TOP > 使っているオーディオ


Victor XL-V501 1986年 定価59,800円


ビクターはCD(コンパクトディスク)に対抗する規格、AHD(Advanced High Density Disc)を推進していましたが、親会社だった松下電器(パナソニック)や、他のメーカーの支持をえられず孤立してしまいます。それでもAHDのプレーヤーを開発して発売しました。

しかし他のほとんどのメーカーは、1982年10月のCD発売に合わせて、CDプレーヤーの開発を行っており、ビクターも方針を変更してCDプレーヤーを発売することになります。
ただ開発は間に合わなかったため、Lo-D DAD-1000のOEM供給を受けて、XL-V1として発売しました。

CDプレーヤーの開発は、当初はライバルメーカーの後塵を期したものの、もともと技術力の高いメーカーです。1986年発売のXL-V1100(150,000円)は、各社のフラグシップに十分対抗できる実力を持ち、XL-V501(59800円)は、ライバル機をも凌駕する内容を持っていました。

XL-V501は「高音質&多機能」をコンセプトに開発され、1986年11月に発売されました。
型番としてはXL-V500(1984年・138,000円)の後継機ですが、XL-V500は回路の集積化が進む前の「第2.5世代」のプレーヤーです。
価格の差は8万円もありますが、CDプレーヤーの進歩がとても早い時代だったので、XL-V501のほうがピックアップ、メカ、サーボ回路、DAC、デジタルフィルターなど1〜2世代進んだものを搭載しています。

この1986年の「598」(59,800円)クラスには、前年のmarantz CD-34の大ヒツトを受けて、各社から続々と新商品が送り込まれました。
ライバル機は59,800円の価格だけでも、SONY CDP-55、YAMAHA CDX-700、DENON DCD-900、Technics SL-P520、KENWOOD DP-990D、ONKYO Integra C-300X、Pioneer PD-7030、Lo-D DA-401、LUXMAN D-102、marantz CD75などがあり、これ以外にも64,800円や55,000円といった価格のCDプレーヤーも、当然ライバルとなるため、まさに激戦地帯でした。

そんな中、XL-V501はFMfanのダイナミック大賞を獲得するなど高い評価を得ました。またセールス的にも好調だったそうです。海外にも「JVC XL-V550」という名前で輸出が行われています。



XL-V501はVictorのCDプレーヤーとして、初めてオプティカリンク(光伝送)を搭載。光伝送は1985年にONKYOが、Integra C-700(138,000円)に初めて搭載した回路で、電気信号を光に変換して伝送するというものです。これによりデジタル回路とオーディオ回路を電気的に分離し、オーディオ回路へのデジタルノイズの侵入を遮断するというものでした。

D/Aコンバーターは16bitのバーブラウン「PCM54HP」を搭載。オーバーサンプリング(2倍)のデジタルフィルターを装備していました。

ピックアップは応答速度を向上させたハイプレシジョン3ビームピックアップを搭載。メカは制振材のベースとインシュレーションラ バーを組み合わせた「ISメカ」により、外部振動を遮断しています。また、シャーシの底板には格子状のラジアルベースを装備して、振動を抑えるとともにウェイトバランスの適正化をはかっています。

ヘッドフォンのボリュームは電動ボリュームです。1986年は89,800円クラスのCDプレーヤーでも、電動ボリュームを搭載したモデルは少なかったのですが、1987年になるとXL-V501に刺激を受けたのか、電動ボリュームの搭載機が一気に増えます。


1985年の「598」クラスというと、「最高の物を最低の価格で」というマランツの戦略モデル CD-34を除けば、内容はメカもシャーシも回路も、お金をかけていないエントリークラス。音もCDが聴ければ良いという感じがありました。
その翌年に発売されたXL-V501は、オプティカリンク(光伝送)やISメカなどの新しい技術に加えて、多彩なプログラム機能を持ち、音質も大きく向上しました。
そして、このXL-V501の発売直後から日本は「バブル時代」に突入。CDプレーヤーにはさらに物量が投入されていきます。そんな中、Victorはその後も「598」クラスでヒット作を連発。高い評価を得ていきます。



(音質について)
中音域重視の明るめのサウンドです。低音は出ますが、それほど押し出しは強くありません。高音の艶はビクターサウンドそのもの。解像度や透明感、それにレンジといったものは、PCM54HPのシングルDACですので、物足りなさは出てきます。

ジャンルとしは当時大ブームだったロックやJPOPを意識していますが、ちゃんとクラシックやジャズも聴けます。
いわゆるオールラウンダーですが、バランスはなかなか良く、総合的には上級機のXL-Z701に肉薄する部分もあり、ONKYO C-701Xよりも音が良いです。当時の「598」モデルとしては、かなりレベルが高かったのではないかと思います。


