TOP > オーディオケーブル > RCAケーブル

RCAケーブルの比較 No.1
(アナログケーブル)

アナログケーブルを流れる信号は、オーディオ機器でノイズなどが取り除かれて、後はアンプで増幅するだけという状態になっています。
アナログケーブルの最大の弱点はノイズの影響を受けやすいということで、ケーブルの設計も外来ノイズをどう防ぐかということにメインに置かれています。正確にはノイズを100%防ぐことはできないので、どれだけ少なくできるかということになります。またケーブルはわずかな振動でも発振が起こるため、少し高いケーブルになると振動対策も行われています。

その一方でアナログケーブルはチューニングしやすいと言われています。導体、絶縁体、シールド、シース(外皮)、プラグなどの組み合わせにより、ノイズや歪みなどの量を調整して、それがアンプの中の回路で作用することで、音の違いとなって現れてきます。つまりアナログケーブルはその弱点のノイズ成分をうまく利用して音の違いを作りだし、1本100円〜100万円以上までの商品バリエーションを作りだしているといえます。

ウチにはいろいろな種類のCDプレーヤーがあり、これをいろいろと聴き比べるために、安い物は1000円〜高いものは5万円ぐらいまでのケーブルがあります。
音の傾向はおおまかに言えば安い物ほどメリハリが強く、高いものほどフラットでモニター的な音となります。

価格的には3万円を超えるとモニター的な音になってきますが、これがCDプレーヤーやアンプと合うかというと別な話。オーディオ的な特性が良く個々の楽器の音が正確に出るといっても、響きやツヤが少ない音は、音楽を聴いた時に楽しくなかったり、物足りなく感じることがあります。
また大音量が出せないケースでは、高音が物足りなかったり、情報量が不足しているように感じられることもあります。実はウチでも5万円のケーブルを使うのは年に数回のテストの時だけ。もったいない話ですが道楽ならではです。

コストパフォーマンスの良さを感じるのは、昔も今も1万円クラスのケーブルです。このケーブルがターゲットとしている機器はたぶん6〜20万円クラスで、販売されているモデル数が多い。またジャンルもクラシック、ジャズ、ロックをカバーすることを考えている作っていると思います。

そのため1万円クラスとはいえノイズ対策など、ケーブルとしての基本性能は高額ケーブルとさほど変わりません。またチューニングもけっこうキチンと行われており、場合によってはフラット一辺倒の高額ケーブルよりも、こちらのほうがいろいろなケースを想定して、時間をかけてチューニングしていると感じることもあります。


No.2 →No.3

Van Den Hul  VH-INTEGRA-10W
Van Den Hul(バン・デン・ハル)は、オランダのケーブルメーカーでタンノイ、B&W、ELACなどのスピーカーの内部配線に使われていることでも有名です。日本ではエソテリックが輸入・販売。正規品にはパッケージに「エソテリック」のシールが貼ってあります。

VH-INTEGRA-10W(The Integration Hybrid)は3層シールド・バランス4芯スターカッド構造のケーブルで2008年の発売。

導体は独自の「VDH Fusion」技術により銅、亜鉛、銀を超高温で融合したアモルファス(非結晶)合金と線形カーボンによるハイブリッド導体です。
その特徴は結晶歪みによる伝送ロスが少なく、金属的なピーク成分などを持たないナチュラルな倍音成分を得られるというものです。
シールドは180本の線形カーボンとSCMC-OFC、被覆はHULLIFLEXとなっています。

ともかく解像度が良いケーブルです。1万円クラスの中では解像度の良い6.5N・AC-2000 Meisterと比べても段違い。レンジも広くて、不足と感じることはありません。

けっしてフラットな音ではありませんが、中級機では逆にそこが使い勝手が良いところ。高音の艶は好き・嫌いがわかれそう。音場は奥行きや広がりよりも、中央部で立体的に鳴るタイプです。
ジャンルはクラシックやジャズ向けで、繊細なところもよく表現します。ボーカルは「ソース」によりけりという感じ。ロックは不得意で安い価格のケーブルのほうが良いです。

導体抵抗:43mΩ/m
インピーダンス:110Ω
静電容量:86pF/m

価格 35,000円(1m)



Zonotone  6.5N・AC-2000 Meister
Zonotone(ゾノトーン)は、元オルトフォンジャパン社長・前園俊彦氏が立ち上げたブランド。そのZonotoneの2周年記念モデルとして2009年に発売されたのが、6.5N・AC-2000 Meisterです。

