TOP > 使っているオーディオ > Technics SL-PS770D


Technics SL-PS770D 1997年 定価59,800円


テクニクスのSL-PS770Dは1997年9月に発売されたCDプレーヤーです。発売順からいうとSL-PS860(1994年・54,800円)の後継機という感じですが、実際にはドイツで生産されて、ヨーロッパで好評を得たSL-PS770A(1994年)の改良モデルです。このSL-PS770Dもドイツで生産したものを、日本に輸入して販売していました。
※SL-PS770Aは1995〜96年のEISA AWORDを受賞しています。

1996年にDVDが発売されると、松下電器(現パナソニック)のような大手家電メーカーは、今後のAV(オーディオ・ビジュアル)の中心的な商品となると考え、DVDプレーヤーの開発・販売に力を入れます。
DVD(VIDEO)は、フォーマット上では24bit/96kHzとCDの16bit/44.1kHzよりも、はるかに情報量が多いオーディオ性能を持っていました。また次世代オーディオディスクとして、DVDオーディオ(24bit/192kHz)の開発も進められていました。
さらに全てのDVDプレーヤーにはCDの再生機能が搭載されており、これで代替できるとも考えていたようで、国内でのCDプレーヤーの生産は縮小したり撤退が行われます。

しかし実際には普及価格帯のDVDプレーヤーは、きちんとしたシャーシやオーディオ回路を持っていないため、音質が悪くピュアオーディオ用に使えないものが大半でした。そこで白羽の矢がたったのが、ドイツで生産されていたSL-PS770Aだったのではないかと思います。

SL-PS770Dは型番から言ってもSL-PS860の下級機ですが、SL-PS860に準ずる内容を持っています。

D/Aコンバーターは「S-アドバンストMASHクラスA DAC」です。従来のMASHが1つのチップの中に、デジタルフィルターとMASH(multi-stage noise shaping)と、呼ばれるノイズシェーピング回路、そしてPWM(Pulse Width Modulation・パルス幅変調)回路を内蔵していたのに対し、「S-アドバンストMASHクラスA DAC」ではデジタルフィルターとMASHで1チップ。PWM回路をL・R独立の2チップとすることにより、D/A変換部へのノイズの影響を低減しています。

SL-PS770D以降に発売されるSL-PG480AやSL-PG5などでは、MASHは「スーパー1チップ」が使われています。このスーパー1チップは、DACとサーボなどのデジタル回路を1チップにしたもので、音質よりもコストダウン優先のゼネラルオーディオ用のチップです。実はSL-PS770Dにも搭載されており、デジタルサーボと信号処理回路だけが使われています。
そういう意味ではSL-PS770Dは、ピュアオーディオ用の「MASH」を搭載した、最後のCDプレーヤーということになります。

電源部はテクニクス独自の、バーチャルバッテリーオペレーション回路。これはバッテリーで駆動したのと同じように、家庭用電源からのノイズや電圧変動を受けないというものです。

シャーシの底板は鋼板と樹脂による2重底の、THCB(テクニクス・ハイブリッド・コンストラクション・ベース)を採用して、外部からの振動を抑えています。

SL-PS770Dで一番特徴的なのは、フィリップス製のメカ「VAM1201」が搭載されていることです。VAM1201はCDM-12の改良型で、マランツのCD-16DやCD-17DAにも使用されています。
実はテクニクスのCDプレーヤーでもドイツ製のものには、フィリップス製のメカが多く使われており、発売時期などによってCDM-4、CDM-12、VAM1201など、いろいろなメカが使われています。
当時は物流費が高かったので、日本から送るよりもヨーロッパで調達したほうが、コストが安かったのかもしれません。



(音質について)
テクニクスサウンドですが、1990年代のサウンド(SL-PS700、SL-PS840、SL-PS860)とは違い、音は少し硬めで低音にアクセントを付けた、1980年代後半のサウンドに近いです。
レンジや音場は狭いですが透明度や解像度はあります。ボーカル域と高音に山を作っている感じ。低音にはメリハリを付けてあり、全体としてはエントリーモデルでよくあるタイプの音になっています。
ジャンルとしてロックやJPOP向き。



(フロントパネル)
SL-PS70〜SL-PS860までのデザインと異なり、トレイが上でディスプレィが下というデザインになっています。
パネルの右側には再生、早送りなどの操作ボタンや10キー、プログラムなどのボタン。左側にはピークサーチやオートキューなどテープ、MD用の編集機能のボタンがあります。



(シャーシと内部について)
シャーシは鋼板製。底板には以前から使われていたTNRC(テクニクス・ノンレゾナンス・コンパウンド)ではなく、THCB(テクニクス・ハイブリッド・コンストラクション・ベース)というものになっています。カタログでは粘弾性体となっていますが、見た目も触った感じも以前の樹脂(BMC)と変わらないので、テクニクスお得意のただ名前を変えたものだけかもしれません。
天板も鋼板製ですが防振材は貼られていません。インシュレーターは樹脂製です。

内部は中央にメカがあり、その下にデジタルサーボの回路があります。奥には電源トランス。右側のメイン基板は前がシステムコントロール用の回路、奥は左側が電源回路で右側がオーディオ回路となっています。メカの左側の小さな基板はヘッドフォン用の回路です。

