TOP > 使っているオーディオ


Pioneer PD-UK5 1994年 定価58,000円

パイオニアのPD-UK5は1994年5月に発売されたCDプレーヤーです。

1983年に発売されたPD-T04(60,000円)は、国内でヒット商品となりましたが、海外での評判も良く輸出仕様のPD-S802が、イギリスのオーディオ誌で最優秀CDプレーヤーに選ばれました。

そこでPD-T04をベースにして、イギリスのパイオニア・ハイフェデリティのジョン・バンフォード(「ハイファイチョイス」などオーディオ誌の編集や執筆で有名)が、チューニング(音決め)を行ったものがPD-UK5です。
当時パイオニアはUKシリーズとしてラインアップを持っており、PD-UK5の他にCDプレイヤーのPD-UK3(39,000円)、アンプのA-UK3(45,000円)、A-UK1(35,000円)、スピーカーのS-UK5(100,000円)、S-UK3(60,000円)などが発売されました。

またUKシリーズという特徴が与えられたことにより、PD-UK5はベースのPD-T04が終売となった後も販売が続けられ、1997年ごろまでは売られていたようです。


ベースとなったPD-T04は低価格ながらも、パイオニア独自のCDターンテーブル方式、レガート・リンク・コンバージョン・システム、ハイスピード・パルスフローDAC、ハニカムシャーシなどを採用した意欲的なCDプレーヤーです。

PD-UK5とPD-T04との違いは、フロントの両サイドにあるスタビライザーの廃止。電源回路やオーディオ回路の電解コンデンサを、オーディオ用に変更していることです。これによってPD-T04とは違った趣きの音に仕上げています。

CDターンテーブル方式は、レコードプレーヤーと同じように、ターンテーブルの上にディスクを置くものです。普通のCDプレーヤーのターンテーブルよりも、ディスクとの設置面積がはるかに大きく、ディスクの振動や面ブレなどを防いで、安定した回転を産み出します。
これによりディスクの読みとり精度が向上し、サーボを減らして電圧の変動やノイズ、ジッターを低減し、音質を向上させるという画期的な機構でした。

また、キャビネットにもハニカムシャーシやハニカムインシュレーターなど、パイオニア独自の防振技術が採用されています。

D/Aコンバーターは、ゼロクロス歪やグリッチノイズが無い1bitハイスピード・パルスフローDACを左右独立で搭載。回路のコンデンサには銅箔が巻かれ、ノイズ対策が行われています。

レガート・リンク・コンバージョン・システムは、波形再現技術と呼ばれるものです。ディスクに記録された信号をもとに、CD作成時に欠落した情報を推定し補足して、原音に近い波形を再現しています。



(音質について)

UK仕様ということでPD-T04と比べると、少しおとなしくて、やわらかい音作りになっています。クラシックを聴くとレンジが広く、高音も良く伸びているのがわかります。音場は横方向の広がりは普通ですが、奥行きの出方は少し独特です。

ジャンルとしては断然クラシック向きの音で、しっとりした女性ボーカルなどにも合います。たぶんジャズは好き嫌いが出そう。フュージョンやロックにはあまり向いていません。



(フロントパネル)
PD-Tシリーズ独特のデザインで、中央にターンテーブルを内蔵した大きなトレイがあります。

PD-UK5とPD-T04のフロントパネルは共通のため、さながらPD-T04のブラックモデルという感じです。ちなみにPD-T04の輸出仕様「PD-S802」には、シルバーとブラックモデルがあります。

パネルにあるのは基本的な操作ボタンと、ディスプレイのON/OFFスイッチなど。プログラムプレイの設定はリモコンからのみ可能です。ヘッドフォン端子は装備していません。


動画の音はビデオカメラの内蔵マイクで録音しているため、音質は良くありません。


(シャーシと内部について)
PD-UK5のシャーシとPD-T04との違いは、フロントパネルの両サイドにあった樹脂製スタビライザーが廃止されたことです。後は基本的に同じです。

