TOP > レコードプレーヤー用のアクセサリ > カートリッジ

1970〜1980年代のカートリッジ

ヘッドシェル

Ortofon MC-20

Ortfon MC-20は1976年に発売されたMC型のカートリッジです。発売とともに音の良さが話題になり、オーディオ雑誌で新商品やレコードの試聴に使われました。

従来のSL15シリーズに比べ、ラインコンタクト針の採用によりトレーシンク能力を向上。振動系質量の軽減をはかり、ハイコンプライアンス化を行っています。
バーチカル・トラッキングアングルはRIAAの推奨値の変更にともない、15度から20度へと変更されています。

価格は33,000円でSPU-GE(34,000円)と価格差は1,000円でした。とはいうものの当時は大卒の初任給が9万円〜9万5000円という時代で、33,000円というのは高級カートリッジの価格帯で、簡単には手が出る値段ではありませんでした。

そのせいか1978年にMC-10(25,000円)が発売になった時には、かなりのヒットになったように記憶しています。

MC-20は後継機となるMC-20 MK2が1979年に発売された後も、けっこう長い間販売されており、1985年にMC-20 Superが出た後の1986年ごろまでカタログに載っていました。

これはMC-20 MK2の価格が53,000円、MC-20 Superの価格は58,000円と、かなり強気の価格設定をしたため、MC-20は37,000円でも割安感が出てしまって、売れ行きが落ちなかったというような話を聴いた覚えがあります。


Ortfon MC-20の仕様

発電方式:MC型
出力電圧:0.07mV
再生周波数帯域:5〜60,000Hz
チャンネルセパレーション:25dB
チャンネルバランス:2dB
インピーダンス:2.5Ω
負荷抵抗:47kΩ

針先:ファインライン・8μm
針圧:1.5 〜2.0g(最適1.7g)
コンプライアンス(垂直):25×10-6/dyne
コンプライアンス(水平):15×10-6/dyne
自重:7.0g

価格 33,000円(後に37,000円に値上げ)
針交換(ユニット交換)は23,000円。(値上げ後25,800円)
 





DENON DL-103

DL-103は1964年の誕生以来、50年以上たった現在も販売されている、日本のカートリッジの「スタンダード」、「プロトタイプ・原器」ともいえるカートリッジです。

もともとはNHK技研とDENONが共同開発した放送局用のカートリッジで、1970年から市販されました。当時は放送局の厳しい要求に合わせて開発したという宣伝文句でしたが、NHKの意向でオルトフォンの「SPU」を参考にして開発したようです。

1970年代のカートリッジは、すごい勢いで技術革新と低価格が進みました。
DL-103のスペックや丸針の使用など、新機種と比較すると見劣りする部分もありましたが、当時は「放送局」のご用達というブランドは、絶大な力があり人気は衰えることはありませんでした。

確かにかっての「放送局やスタジオ信仰」の人たちの音質の評価は、プラシーボ的な部分もあり、一辺倒でやや誇張されすぎたていた感じはあります。

高音の伸びや解像度などは、1980年代に登場した1万円クラスのローコスト・高性能MCに負けるところもあります。また音楽を聴いていて面白みに欠ける部分も出ます。

ただDL-103の持ち味はそこではありません。低域〜高域までのフラットな特性です。その証拠にDENONは1970年代から90年代にかけて、針先や振動系を改良したDL-103の新製品をたくさん出しましたが、結局生き残ったのは「オリジナル」と「最新型」のDL-103Rだけです。

オーディオという趣味をやるにあたっては基準となる「音」が必要です。その音があるからこそ比較ができます。1970年代の名機ともいえるSHURE V-15 Type IIIも、Ortfon MC-20もDL-103の音と比べられ評価されました。そういう意味ではまさに原器だった訳です。


またあまり語られてこなかったことですが、DL-103には「業務用カートリッジ」として作られたため、堅牢さと動作の安定性という魅力もあります。

1970年代後半から各社は、カートリッジの振動系のローマス化を図ったため、設計や製造上の問題で針が細くなって折れやすくなったり、チップの脱落やコイルの断線といった問題も起きました。

古いレコードはスクラッチノイズが出てもおかしくない訳ですが、こういうデリケートなカートリッジを使っていると、パチパチ音はレコードのせいなのか、カートリッジのトラブルなのかとか、レコードのキズで針を傷めないかと、落ち着いて音楽を楽しめない雰囲気がありました。

