TOP > 使っているオーディオ


SONY CDP−750

     1987年 定価39,800円


SONYのCDP-750は1987年9月に発売されたエントリークラスのCDプレイヤーです。
日本国内で販売されただけでなく、アメリカやヨーロッパにも輸出されたモデルで、特にアメリカではCDP-750にデジタル出力を取り付けたものを、CDP-207ESDと名付け「ESモデル」として販売されました。


1986年、CDは発売から4年目となり音の良さが一般にも浸透し、洋楽ブームとかさなったこともあり、生産枚数はLPに追いつきます。

CDプレイヤーの売れ行きも好調で、各メーカーは春と秋に新商品を発売していました。価格競争も熾烈で、後から参入したTEACは業界初めて4万円を切る「398」のプレーヤー、PD-200(フルコンポサイズ)を発売します。

同じ年にSONYは、ミニコンポサイズのCDP-M30を「398」で発売しますが、フルサイズのCDP-510はまだ49,800円でした。翌1997年の春にミュージックカレンダーと20キーを搭載したCDP-710を投入しますが、価格は49,800円のままでした。

1997年の秋に投入されたCDP-750は39,800円と1万円の値下げを行いつつ、高鋼性のシャーシにデュアルDAC、4倍オーバーサンプリングのデジタルフィルターを搭載するなど、CDP-710より性能を高めたモデルとなっていました。
ちなみに1988年にFM局の「J-WAVE」の開局時には、CDP-3000などといっしょにCDP-750も使われていたそうです。

CDP-750はESシリーズで使われていたレイアウトやデザインを踏襲。中味でも自社製のD/Aコンバーターではなく、フィリップス製のTDA1541(デュアルDAC)を使用しています。4倍オーバーサンプリングのデジタルフィルターを搭載し、シャーシやメカは上級機のCDP-227ESDとほぼ同等の防振対策が施されていました。またミュージックカレンダーや20キーも搭載していました。

CDP-710にはデジタル出力がありましたが、CDP-750ではコストダウンのために取り外されています。でも当時はこのプレーヤーと組み合わせるようなアンプには、デジタル入力がなかったので妥当な対応ともいえます。
とはいえ、CDP-750のスペックや防振性能は、ひとつ上のクラスである他社の「498」のCDプレーヤーを上回ったもので、どちらかというと「598」クラスに近いものでした。



(音質について)
当時のエントリーモデルという「ドンシャリ」が相場でしたが、CDP-750の音質は違います。中音域重視で少しメリハリをつけた明るめのサウンド。どんな曲でもボーカルの声を楽器の音が邪魔をするようなことは無く、聞きやすい作りになっています。

ジャンルとしてはロック・POP向き。ただ高音の解像度は低く音の厚みや繊細さも足りないので、ジャズやクラッシックにはちょっと不向きです。

当時は80年代の洋楽ブームの最中であり、加えて70年代のヒットアルバムがCD化され相次いで発売されたため、ロック・POPのCDがガンガン売れていました。またエントリーモデルはオーディオファン以外の一般ユーザーの購入も多く、ロック・POP向きの音造りをするのが普通でした。

特にSONYの場合は、価格帯別に7機種ものCDプレーヤーをラインアップしており、ジャズやクラッシックなど音質重視のユーザーのために「ES」シリーズが用意されていました。

それにも関わらず当時の評論家たちは、ユーザーニーズや開発コンセプトを理解せずにCDP-750などエントリーモデルに対してもクラシック曲を使って製品レビューを書いていました。当然、評価は良いものではないですし、的ハズレなものとなります。メーカー側もいい迷惑だったかもしれません。



(フロントパネル)
フロントパネルは樹脂製ですが金属ぽい処理がされているので、見た目では全くわからず触ってみて初めて気が付くぐらいです。デザインはESシリーズを踏襲しており、ディスプレィ内にミュージックカレンダー、その横に20キーと当時のSONYのCDプレーヤーのオーソドックスなスタイルとなっています。



動画の音はビデオカメラの内蔵マイクで録音しているため、音質は良くありません。


(シャーシと内部について)
シャーシはプラスチックを使用していますが防振対策がされているので、現在のエントリーモデルのペラペラな鋼板シャーシより鋼性は高いですし、内部損失もあるのでシャーシの性能としては上です。

また鋼板のシャーシで問題となる磁気歪に対しても、素材自体が非磁性なので影響が少ないというメリットもあります。ピックアップ・ドライブメカのトップカバーは鋼板と制振素材を組み合わせた物が使用されています。

全体的にみても回路はなるべくシンプルにして、限られたコストをシャーシやメカの振動対策に振り向けているのがわかります。
発売当時はエントリーモデルとしては異例の防振性能でしたが、やはりコストがかかるのかSONYは後継機のCDP-770以降、エントリーモデルの防振対策は簡素化してしまいます。また他社も結局、CDP-750並の防振性能を持つエントリーモデルは投入しませんでした。ということで現在に至るまでエントリーモデルとしては、CDP-750が最高クラスの防振性能を持っているかもしれません。


内部はいたってシンプルです。サーボ、システムコントロール、オーディオ、電源の回路をコンパクトな1枚の基板に配置しています。俗にいう「スカスカ」です。
スカスカといってもサーボや信号処理、システムコントロール回路はLSI化された上級機と同じものなので、電源回路とオーディオ回路で、どこまでノイズ対策や音質対策をやるかで、パーツ数と基板の大きさが決まります。

エントリーモデルはそこにお金が掛けられない訳ですが、この頃は他社の「898」クラスでもベークライト基板を使ったものがあったのに対し、CDP-750ではガラスエポキシ基板を使っています。


