質」へと転換し微少レベルの信号の処理などの能力がクローズアップされます。
ONKYOのFPCS、KENWOODのD.R.I.V.EはNPCの高性能デジタルフィルター「SM5843AP」を使って、高精度のデジタル信号の処理を実現。DENONのALPHAプロセッサーは現在の適応型デジタルフィルターとして動作する機能を持っていました。そしてSONYが開発したのがフル・フィードフォワード方式のデジタルフィルターです。

フル・フィードフォワード方式のデジタルフィルターは、演算能力の不足によって切り捨てられていた下位ビットのデータを新たに設けた演算ブロックで処理し、きちんと処理されたデータと合成し可聴帯域内に残っていたノイズを除去しています。これにより微少レベルの信号の再生を改善しています。

また当時はD/Aコンバーターの改良も行われていました。1bitDACは第2世代・第3世代となり特にPhilipsのビットストリーム「DAC7」の評判は高く、marantz以外にもONKYO、TEAC、KENWOODなどが採用していました。DENONは従来のマルチビットDACの弱点を取り除いたバーブラウンの電流出力型のDAC「PCM1702」を搭載。これがヒットします。
CDP-XA3ESではSONY独自のパルスDACを改良し、新たにカレント・パルスD/Aコンバーターを搭載しました。従来のパルスDACが電圧出力であるのに対し、電流方式を採用しています。※オーディオ回路参照


(音質について)

音は全体的にはふくよかなリッチテイストですが、中低音は適度なメリハリと締まりがあります。小型スピーカーにとても合っていて、夜の小音量時でもパフォーマンスを発揮してくれる「実戦向き」の音です。
解像度はDACが「CXD2562Q」ということもあり、現在の24bit・32bit機と比べても問題なし。音場は左右方向はそこそこですが、前後方向はとても良いです。また定位もしっかりしています。ジャンルはオールラウンドですが、クラシックのオーケストラもなかなか良いです。

ライバルのDCD-1515ALと聴き比べると、こちらの方が1ランク上の音に聴こえます。それもそのはずで、ALPHAプロセッサーがいかに素晴らしくても、それ以外のDAC、シャーシ、メカ、電源回路、オーディオ回路などはCDP-XA3ESのほうが上です。ちなみにDCD-1515ALで使われているサーボ回路のチップやピックアップはSONY製で、CDP-XA3ESと同じものです。

CDP-333ESJが無いのでCDP-555ESJと聴き比べると、CDP-555ESJはやはり音質は圧倒的にすごい部分もあるのですが、その代わりある程度のアンプとスピーカーを揃えてくれないと音は出ませんよという部分があります。それに対しCDP-XA3ESはそこそこのアンプやスピーカーと組み合わせても、いけるような感じがあります。
ソフトによってはクラスを越えた音が出ますし、それでいて適応力の広さは6万円クラスならではのものです。

当時もひどいオーディオ不況でしたが、いろいろとコストダウンしても、ちゃんと「ES」の名に恥じないような音が出てくる商品を作っていたSONYの力は本当にすごいです。それにひきかえ今は・・・。


(フロントパネル)
フロントパネルは上部に段差が付いたもので、トレイとディスプレィ部分の張り出しが印象的です。また選曲用の10キーが復活しました。
ディスプレイはスタティック点灯方式のFL管となったため、スイッチングが減りノイズも減少しています。ただサイズが小さくなったためミュージックカレンダーは15曲分しかありません。


動画の音はビデオカメラの内蔵マイクで録音しているため、音質は良くありません。


(シャーシと内部について)
上級機のCDP-XA5ESには「光学系固定方式ドライブメカ」が搭載されましたが、CDP-XA3ESは通常のメカのままです。

シャーシーはFB(フレームビーム)シャーシですが、前作のCDP-333ESJに比べてかなり重量が落ちていることを考えると、鋼板の厚みは薄くなっているはずです。その代わり上部にも2本のビームを追加したり、鋼板の折り曲げ部分の拡大などによって強度を稼ぐ手法が取られています。それでも剛性や強度といった点ではCDP-333ESJには追いついていないと思います。