その点DL-103は信頼性が高いので、安心感を持って使うことができたと思います。


DENON DL-103の仕様

発電方式:MC型
出力電圧:0.3mV
再生周波数帯域:20Hz〜45kHz
チャンネルセパレーション:25dB以上
チャンネルバランス:1dB以内
負荷抵抗:100Ω以上
インピーダンス:40Ω

針先:丸針・0.65mil
針圧:2.2g〜2.8g(最適2.5g)
コンプライアンス:5×10-6/dyne
垂直トラッキング:16度
自重:8.5g

価格 16,000円(現在は35,000円)
針交換価格(本体交換): 6,300円。現在は22,800円。
 





GLANZ GMC-10EX

GLANZはミタチ音響製作所のブランド名です。ミタチ音響製作所は昭和26年の創業で自社製のカートリッジを製造・販売するだけでなく、たくさんの国内や海外のオーディオメーカーのカートリッジをOEMで手掛けています。

ミタチ音響は平成15年に解散しましたが、現在はミタチ音響でカートリッジの開発を行っていた濱田氏(ハマダ電気)が、ブランドを引き継いで、主にトーンアームの製造・販売を行っています。


GMC-10EXは1985年に発売された針交換式のMCカートリッジで、価格は14,000円。交換針は8,400円でした。1982年に発売されて好評だったGMC-10の改良型で、出力が0.3mVから0.5mVに向上しています。

ライバルモデルはオーデイオテクニカ AT-F5(1985年・15000円)、DENON DL-H5LC(1986年・14000円)、SONY XL-MC3(1983年・14800円)、YAMAHA MC-10(1985年・15000円)など。

同社のMF型のGシリーズとともにDAM(第一家庭電器)の「マニアを追い越せ大作戦」で、格安のバンドル売りをするなど、実売はかなり安く売られており、たぶん販売上の直接のライバルと見ていたのは、大ヒットとなったオーデイオテクニカ AT-F3(1985年・10000円)のほうだと思います。

音は明るめのサウンドで、ロック向けの音でした。

現在、入手できる交換針はありません。


GMC-10EXの仕様

発電方式:MC型
出力電圧:0.5mV
再生周波数帯域:20〜25,000Hz
チャンネルセパレーション:25dB
チャンネルバランス:1dB
インピーダンス:15Ω

針先:楕円
針圧:1.7〜2.3g(最適 2.0g)
コンプライアンス:8×10-6/dyne
自重:4.8g

価格:14,000円
交換針は8,400円
 





オーディオ テクニカ AT-F3U

値段が安く音も良いということで、ベストセラーとなったMC型カートリッジ・AT-F3(1985年)の改良モデルで1988年の発売。

発売直後から非常に評価の高かったカートリッジで、2010年に後継モデルのAT-F3Vが発売されるまで、販売されていたロングセラーモデル。
スペック的には現行モデルのAT-F2の上位モデルといえます。

AT-F3との違いはコイルの巻線をLC-OFCにかえて、当時テクニカが押していた、PCOCC-6Nにしたことです。針先は無垢ダイヤの精密楕円研磨針を使用。

音はMCカートリッジの繊細さと、MMカートリッジのパワフルさを両立したようなサウンドでした。


AT-F3Uの仕様

発電方式:MC型
出力電圧:0.35mV
再生周波数帯域:15Hz〜50kHz
チャンネルセパレーション:27dB
チャンネルバランス:1.5dB
インピーダンス:12Ω

針先:特殊楕円針
針圧:1.5g(標準)
コンプライアンス:9×10-6/dyne
自重:5g

価格 10,500円(その後15,000円に値上)
針交換価格: (本体交換) 6,300円
 





オーディオ テクニカ AT13E

AT13は1974年頃に発売されたVM型(MM型)のカートリッジです。1976年に再生周波数帯域や、針先が改良されてAT13Eになったと思います。

上位モデルにはAT-15E、AT-14E、下位モデルにAT-12Eとラインアップされていて、AT15(グレー)、AT14(グリーン)、AT13(ブルー)、AT12(イエロー)とモデルにより色分けされていました。

基本的にはマグネシウム合金シェル付きの、AT-13E/Gとして発売されていました。交換針はATN-13E(6,800円)。

音はともかく明るく元気。メリハリがあるのが特徴で、1970年代〜80年代の洋楽、ロックにはピッタリという感じでした。


AT-13Eの仕様

発電方式:VM型
出力電圧:5mV
再生周波数帯域:15〜20,000Hz
チャンネルセパレーション:30dB
チャンネルバランス:1.2dB
負荷抵抗:47kΩ