マルチストランド・2芯ダブルシールド構造のケーブルで、導体は6Ncu、5NCu、PCOCC、純銀コートOFCのハイブリッド。絶縁体は高純度ポリエチレン、シールドはアルミラップと高密度銅の編組となっています。
プラグは接点が24kメッキ。ボディはニッケルメッキとなっています。

今やこの実売1万円クラスでも解像度、透明感が良く、ワイドレンジなのも当たり前。高音に力を入れているケーブルが多い中で、高音だけでなく、しっかりとした中・低音を聞かせるのは特筆です。

音場や艶は「普通」という感じですが、ともかく全体のまとめ方がうまい。クラシック、ジャズ、ロックとオールラウンドに使えます。オールラウンドのケーブルというと、、どこか中途半端さが気になりますが、このケーブルはどれもソツなくこなします。

このクラスではACROSS750RRとともに、コストパフォーマンスが高いケーブルだと思います。


価格 11,900円(1m)



オヤイデ(OYAIDE)  ACROSS750RR
2007年に発売されたオヤイデのオリジナルケーブル。PCOCC-Aの導体(0.18mmX30)にC.I.S(十字絶縁)構造を持つ同軸ケーブル。
導体を十字構造の絶縁体で覆い、空気層を作ることで空気絶縁を実現しています。

シールドはもちろんPCOCC-A(0.18X100)で、絶縁体は十字部が高分子ポリオレフィン、外側がポリエチレン、シースはオーディオ専用のハロゲンフリーシースとなっています。
専用プラグはピンはロジウムメッキ。キャップ(アウターシェル)はベリクロームメッキです。

重心が低く音の艶や臨場感も良いケーブルです。落ち着いて音楽を楽しめます。ジャンルでいうとクラシックやジャズ向きで、ロックにはちょっと不向き。
総合的に見ても実力はオーディオテクニカのAT-SA2000よりも上。下手なメーカーの2万円クラスより良いかもしれません。なかなか良いケーブルだと思います。

※導体のPCOCC-Aの生産中止により、2014年に生産終了となりました。

導体抵抗:8.4mΩ/km
静電容量:68pF/m

価格 13,125円(0.7m)、14,490円(1m)、15,750円(1.5m)



ONTOMO MOOK 「Stereo」編
「誰でもできる!自作でオーディオアクセサリー PART2」のRCAケーブルキット


3885円
2013年10月発売の付録付きのムック本で、オヤイデのオリジナルケーブル(1mペア)と、RCAプラグ付いています。

ケーブルはPCOCC-Aの導体(0.9mm単線)を使った2芯構造で、シールドはありません。絶縁体はポリオレフィンでエラストマーシース。と文字で書くとちゃんとしていそうですが、組み立てるためにケーブルの皮をむいてビックリ。中味は導体以外は全くお金がかかっていません。

雑誌の本文中では、わざとシールドレスにしたように書いていますが、これではコストを安くあげるために、シールドレスにしたのは明白です。
製造コストとしては、同じPCOCC-Aを使ったオヤイデの「EXPLORER 0.75」(630円/1m)と同じくらいか、もう少し安いかもしれません。

プラグは真鍮製で金メッキがされており、カバーは亜鉛合金製です。配線のハンダ付けが不要なネジタイプで、コレクトチャックになっています。ただ安価なため精度が悪く、プラグを締めても少しガタガタします。
また外径が14mmと太いのでSONYのアンプTA-FA5ESやCDプレーヤー CDP-XA3ESなど、RCA端子の間隔が狭い機器では、左右のプラグが接触してしまいます。

雑誌込みで3885円なのに、プラグの価格が1個600円として4個で合計2400円。プラグにコストを掛けると、やっぱりケーブルにはお金がまわりません。

最初は音圧が高く、とてもパワフルな音ですが、エージングが進むと落ち着きます。
ところが音圧による誤魔化しがなくなると、解像度や透明感の悪さがもろに出てきます。レンジは狭く音場も平面的で、価格相応というか、あまり取り柄の無いケーブルです。

本文の実験コーナーでは、TDKのノイズフィルター(フェライトコア)を、ケーブル1本に5個付けると、解像度が向上し、音がだいぶ良くなると書いてありますが、10個買えば+3,000円のお金がかかり、合計6,885円。それだったらもう少しお金を出して、1万円クラスのケーブルを買ったほうが全然良いです。




