TOP > 使っているオーディオ


Pioneer PDR-D7 1998年 定価124,000円


Pionner PDR-D7は1998年に発売されたCDレコーダーです。
録音するメディア・CD-R/CD-RWは音楽用のみに対応で、パソコン用は使用できません。またSCMS(シリアル・コピー・マネージメント・システム)にも対応し、オリジナルソースを一度だけデジタルコピーできるようになっています。

この当時はまだCD-R/CD-RWへの録音(書き込み)時に、メディアとドライブ(ピックアップ・サーボ)との相性が、けっこう問題となっていました。そのためPDR-D7では「記録ストラテジーコントロールIC」とランニングOPC(最適記録パワー調整回路)を装備していました。
再生ではCDの20kHz・16ビットのデータを40kHzまで高帯域化し、さらに24ビットデータに再量子化するという、パイオニア独自の「Hi-bit・レガート・リンク・コンバージョン」を搭載しています。(カタログ上の周波数特性は2Hz〜20kHzで、他のレガート・リンク・コンバージョン機も同じ)

D/Aコンバーターには高解像度でジッターに強いという24bitの「DAC24」を採用しています。さらにジッター対策ではCD信号の検出精度の向上や、回路間の信号伝送、D/A変換の正確さを追求するという「Zコンセプト」を採り入れています。

その他に便利なものとしてはデジタル・シンクロ・レコーディング機能により、録音ソースとなる機器の再生や停止に合わせて、自動でスタート・ストップが行うこともできます。またデジタル入力を利用して単体のD/Aコンバーターとして使うことができます。
使用可能なCDメディアは音楽CD、CD-R、CD-RWとなっています。


(音質について)
CDの再生は解像度が高く、音に奥行きや広がりがあり、レンジの広さも実感できます。ちょっと派手に鳴る高級機の音という感じでしょうか。全体的にはタイトなサウンドで、高音にキャラクターがあるので、ソースによっては少しドンシャリ傾向になることもあります。
今はCDレコーダーとしての機能は録音に時間がかかるのと、メディアの制限などで使っていません(パソコンのほうが便利)。でも単体のCDプレーヤーとしても価格に見合う十分な音質だと思います。


(フロントパネル)
操作ボタンはおおまかに言ってディスプレィの左側が録音系、右側が再生系。トレイの右側にはトレイの開閉、録音、RECミュート、RECレベル、インプットセレクターといったボタンがあります。慣れれば問題ないですが、お世辞にも使いやすいとは言えません。




(内部について)
シャーシはけっこう奥行き(385mm)があります。シャーシーに使われているのは普通の鋼板ではなく、制振鋼板と呼ばれる鳴きにくいものです(弟分のPDR-D5は普通の鋼板)。
底板はハニカムではありませんが、パターンをプレスして強度をもたせています。天板も鋼板製で大きな防振材が貼られています。インシュレーターは樹脂製です。

内部は左側に電源回路、中央がメカとオーディオ回路、右側はサーボ制御やデジタル録音などの回路となっています。

天板 底板


(電源回路)
電源トランスはタムラ製作所製の小型のものが1つ。回路はデジタルとオーディオに分かれた独立電源となっています。
電解コンデンサはニチコンのオーディオ用コンデンサ「FM」 3300μF X2本など。電源ケーブルは着脱式で3Pのインレットです。
電源トランス 電源回路


(デジタル回路 デジタル録音・サーボ・信号処理)
デジタル録音やサーボ制御、信号処理の回路では、たくさんのチップが使われています。RFプロセッサ「AK8563」、EFMエンコーダー「LC89585」、CDデコーダー「CXD2585Q」、サーボアンプ?「PA9004」、ATIPデコーダー「PDJ014A」などなど。

CD-R/CD-RWへの録音にはランニングOPCを採用しており、ディスクの回転中もマイコンが自動的にレーザー出力を調整することになっています。でも基板には録音の設定用と見られる半固定抵抗も取り付けられています。

デジタル録音用にサンプリングレート・コンバーターを搭載しており、 CS放送(48kHz)やBS・Aモード(32kHz)の信号を、CDと同じ44.1kHzに変換して、デジタルのまま録音することができました。
デジタル回路 R・REC RW・RECと書かれた半固定抵抗

アナログ・デバイセズの
サンプルレート・コンバータ
基板の真ん中にある電気二重層コンデンサ(スーパーキャパシタ)。たぶんメモリー・バックアップに使用。

(オーディオ回路)
D/Aコンバーターは「DAC24」と名付けられた、自社製の24bitDAC「PE8001A」を搭載しています。その他にアナログ入力をデジタル化するために、旭化成の18bit・A/Dコンバーター「AK4530」があります。

でも、この回路でのウリは何といっても「Hi-bit・レガート・リンク・コンバージョン」。
レガート・リンク・コンバージョンは、CD製造時にカットされた20KHz以上の周波数を推定して「波形再生」する技術です。「Hi-bit」はCDの16bitのデータをもとに24bitデータに再量子化しています。この2つによりダイナミックレンジの拡大や量子化歪みの低減をはかっています。

使われているオペアンプはJRC 4565DD、電解コンデンサはオーディオ用のELNA「SILMIC」やニチコンの「FM」などです。
オーディオ回路 Hi-bit・レガートリンクコンバージョン

D/Aコンバーター PE8001A A/Dコンバーター AK4530

(ピックアップ・ドライブメカ)
メカはピックアップ以外は、バブル期の「PD-2000LTD」などと比べると、だいぶコストダウンされ見劣りします。

メカベースは鋼製のフレームにABS樹脂のベースが載るという構造で、現在のSACDプレーヤーの中級機でもよく使われる方式です。スピンドルモーターやピックアップが取り付けられているメカシャーシは、ゴム系の素材でフローティングされています。

ピックアップは読み取り32倍速、書き込み4倍速対応のSONY製「KRS-200A」。新開発の2軸アクチェータを搭載して、安定性の向上と高速再生を実現しています。CAV(角速度一定)方式のドライブでは、最大32倍速での読み取りが可能で、D-R/CD-RWディスクには4倍速書き込みができました。
初回出荷時のサンプル価格は50,000円と高額なピックアップでしたが、量産後は価格が下がりました。
ピックアップのスライド機構はラック&ピニオンのギヤ式です。


トレイ交換用のゴムベルトはメカの裏側にあります。
トレイには防振用の塗料が塗られているため、経年劣化のためベタつくこともあります。

メカの裏側 メカベース


(入出力端子・リモコン)
リアパネルにはデジタル入力端子が光学と同軸が各1系統、出力端子も光学と同軸が各1系統。アナログは入出力ともに1系統となっています。専用リモコンはCU-PD099。
入・出力端子 リモコン CU-PD099


スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz
全高調波歪率 0.001%(再生)
0.004%(録音)
ダイナミックレンジ 99dB(再生)
92dB(録音)
S/N比 113dB(再生)
92dB(録音)
チャンネルセパレーション 100dB(再生)
消費電力 16W
サイズ 幅420×高さ105×奥行385mm
重量 5.4kg













Pioneer・パイオニア PDR-D7 B級オーディオ・ファン