シャーシの奥行は286mmしかありません。天板、サイド、リアともに薄い鋼板です。底板だけはハニカム構造のために少し鳴きにくいですが、他は盛大に鳴きます。ちなみに底板は2重ではありませんし、天板の裏に防振材はありません。インシュレーターは樹脂製のハニカム・インシュレーターです。

この時期はバブルの崩壊後で、各メーカーとも経営は苦しい時でした。シャーシーの防振性能を下げてコストダウンしたのはPioneerだけではなく、DENON DCD-1515ALSONY CDP-XA3ESも同じです。

内部はPD-T04と同じです。チューニングといっても電解コンデンサの銘柄を変えてあるぐらいです。
左側に電源トランスとメカ・デジタル用の電源回路。中央はメカと奥の2階部分がオーディオ回路とオーディオ用の電源回路。右側の1階部分がサーボ、信号処理、システムコントロール回路です。

ちなみにPD-T04の後継機であるPD-T04Sは、フロントパネルのデザインは一新されていますが、内部はPD-T04/PD-UK5とほぼ同じで、レガートリンクが新しい「S」タイプとなっています。

ハニカムシャーシ ハニカムインシュレーター


(電源回路)
電源回路はこのクラスとしてはかなり強力です。ノイズや相互干渉を防ぐためにメカ・デジタル回路、D/Aコンバーター、オーディオ回路の3ステージの独立電源を搭載。レギュレーターも7個とこのクラスでは多いほうです。

電源トランスは小さいですが、デジタル用とアナログ用に2つのトランスを搭載しています。コンデンサにはひとつひとつに銅箔が巻かれています。電源コードは並行コードです。

電解コンデンサはPD-T04ではニチコンのVX(一般用)、日本ケミコンのAS(一般用)、エルナーのコンデンサが混在していましたが、PD-UK5ではニチコンのオーディオ用標準品の「FM」に、ほぼ統一されています。
電源トランス メカ・デジタル用の電源回路


(デジタル回路 サーボ・信号処理・システムコントロール)
1993年ごろにはデジタルサーボが普通となっていましたが、PD-T04/PD-UK5に搭載されたのはアナログサーボです。使われているのはSONY製のサーボ・プロセッサ「CXA1372Q」で、フォーカス、トラッキング、スレッドサーボをコントロールしています。

調整用のボリュームは基板にトラフィック・ゲインとフォーカス・ゲイン。ピックアップの上の基板にトラッキング・バランスとフォーカス・オフセットがあります。

信号処理用のチップはSONY製の「CXD2500BQ」で、スピンドル用のサーボ回路(これだけがデジタルサーボ)も内蔵されています。
デジタル回路 SONY CXD2500BQ
SONY CXA1372Q サーボ調整用のボリューム


(オーディオ回路)
D/Aコンバーターは、自社開発のハイスピード・パルスフロー1bitDAC「PD2028B」を、左右独立で搭載しています。

1bitDACは、マルチビットDACで問題となっていたゼロクロス歪や、グリッチノイズが無いという特徴がありましたが、反対に高次のノイズシェイピングにより、S/N比やダイナミックレンジが、悪化するという問題もありました。
パイオニアは1bitDACとしては後発だったため、Technicsの「MASH」など、他のメーカーの動向を見ながら開発を進め、ノイズシェイパーの次数を2次と低く抑えながら、オーバーサンプリングを384倍と高くするという方法で、この問題を解決しています。

また1bitDACは、マスタークロックに依存するためジッターが問題となりますが、PD-UK5では16.93MHzという低いマスタークロックを使うことで、ジッターの影響も減らしています。

DACの手前にはレガート・リンク・コンバージョンとデジタルフィルターが入ったチップ「PD0116A」があります。
オーディオ回路とその電源部にある電解コンデンサは、銅のテープが巻かれてノイズ対策が行われています。


(レガート・リンク・コンバージョン)
1980年代後半になるとレコード会社の録音スタジオに、それまでの16bitに代わり20bitのデジタル録音システムが導入されはじめます。そうなると問題になるのが、CDの16bit・44.1kHzという規格です。
20bitのデータからCDを作成する際には、CDに入りきらないために、どうしても情報(データ)を切り捨てる必要があります。しかし、聴感上でそれがハツキリとわかるようなものでは使えません。そこでレコード会社は新しいマスタリングシステムを開発します。