日立 Melltone(メルトーン) MTAX-205
日立電線が1994年から販売を始めたピンクのジャケットが印象的なケーブル。

メルトーンは「導体を熟成させる」というのがコンセプトの導体で、OFCクラス1を線形結晶化させたLC(Linear Crystal)導体に、特殊な熱処理(アニール処理)を加えています。

当初、日立電線はこの熱処理によって得られた音質の効果のことを、「メルトーン効果」と呼んでいましたが、そのうちに導体自体のことをメルトーンと呼ぶようになりました。
このメルトーンのケーブルは、オーディオ用ケーブルとして販売されただけではなく、DENONのステップアップトランス「AU-103」の内部配線にも使われました。

MTAX-205は2芯シールド構造で、導体だけではなく、編組シールドにもメルトーンが使われています。プラグはクラス1のOFC材で、接点は無ハンダスポット溶接となっています。

メルトーンは「カンタム」に代わる日立電線の主力ケーブルとして発売されましたが、音の方向性はだいぶ変わりました。
カンタムのようなクセがなくフラットな音ですが、レンジや解像度はちょっと不足気味。スピード感は「カンタム」が特急なら、「メルトーン」は鈍行?ともかく対照的な感じのサウンドです。

何台かのCDプレーヤーで比較試聴に使ったりすると、機種による音の差が明確にでてきて、アラまでよくわかります。それだけ能力が高いということでしょうが、これが吉と出る時もあれば、凶とでることも。相手となる機器を選ぶケーブルのようです。

導体抵抗:34mΩ/m
静電容量:120pF/m

価格 9,200円(0.6m)、10,000円(1.5m)



日立 QAX-112 LC-OFC Quantum
発売は1987年か1988年で、2000年代の初めまで販売されていた日立電線のロングセラーケーブル。まさにオーディオケーブル界の名機ともいえる存在です。

1980年代の終わり〜1990年代前半にかけてのケーブル市場では、新興ブランドだったACROTECの「ストレスフリー6N」に対し、日立電線が「カンタム」、オーディオテクニカが「PCOCC」を全面に出して戦っていた感じでした。
2008年にはオヤイデが日立電線にLC-OFCの再生産を依頼し、このQAX-112をベースにしたQAC-212Rを発売しています。

導体のLC-OFCカンタムは、水素ガス成分を極限まで排除し純度を高めた「クラス1−OFC」を、線形結晶化したものです。ちなみにクラス1というのはアメリカの米国材料試験協会のASTM規格で最高位のクラス。「Quantum」とは量子という意味です。プラグの接点はスポット溶接。

ケーブルの長さによる価格差はなく、0.5mが9,800円、1.0mが10,500円、2..0mが11,900円というラインアップでした。
またカンタムシリーズは上位グレードに「スーパーカンタム 6NAX-210」、下のグレードには「QAX-102」などがありました。

音は小気味よいスピード感が持ち味で、スーパーギタリストの演奏にもバッチリ。タイトなサウンドで艶が十分に載っています。
レンジは少し狭いですが、クラシック以外ではわからないかもしれません。メルトーンに比べると性格がハッキリしているので合わせやすいケーブルです。

最近のケーブルと比べても、解像度以外は何ら見劣りするところはないと思います。ウチではもっぱらジャズ・フュージョンに使用。
ただ固いケーブルなので取り回しには注意が必要です。

価格 9,800円(0.5m)、10,500円(1.0m)、11,900円(1.5m)



Monster M1000I
1990年代の後半、ONKYOの巧みな広告と価格戦略?で「高音質」「高価格」というイメージが定着してしまったモンスターケーブル。そのころの主力モデルがMシリーズの「M1000i」です。

モンスターケーブルは現在、日本ではONKYOの他にイースコーポレーション、オールアクセスなどの代理店があり、それぞれ別の商品を取り扱っています。M1000Iはイースコーポレーションが輸入し、主にカーオーディオ向けとしてカー用品店などで販売されていましたが、2012年5月25日からONKYOがM1000I MKUの販売を行っています。

カーオーディオ向けといってもM1000Iは元々はホームオーディオ用のケーブル。現在販売されているものは、プラグやケーブル構造が変更となり、外見だけでなく音も変わっていますので、1990年代のものとは全く別のケーブルといえます。ちなみに「i」は「I」と大文字になりました。

ノイズに強いマルチツイスト構造や、帯域ごとに線径を変えて信号全体の到達時間を揃える3ウェイタイムコレクト構造を採用。マイクロファイバー絶縁体とPEX絶縁体を使用し、さらにその上から2重構造のシールドやメッシュジャケットを被せています。
プラグは24金メッキで、スプリット・センターピンと12カットのターバインプラグになっています。