針先:楕円針
針圧:1.0 〜2.0g(標準1.8g)
コンプライアンス:8.5×10-6/dyne
自重:6.0g シェル込み17.0g

価格 13,600円(AT-13E/G)
交換針 ATN-13E 6,800円
 





オーディオ テクニカ AT-15EX

AT-15EXはAT-15シリーズの派生モデルで、ボディのテクニカのマークが黒地なので、ベースはAT-15Eのようですが詳細は不明です。

オークションや中古ショップに時たま出てくるので、海外仕様ではないと思います。ちなみに海外仕様は「AT-15XE」です。


 





EMPIRE 4000D/T

EMPIREはアメリカのメーカーで、MI(ムービングアイアン)型のカートリッジを製造していました。
4000D/Tは針先に0.1milのトレーシングラジアスを使用し、広い再生周波数帯域が特徴のカートリッジでした。

定価35,000円といいながら、型落ち品でもないのに実売は6,000円ぐらいで販売されていました。雑誌などでの評価も高くなく、35,000円が6,000円ということで買った人も多いのではないかと思います。(私もその1人です)

音も実売価格に相応した音しかでなかったので、ガッカリした思い出があります。

純正の交換針はS-4000D/T(10,000円)で、現在はJICO製が販売されています。


4000D/1の仕様

発電方式:MI型
出力電圧:3mV
針圧:0.75〜1.5g
再生周波数帯域:10〜40,000Hz
チャンネルセパレーション:35dB

針先:トレーシングラジアス・0.1mil
自重:7.3g

価格 35,000円
 





SHARE M44-G

M44Gは1963年の発売で50年以上も現役という、超ロングセラーのカートリッジです。

1970年代はSHAREといえば「TYPEV」で、M44は単なるエントリーモデルでしたが、現在はDJたちの御用達でSHUREといえば、この「M44」ということになります。

70年代などのモデルは、ボティに描かれたマークから、「カモメマーク」と呼ばれています。M44Gのカンチレバーはアルミ合金で針先は0.7milの丸針。交換針はN44G。
同じ価格で出力電圧9.5mVのM44-7も販売されていました。

1970年代の中ごろの価格は7,500円だったのに対し、現在の実売は8,000円程度と、ほとんど値上がりしていません。

M-44Gの仕様

発電方式:MM型
出力電圧:6.2mV
再生周波数帯域:20Hz〜20kHz
チャンネルセパレーション:25dB
チャンネルバランス:2dB
負荷抵抗:47kΩ

針先:丸針・0.6mil
針圧:0.75〜1.5g
自重:7g

価格 7,500円
交換針はN44G。
 





ADC QLM30/U

QLM30/Uは1976年に発売されたADCのエントリーモデルで、型番のとおりQLM30の改良型です。

発売されていた頃はSHARE M44-7/G、PICKERRING AT/AMとともに、輸入カートリッジとしては8000円以下で買える一番安いモデルでした。輸入元はビーエスアールジャパン。

発電方式はIM型(インデュースドマグネット・・・磁気誘導型)ですが、これは他社のMI型(ムービングアイアン型)と名前が違うだけで構造は同じです。
MI型は磁路がシールドされている、IM型はシールドされていないという話もありますが、さだかではありません。

IM型(MI型)のメリットはカンチレバーにマグネットが無いため、振動系の質量を軽くできることです。またトラッキング・アングルをRIAA指定の15度にすることも容易でしたが、15度という数値自体がそれほど有効ではないことがわかり、1970年代には指定が15〜25度に変更されました。

純正の交換針はR-QLM30(4,000円)。現在は丸針となりますがJICOから「RQLM-30」が販売されています。

ヘッドシェルはADCのマグネシウム合金製の「LMG-1C」です。


QLM30/Uの仕様

発電方式:IM型
出力電圧:5.5mV
再生周波数帯域:10Hz〜20kHz
チャンネルセパレーション:25dB
チャンネルバランス:
インピーダンス:40Ω

針先:楕円針・0.3×0.7mil
針圧:1〜2g
自重:5.75g

価格 7,800円
交換針 R-QLM30(4,000円)
 





Technics EPC-270C

EPC-270シリーズは1974年の登場以降、Technicsの多くのレコードプレーヤーに付属していたカートリッジです。日本製のレコードプレーヤーは海外でも人気が高かったため、Technicsの多くのモデルが輸出されており、そういう意味では国内のみならず、海外でもポピュラーなカートリッジです。