シャーシは「398」としては強力で、ボトムはプラスチックと鋼板の2重底。プスチック部分は強度を高めるために十字にリブ(桟)が入っており、上級機のCDP-227ESDとほぼ同じ構造です。インシューレーターはシャーシと一体成型。

天板はそこそこ厚みがあり叩いてもあまり鳴きません。また防振ゴムも貼ってあります。



(電源回路)
電源回路は簡素ながらデジタルとアナログを分離した回路になっています。電源トランスは基板の上に設置にされています。メーカーはタムラ製作所で小さいながらも金属製のケースがついています。電解コンデンサはELNAの汎用品「RE2」。

電源トランス 電源回路


(デジタル回路 サーボ・信号処理)
デジタル回路のチップはもちろんSONY製。RFアンプの「CXA1081」、サーボ制御を行う「CXA1082」、EFM復調やエラー訂正を信号処理の「CXA1125」などのチップがあります。

サーボ回路は「SサーボII」と呼ばれるもので、上級機のCDP-227ESDやCDP-337ESD、CDP-R1などと同じ物です。

ただ上級機と同じといっても、CDP-750ではサーボ量(ゲイン・利得)が、たくさんかかるように設定されています。つまりCDの読み取りエラーが起こりにくくしてある訳で、その代わり音質は悪くなるという設定です。エントリーモデルのCDプレーヤーでは、よく使われている設定ともいえます。
サーボ回路の調整用のボリュームは5つ。

※サーボ制御用のチップは後期ロットではCXA1182も使われています。

信号処理とサーボ回路 SONY CXA1082


(オーディオ回路)
オーディオ回路の見た目は悪くいえば「貧弱」。よく言えば「シンプル&ストレートの見本」のような回路です。

フィリップスのDAC・TDA1541(デュアルDAC)と4倍オーバーサンプリングのデジタルフィルター(CXD1088)は上級機のCDP-227ESDと同じ。この頃はエントリーモデルというと洋服のお下がりと同じで、数年前に上級機で使われていたDACが搭載されることが多かったのですが、CDP-750ではそういう慣例は適用されなかったようです。
※ロットによってはTDA1541Aが搭載されています。

TDA1541の特徴はDEM(ダイナミック・エレメント・マッチング)を搭載していることです。DEMは出力信号をシフトすることで、素子のバラツキなどによるD/A変換の誤差を平均化し、高い変換精度を可能としていました。

ローパスフィルターは、4倍オーバーサンプリングのデジタルフィルターのおかげで、次数の低いものが搭載されています。

使用されている電解コンデンサは、数は少ないですがMUSEやDUOREXなどのオーディオ用コンデンサも使われています。オペアンプは三菱製のM5218。ヘッドフォン用の回路ではNEC製のPC4570Cが使われています。

オーディオ回路 フィリップス製のDAC TDA1541


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカのベースは樹脂製ですが、しっかりしたものです。

4点支持のフローティング、鋼板製(ブラック・セラデッドかもしれません)のトップカバーやトレイの振動防止ホルダーの装備など、「398」モデルとはいえキチンとした防振対策がほどこされています。

このメカ部分の防振対策はとても重要で、読みとり精度の安定とサーボの負荷の低減につながるため、音質にもけっこう影響します。エントリーモデルとはいえ、ここの手を抜かなかったのは、当時のSONYのポリシーが出ていると思います。

トレイはシングルCDにも対応。ピックアップにはKSS-150Aを使用し、スライド機構はギヤ式です。
このメカの裏側にはトレイ駆動用のモーターやプーリーがあり、ゴムベルトの交換は簡単です。

ちなみにこの頃のSONYのCDプレーヤーのピックアップはCDP-227ESDがKSS-151A、CDP-337ESDやCDP-557ESD、CDP-R1はKSS-190Aとモデルのグレードによってピックアップを使い分けています。


(メカのメンテナンス・修理)
この時期のSONYのCDプレーヤーはともかく品質が良くて丈夫です。CDP-750は安価なエントリーモデルですが、今までにゴムベルトを1回交換しただけで故障しらずです。

よく誤解をしている人がいますが、DVDやブルーレイを含めて「SONYタイマー」などといわれるのは、2000年代に入り海外生産や、シャープなどからOEMを受けるようになってからの話です。

トレイ開閉用のベルトはメカの裏側にあります。トレイの前面カバーを外して、メカの取付ネジを外し、メカを裏返せば簡単に交換できます。
ギヤのグリスは以前の機種とは違い、劣化しても固着しないタイプ。25年以上たちましたが、粘度もそれほど上がっておらず問題なく動作しています。

またCDP-750には緊急用のトレイ開閉機構があり、底板の穴にドライバーを入れて回してやると、トレイを開閉できます。

ピックアップはKSS-150Aで、SONYのエントリークラスのCDプレーヤーに多く使われていたものです。KSS-210AやKSS-212Aと互換性があるため、それらの交換用のドナーとして使うこともできます。

トップカバーをはずしたところ ピックアップ KSS-150A

メカの裏側 トレイ用の振動防止ホルダー

トレイ開閉用のギヤ 緊急用のトレイ開閉用の機構


(出力端子・リモコン)
出力端子はアナログ1系統だけで、左側にカセットデッキとのシンクロ用の端子があります。リモコンの型番はRM-D450。
出力端子 リモコン RM-D450


スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz±0.3dB
高調波歪率 0.003%以下
ダイナミックレンジ 95dB以上
S/N比 102dB
チャンネルセパレーション 95dB以上
消費電力 10W
サイズ 幅430×高さ100×奥行340mm
重量 5.0kg


















SONY・ソニー CDP−750 B級オーディオ・ファン