太いケーブルですが、柔軟性のあるシースなどにより取りまわしは楽です。プラグの圧着力も強力。
上級ケーブルなので音はフラット系。ワイドレンジで解像度も良いです。ただ明るめのサウンドで、ジャンルとしてはロック、JPOP、ボーカル向け。特にボーカルの伸びは良いです。

※モンスターケーブルは中国製の偽物が多く出回っていることで有名ですが、「M1000I」も偽物が多いそうです。

価格 22,050円(1.2m)



Monster interlink 400Mark-U
1990年代に登場したケーブルです。日本でのinterlinkシリーズの販売は300Mark-Uや250などが最後でしたが、amazonのUSサイトでは数年前まで新品が販売されていました。

モンスターケーブルの特徴である、周波数帯域の偏りをなくすバンドウィズスバランス構造と、信号全体の到達時間を揃えるタイムコレクト構造を持ち、デュアルソリッドコア導体やPEX絶縁体なども採用しています。
24金メッキのプラグのアウターシェルは100ポンドを張力に耐えるという頑丈なもの。スプリット・センターピンと8カットのターバインプラグで、強力な圧着力を持っています。

本当に圧着力は凄く、ジャックに食いついているという感じです。プラグを外す時はかなりの力が必要で、機器のピンジャックが壊れるのではと心配になることも。
音はけっこうソフトタッチで、海外のレビューにも書かれているとおり。設計が古いこともありレンジは狭いです。メーカーは低音の良さをアビールしていましたが、ソフトな低音はいまいち迫力不足。

ちなみにアメリカのマスコミに「ボッタクリ」と叩かれたモンスターケーブルですが、このケーブルのList Priceは2mで50ドルぐらい、実売は20〜30ドルとなっていました。昔はもう少し高くて70〜80ドルぐらいで売られていたみたいです。

しかしモンスターケーブルぐらいで、「ボッタクリ」になるのであれば、100万円を越えるケーブルを売っているMITやPADは何と呼べばいいのでしょうか。



ortofon 6.5N AC1000Q
上:6N-A2400 下:6.5N AC1000Q
2002年に発売されたケーブルで、発売から2007年の中ごろまで売れ筋ランキングの1位を、ずっとキープしていたベストセラー。いわばB級オーディオのリファレンスケーブルでした。オルトフォンといってもケーブル類は日本で作っているので国産品です。

導体は6N-OFCと5N-OFCのハイブリッドで、4芯シールド構造。24Kプラグは説明はなかったですが、明らかにドイツのWBT社製ぽい感じ。(WBTのそっくりさんを作っている台湾のAEC製という可能性もあり)

WBTのプラグを装着しているACROTEC 6N-A2400のプラグ(WBT-0101)と比べても、それほど遜色を感じないもので、コレットチャックにスプリット・センターピンと8カットプラグで圧着力を高めています。
太めのケーブルですが、柔らかく取り回しはしやすいです。

音は6.5N・AC-2000 MeisterやACROSS750RRと比べると、さすがに解像度やレンジは見劣りしますが、全体のバランスはうまくまとめられています。
少し硬めのサウンドでパワフルな低域が持ち味。高域は艶がもう少し欲しいところ。
ジャズ、クラシックよりはボーカルやロックに向いていますが、オールラウンドに使うことができるケーブルだと思います。


価格 9,500円(0.7m)、11,500円(1.0m)、13,500円(1.5m)



ortofon AC-3600 SILVER
前園俊彦氏が去った後、ケーブル類のラインアップを縮小し、最近はまた拡充し始めているオルトフォン。そのエントリーモデルがAC-3600 SILVERです。発売は2004年ごろと息の長いケーブルです。

定価5,600円(以前は5,000円)ですが、名前のとおりOFC導体を銀コーティングした2芯構造のケーブルです。
絶縁体はポリエチレンとPVC、シールドはアルミ箔と編組、プラグは24K金メッキです。長さは1.5mのみ。

特徴は音の柔らかさ。柔らかさだけを見れば、なかなか良いのかもしれませんが、そこは銀コートで5,600円。もちろん欠点もあります。

一番問題なのは余韻の悪さで、これは最近の1,000円クラスにも負けます。
他にもレンジの狭さや解像度の不足などがありますが、人によっては、さほど気にならないかもしれません。

価格 5,600円(1.5m)
No.2 →No.3

RCAケーブルをオークションで探す







RCAケーブルを
オークションで探す





RCAケーブルの比較 B級オーディオファン