この時期はバブル崩壊の影響でSONYだけではなく、他のメーカーもシャーシーのコストダウンを行っており、これでもCDP-XA3ESのシャーシは「クラス最強」でした。特に最大のライバルだったDENON DCD-1515のシャーシーよりは、剛性はかなり高いと思います。
インシュレーターは樹脂製ですが偏心インシュレーターとなっています。

内部の構成は真ん中にピックアップ・ドライブメカと電源回路。メカの下にはサーボ制御と信号処理回路があります。左側のトランスは1つになりましたが、磁束漏れの少ないRコアトランスとなりました。
右側の手前はシステムコントロール回路、奥がオーディオ回路です。


天板 偏心インシュレーター


(電源回路)
電源回路のトランスはCDP-333ESJのEIトランス2個からRコアトランス1個となりました。Rコアトランスは鉄芯の切れ目が無く断面がドーナツ型の構造をしており、EIトランスに比べてリーケージ・フラックス(磁束漏れ)が少なく、低損失、低振動などの特徴があります。

電源回路の基板は逆さに取り付けられており、コンデンサーはELNAの「FOR AUDIO」の25V・3300μFが2本。他には日本ケミコンの「ASF」16V・6800μFなどが使われています。電源コードは直径7mmのキャブタイヤです。

※1980〜90年代にはメーカーの評価テストで、EIトランスの方が力強い音が出るということになり、スペックやコストと関係なく音の方向性の問題でEIトランスを選択したこともあるようです。



(デジタル回路 サーボ・信号処理)
サーボや信号処理回路はピックアップ・ドライブメカの下にあります。
メインチップは「CXD2515Q」で、1チップの中にハイプレシジョン・デジタルサーボ回路と、誤り訂正などの信号処理回路が収められています。

ピックアップのアクチュエータやモーターの駆動を制御するBTLドライバは、ローム製の「BA6297AFP」が使われています。
サーボ・信号処理回路 SONY CXD2515Q


(オーディオ回路)
D/Aコンバーターは「カレント・パルスDAC」という名が付いており、CDP-555ESJ/333ESJで使われていたのと同じ1bitのアドバンスト・パルスDAC「CXD2562Q」と、2つの「CXA8042S」というチップから構成されています。
カタログではCXD2562Qはパルス・ジェネレーター(生成器)として使われ、CXA8042SがD/A変換しているように書かれていますが、これはあくまで宣伝用の文句やブロック図で実際とは異なります。※1

「CXD2562Q」はPLM(パルス長変調・Pulse Length Modulate)方式の1bitDACで、内部には8つのDACが搭載されており、D/A変換を行った後に差動合成されて、片チャンネルあたり4つの電圧出力を行っています。

DACの後ろにある「CXA8042S」は、このD/A変換した後の電圧出力を受け取って、スイッチングして電流出力に変換するための回路しか持っていません。(サービスマニュアルにも書いてあります)
そして「CXA8042S」から出た電流出力は、すぐにCIV回路(I/V変換・電流から電圧に変換する回路)に入って、また外部出力のために電圧へと変えられています。

つまりカレント・パルスDACは通常のDACの後ろに、いわば電流変換器(CXA8042S)というべき余分なものをくっつけたような中途半端な回路となっています。
※2 上級機のCDP-XA5ESやCDP-XA7ESに搭載されているカレント・パルスDACも、全く同じ仕組みなので、同様に効果のほどは疑問です。


いろいろと調べてみるとカレント・パルスDACの考え方や構成は、DIATONEのDA-P7000(1991年発売)に搭載した定電流型PWM方式「バリアブルカレント・ディスクリート1ビットDAC」によく似ています。
このDACはPWM方式の1bitDACと電子スイッチを持っており、この電子スイッチを強力な定電流回路によってドライブさせることにより、信号が電源変動や電圧性ノイズの影響を受けないようになっていました。

これをSONYでは既存のDAC(CXD2562Q)と、新たに開発した電子スイッチ(CXA8042S)を組み合わせることによって、同じ効果を得ようとしたもののようです。
ただ、カレント・パルスDACと言いつつ本体はあくまで「CXD2562Q」であり、ここでD/A変換は完結してしまっています。