いっぽうオーディオメーカーでは、何とかCDの再生時に切り捨てられたデータを復元し、原音の波形を再現できないかと考えだされたのが、パイオニアの波形再現技術「レガート・リンク・コンバージョン・システム」です。

レガート・リンク・コンバージョン・システムは、まずディスクに記録された信号をもとに、録音時の音楽信号を推定します。次になめらかな関数曲線を使って、欠落しているデータの間を結び、これを補間して、原音に近い波形を再現しています。
また1/fの減衰特性にしたがって、CDに記録されていない20kHz以上の音も、再現することができました。

単にデータを補間し情報量を増やして波形をなめらかにするものは、1986年にYAMAHAが開発した18bitデジタルフィルター「YM3619」などに搭載されています。
レガート・リンク・コンバージョンやDENONのALPHAプロセッサー、YAMAHAのPRO-BITなどの波形再現技術では、マスター(原音)に近い波形を再現することを目指しており、なめらかで自然な音など音質面の改善を目的としています。

レガート・リンク・コンバージョン・システムは、1992年のPD-T09(360,000円)に初めて搭載されましたが、翌年にはPD-T06(120,000円)、PD-T04(60,000円)と普及機にも搭載されます。
そして1993年になるとDENONがD/Aコンバーター DA-S1に「ALPHAプロセッサー」を搭載。1994年にはYAMAHAがCDX-580に「PRO-BIT」を搭載し、各社による波形再現技術の戦いが始まります。
オーディオ回路 パルスフロー1bitDAC「PD2028B」
レガート・リンク・コンバージョン
+デジタルフィルター「PD0116A」
オーディオ回路


(ピックアップ・ドライブメカ)
PD-T07シリーズやPD-T06、PD-T09のCDターンテーブル方式のメカは、とても頑丈でコストのかかるものでした。そのため低価格機にも搭載できるように開発されたのが、PD-T04/PD-UK5のメカです。このメカはPD-T01、PD-T04S、PD-HS7や多くの海外専用モデルに搭載されていきます。

いわば廉価版のメカですが、ピックアップとスピンドル・モーターがトレイの上側にあり、トレイが締まるとピックアップとスピンドル・モーターが下がり、ディスクを押さえつけてターンテーブルを回転させるという機構には変わりありません。
スピンドルモーターを普通のものにしたり、メカベースを樹脂製にするなど金属パーツを削減、ピックアップやスピンドルを取り付けるプレートも薄くするなどして、コストダウンをはかっています。

ピックアップは自社製の「PEA1179」を搭載。スライド機構は上級機はリニアモーターでしたが、PD-T04/PD-UK5はギヤ式です。歯車の取り付けがあまりよくないので、トラブルとなることがあるかもしれません。


(メカのメンテナンス・修理)
トレイ開閉用のベルトはメカの一番下にあります。基板とのケーブルを外し、トレイ用のカバーを外してメカを固定しているビスを外せば、メカを取り出せます。
ゴムベルトは1本。これでメカの上下とトレイ開閉を行っています。普通のCDプレーヤーより、かなり直径の大きなベルトが使われているので、交換の際には注意が必要です。

このメカはケーブルを含めPD-T01と全く同じ物が使われており、ウチでもピックアップの寿命が尽きたため、PD-T01のメカを外してPD-UK5に移植し問題なく動作しています。

メカ ピックアップとスピンドル

メカベース メカの上下とトレイ開閉用の機構



(出力端子とリモコン)
出力端子はアナログが固定の1系統。デジタルも光の1系統です。他にシンクロ端子があります。
アナログとデジタルの出力端子

上:PD-UK5(1994年) 下:PD-T07(1990年)

スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz
高調波歪率 0.0017%以下
ダイナミックレンジ 99dB以上
S/N比 115dB以上
チャンネルセパレーション 110dB以上
消費電力 11W
サイズ 幅420×高さ131×奥行286mm
重量 5.0kg (実測重量 4.8kg)














Pioneer・パイオニア PD-UK5 B級オーディオ・ファン