EPC-270Cはそのメインモデルといってもよい存在。派生モデルは海外専用を合わせると10種類以上になります。

単品としての販売はEPC-270D(ブロックダイヤ・丸針)で、1976年ごろから、楕円針を搭載したEPC-270C-IIに切り替わりました。レコードプレーヤーへの搭載は、EPC-270Cのまま続けられ、1970年代の終わりに発売されたSL-3300やSL-D3なども270Cを搭載していました。

EPC-270Cは新しく開発した磁気特性に優れたCKS磁石を、高強度のアルミ合金カンチレバーに直結する構造を採用。これにより振動系の実効質量の軽減と高剛性化を実現し、トレース能力と感度の向上を図っています。

全体的なバランスはうまくまとめられており耳障りな音もありません。普及価格帯のプレーヤーの付属カートリッジとしては不満はありません。高音のトーンは少し明るめ。昔は低音の弱さが欠点とされていましたが、現在のような小型スピーカーが主体のシステムでは、それほど欠点が出ないかもしれません。


純正の交換針はEPS-270SD(丸針・2,800円)とEPS-270ED(楕円針・5,500円)。
現在、交換針はJICOから販売されており、丸針と楕円針、それにSAS針があります。


EPC-270Cの仕様

発電方式:MM型
出力電圧:3.2mV
再生周波数帯域:20Hz〜25kHz
チャンネルセパレーション:25dB
チャンネルバランス:2dB
負荷抵抗:47kΩ
インピーダンス: 3.6kΩ

針先:丸針・0.6mil、楕円針・0.3×0.7mil
針圧:1.5〜2g(標準1.75g)
自重:6.0g

価格 11,000円
交換針はEPS-270SD(丸針・2,800円)
EPS-270ED(楕円針・5,500円)。
 





Pionner PC-131

PC-131はPioneerのレコードプレーヤー PL-1150などに、付属していたカートリッジで、単体でも販売されていました。

デュアルマグネット発電方式を採用したMMカートリッジで、鏡面仕上げされた特殊ダイアモンド針を使用していました。

純正の交換針はPN-131(2,500円)。交換針のPN-131は現在もJICOで販売しています。ヘッドシェルはカーボンファイバーを成型したPioneer JP-502(定価1500円)でした。

PC-131を搭載していたレコードプレーヤーはPL-1150、PL-355、PL-1650(輸出専用)。


PC-131の仕様

発電方式:MM型
出力電圧:4mV
再生周波数帯域:15〜28,000Hz
チャンネルセパレーション:25dB
チャンネルバランス:1.5dB
負荷抵抗:47kΩ

針先:0.5mil丸針
針圧:1.5〜2.5g(標準 2.0g)
コンプライアンス:10×10-6/dyne
自重:5.4g

価格 7,500円
交換針はPN-131(2,500円)
 





DENON DL-8A

DL-8AはDENONのレコードプレーヤーに、標準装備されていたMM型のカートリッジで、古いカタログブックを見る限り、単品での販売は無かったようです。

DL-8は1975年頃に登場したカートリッジで、DP-790に搭載されました。周波数帯域をMCカートリッジ並みの広帯域とし、高域共振を可聴帯域外に押し上げて特性をフラットにしています。カンチレバーはアルミ製です。

DL-8Aを最初に搭載したのはDP-1600やDP-1200ですので、1977年の登場ということになります。DL-8の改良型でボディの形状は共通、スペックも同じですが、どこを改良したのかなどは不明です。

交換針はDL-8用が「DSN-37」、DL-8A用が「DSN-42」で、レコードプレーヤーに装備されていたのは丸針ですが、交換針メーカーによっては丸針の他に楕円針が用意されていました。現在、ウチのDL-8Aが付けているのはナガオカ製の「44-42」です。

現在、交換針はJICOから販売されており、丸針と楕円針、それにSAS針があります。

DL-8Aを搭載していたレコードプレーヤーはDP-1100、DP-1200、DP-1600、DP-30L、DP-33F。輸出用モデルのDP-30S、DP-30LUなど。


DL-8Aの仕様

発電方式:MM型
出力電圧:.3mV
再生周波数帯域:20Hz〜30kHz
チャンネルセパレーション:20dB
チャンネルバランス:2dB
負荷抵抗:50kΩ
負荷容量:100pF

針先:丸針・0.65mil、楕円針
針圧:1.7g〜2.3g(最適 2g)
コンプライアンス:8×10-6/dyne
自重:5.7g

交換針は「DSN-42」。
 


ヘッドシェル











1970〜1980年代のカートリッジについて B級オーディオ・ファン