CDP-XA3ESではMUSEコンデンサなどを投入して、このDACまわりの電源の強化(安定化)が行われています。1bitDACの場合、1秒間に数万回という高速なスイッチング処理が行われるため、ごく小さな電圧の変動でも歪みやノイズが発生し、これが音質の悪化の原因となります。
たぶんカタログで言っている「電圧変動や演算回路の電圧性ノイズの影響の排除」というのは、実際にはカレント・パルスDACよりも、電源の強化による効果なのかもしれません。

まあ、オーディオファンからすれば回路の実効性はともかく、音が良くなれば何でも良いのですが。ともあれ上記のレビューのとおり音質が悪いという印象はありません。


また、こういう回路になったことで、良い方にとればI/V変換と差動合成時に使う、オペアンプの組み合わせが増えたため、音のチューニングの幅ができたとも言えます。ちなみにCDP-XA3ESでは共にTI製のNE5532Pを使用。CDP-XA5ESでは三菱のM5238でI/V変換、アナログデバイセズのAD712で差動合成を行っています。

デジタルフィルターはフル・フィードフォワード方式を取り入れたFIR型の「CXD8504M」、ローパスフィルターは利得応答の良いカウエル型(楕円フィルタ)を搭載しています。


※1 SONYのカタログの説明にあるのは、実は「カレント・パルスDAC」の動作ではなく、Technics SL-PS860やSL-PS770Dに搭載された「S-アドバンストMASH・クラスA DAC」の動作そのものです。

※2 SONYのカレント・パルスDACは1998年発売のCDP-XA55ESで、ようやく専用DACの「CXD8594Q」と電子スイッチ「CXA8042AS」の組み合わせとなり、SACD1号機のSCD-1やSCD-777ESにも搭載されます。
2000年になるとSACDプレーヤーSCD-XB9に、カレント・パルスDACのDSD対応版「VC24 plus(CXD9515Q)」を搭載。2001年から登場した「スーパーオーディオD/Aコンバータ(SA DAC)」も、基本的にはDSDフィルターを除けば、カレント・パルスDACと同じ仕組みとなっています。

オーディオ回路 フル・フィードフォワード デジタルフィルター
 CXD8504M

D/Aコンバーター(本体)
CXD2562Q
D/Aコンバーター(電流変換器)
CXA8042S


(ピックアップ・ドライブメカ)
CDP-333ESJと比べると一番コストダウンが大きいところかもしれません。
ピックアップ・ドライブメカのベースはGベースから、鋼板とABS樹脂を組み合わせたものに変更。でも、このベース部分はFBシャーシのビーム(はり)に10個のビスで、しっかりと取り付けられています。

ピックアップは自社製のKSS-272AからKSS-240Aに変更。スライド機構はリニアモーターではなくギヤ式(ラック&ピニオン)になってしまいました。

トレイはBMC製で肉厚があり頑丈です。ディスクの再生中にトレイの振動を抑えるステイブルロックが付いています。


(メカのメンテナンス・修理)
トレイの開閉用のメカはトレイの下にあります。ゴムベルトを交換するためには、トレイを外す必要があるのですが、これが少し手間がかかります。

まずメカと基板をつなぐフラットケーブルを外します。
トレイの前面カバーを外して、ビームにメカを固定しているネジを全部外します。この時にブリツジとステイブルロックも取り外します。
メカにはまだモーター用の配線が付いていますので、これを切らないように注意しながら、メカを少し後ろにずらします。そしてトレイを上に持ち上げれば外れます。

ゴムベルトは直径4cmで太さ1.5mmの角ベルトが使われています。交換が終わったらトレイを丸い棒にはめてやり、メカを元に戻します。

ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ・ドライブメカ

スピンドルとピックアップ ステイブルロック

トレイ開閉用のゴムベルト


(出力端子・リモコン)
出力端子はアナログは固定と可変が各1系統。デジタルは光のみとなっています。
出力端子

上:CDP-XA3ES(1994年) 下:CDP-555ESJ(1992年)


SONY CDP-XA3ESのスペック

周波数特性 2Hz〜20kHz ±0.3dB
高調波歪率 0.0018%以下
ダイナミックレンジ 100dB以上
S/N比 118dB以上
チャンネルセパレーション 110dB以上
サイズ 幅430×高さ125×奥行345mm
消費電力 17W
重量 6.6kg














SONY・ソニー CDP-XA3ES  B級オーディオ・ファン