THCBの底板 インシュレーター


(電源回路)
電源トランスは別巻線。電源回路はバーチャルバッテリーオペレーション回路です。これは従来のレギュレーターに変えてFET素子にすることで、コンデンサに充電された電流をを基準電位として利用できるため、バッテリー駆動と同様に家庭用電源のノイズや電圧変動を受けずに、クリーンで安定した電力の供給ができるというものです。

電解コンデンサは、竹繊維混抄セパレーターを使った松下製の「X-PRO」やなども使用しています。
電源コードはメガネ型コネクタの着脱式です。
電源トランス 電源回路

松下 X-PROコンデンサ


(デジタル回路 サーボ・信号処理・システムコントロール)
サーボ回路はデジタルサーボで、ピックアップ・ドライブメカの下に基板があります。デジタルサーボ用の「MN66271RG1」、サーボアンプ「AN8805SBE1」、アクチュエーターやモーター用のドライバー「AN8389SE1」などのLSIがあります。

このうち「MN66271RG1」はサーボ回路だけではなく、CIRC復調や誤り訂正などの信号処理やデジタルフィルターそしてD/Aコンバータまで入っている、いわゆる「スーパー1チップLSI」です。
スーパー1チップLSIは、コストダウンのために作られたゼネラルオーディオ用のチップで、デジタル回路とオーディオ回路がいっしょになっているため、ノイズの影響が大きくピュアオーディオ用には向きません。
そこでSL-P770Dではサーボと信号処理機能だけを使用し、デジタルフィルターとDACは独立した高性能のものを使用しています。ちなみにこのような使い方はSL-PS860やYAMAHA CDX-580でも行われています。

システムコントロール用のマイコンは、メイン基板にありNEC製の「μPD78042A014」が使われています。
メカの下にあるサーボ回路 マイコン NEC μPD78042A014


(オーディオ回路)
D/Aコンバーターは松下製の1bit・DAC「MASH」です。以前のMASHは1チップでしたが、SL-PS770Dに使われている「S-アドバンストMASHクラスA DAC」は、D/A変換部へのデジタルノイズの影響を低減するために、内部の回路を分割し3つのチップで構成されています。

デジタルフィルターと、MASH(multi-stage noise shaping)と呼ばれるノイズシェーピング回路は「MN67433」というチップに収められています。ノイズシェーピングは改良されて4次となり、デジタルディエンファシス回路も内蔵しています。

PWM(Pulse Width Modulation)回路と、D/A変換部は「AN96A08SE2」というチップに収められ、左右独立の2チップとなっています。またC-MOSからバイポーラに変更して、パルス波形のオーバーシュートやアンダーシュートを抑制して、安定したD/A変換を行っています。

オペアンプはディファレンシャルアンプに、三菱製の「M5238FP」とJRCの「4580」。ローパスフィルターにはJRCの「4580」を使用。ヘッドフォンアンプはローム製の「BA4560N」が使われています。

電解コンデンサは松下(パナソニック)製のオーディオ用「Pureism」や、ノイズ除去能力や周波数特性に優れたサンヨー製のOSコンなどが使われています。当時のサンヨーはまだパナソニックの子会社では無かった訳で、自社(パナソニック)製のコンデンサを押しのけて、価格の高いOSコンを使ったのは英断だったかもしれません。
オーディオ回路 サンヨー OSコンデンサ

1bitDAC・MASH MN64733 1bitDAC・MASH AN96A08SE2


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカはフィリップス製の「VAM1201」を使ったメカです。VAM1201は「CDM12」の改良型で、型番は違いますが内容はほとんど同じです。トレース能力の高い3ビームピックアップとリニアトラッキング(ワームギヤによるスライド機構)を備えています。

ネットなどでは、フィリップスというブランドや過去のCDMメカの評判、海外の一部の高級機に使われていることから、CDM-12やVAM1201も音が良いという人もいます。
実際には国内外のメーカーのエントリーモデルやポータブルCDプレーヤーなどに、たくさん使われていることからもわかるとおり、コストが安くメカとしてのレベルはそれほど高くはありません。

1980年代後半〜1990年代始めの、国産機の6万円クラスのメカと比べても、防振能力やスピンドルモーター、ピックアップを移動させるスライド機構など、どれをとっても貧弱です。

メカベースABS樹脂製で、VAM-1201をスプリングと粘弾性材でフローティングしています。クランパーはディスク・スタビライザーとなっており、ディスクの振動を抑えて、安定した読み取りを実現させています。

トレイの開閉はSL-PS860までのスイングアームではありませんが、ゆっくりとした静かな開閉が可能です。
ピックアップ・ドライブメカ ディスク・スタビライザー

フィリップス VAM1201 スピンドルモーターとピックアップの裏側

スライド用のスレッドモーターとギヤ


(出力端子とリモコン)
リアパネルのアナログ出力は固定1系統、デジタル出力は光学1系統です。リモコンの型番はEUR642101。
出力端子


上:SL-PS770D(1997年) 下:SL-PS700(1991年)

スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz ±0.3dB
全高調波歪率 0.0023%
ダイナミックレンジ 98dB以上
S/N比 100dB以上
チャンネルセパレーション 110dB以上
消費電力 14W
サイズ 幅430×高さ114×奥行290mm
重量 4.0kg (実測重量 4.0kg)













Technics・テクニクス SL-PS770D  B級オーディオ・ファン