(フロントパネル)
それまでのVictorのCDプレーヤーとは違う、全く新しいデザインとなりました。
兄貴分のXL-Z701とも共通のデザインで、トレイのラインや飾りビス、ディスプレィ表示などが違うだけです。またこのデザインは後継機のXL-Z501、XL-Z511にも引き継がれて行きます。

ディスプレィは「マルチモード・デイスプレイ」と呼ばれるもので、ミュージックカレンダーは20個。数字が大きく見やすいです。
トレイの上には赤色のオプティカルリンク(光伝送)のインジケーターがあります。

メインの操作キーはディスプレの下にあり、10キーとプログラム機能はディスプレィ右側と、わかりやすく操作はしやすい配置です。

プログラム機能はイントロスキャン、ランダムプレイ、オールリピート、A→Bリピートなど、このクラスでも多彩な機能を持っていました。



(シャーシと内部について)
シャーシーは鋼板製で、メカ側にシャーシの重心が偏るのを防ぐため、基板側にラジアルベースを装備しています。
ラジアルベースは格子パターンのプレスが入った鋼板で、厚さは2mm、重さは870g。底板にネジ留めされています。これにより振動を抑えるとともに、重心を下げて安定化をはかり、ウェイトバランスをセンターにする役目を持っています。インシュレーターは中空のプラスチック製です。

このラジアルベースのおかげで、ライバル機がみんな4kg台の重量だったのに対し、5.5kgと重さを稼いでいます。しかし上には上がいるもので、ONKYOのIntegra C-300Xは何と7.0kg。しかしこれも重さが2kg以上もある「Xスタビライザー」を取り付けているためです。

内部は左側がメカと電源トランス。右側のメイン基板は手前がサーボ、信号処理、システムコントロール回路などのデジタル回路。奥は左側に電源回路、右側がオーディオ回路です。
天板 底板

インシュレーター

動画の音はビデオカメラの内蔵マイクで録音しているため、音質は良くありません。


(電源回路)
電源トランスはゼブラ製でコアサイズが55mmX47mmX24mm。アナログとデジタルの別巻線で、容量は19VAと余裕があります。

電源回路も独立電源となっています。使われているコンデンサは、ELNA製の25V・4700μF 2本やスチロールコンデンサなどが使われています。
電源コードは細い並行コードです。
電源トランス 電源回路


(デジタル回路 サーボ・信号処理・システムコントロール回路)
デジタル回路のメインは、YAMAHA製のチップ「YM3805」です。YM3805にはサーボ制御の回路と、復調や誤り訂正などの信号処理回路が、1パッケージに収められています。

誤り訂正のSRAMは 富士通製の8bit ハイスピード・CMOSスタティックRAM「MB8416A-15」が使われています。
システムコントロール用のマイコンは、「HD614080SB02」です。
デジタル回路 左:YAMAHA「YM3805」
右:富士通 「MB8416A-15」

サーボ調整用のボリューム

トラッキング・ゲイン(T.E.. GAIN ADJ)、トラッキング・オフセット(T.E. OFFSET ADJ)、フォーカス・オフセット(F.E.. OFFSET ADJ)、キック・ゲイン(K. GAIN ADJ)の4つ。


(オーディオ回路)
D/Aコンバーターは16bitのバーブラウン「PCM54HP」を搭載。オーバーサンプリング(2倍)のNPC製のデジタルフィルター「SM5806P」を装備していました。

DACの「PCM54HP」はラダー抵抗型のDACで、全高調波歪率-92dB、ダイナミックレンジ96dBというスペックを持ち、直線性精度が高く低ノイズであったため、多くのCDプレーヤーに搭載されました。XL-V501では放熱板を取り付けて安定度を高めています。
このPCM54HPはシングルDACのため、マルチプレクサ「BU4053」でスイッチングし、左右のチャンネルに信号を振り分けています。

デジタルフィルターの「SM5806P」は、35次X2のFIR型フィルターで、CDの44.1kHzの倍となる88.2kHzでサンプリングを行い、高調波ノイズを可聴帯域外にシフト。24.1kHzで従来もよりもノイズの減衰量を約30dB改善しています。

デジタル回路とオーディオ回路の間にあるのが、オプティカルリンク(光伝送)です。デジタル回路からの信号はHP製の高速フォトカプラ「6N137」によって、光に変換することで、デジタルノイズを除去しています。

他にサンプルホールド、デグリッチ、ローパスフィルター、デエンファシス、ラインアンプ、ミューティングなどの回路があります。

オーディオ回路のコンデンサは、スチロールコンデンサが多く使われています。電解コンデンサは日本ケミコンのオーディオ用「AWD」。オペアンプはJRC「5532S」が使われています。

オーディオ回路 上: DAC バーブラウン PCM54HP
下: デジタルフィルター NPC SM5806P

デジタルフィルター NPC SM5806P 高速フォトカプラ HP 6N137


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカはVictor独自の、IS(Independent Suspension)メカニズムです。

底板に制振材を張ってメカのベース部とし、その上に大型のインシュレーション・ラバーを装着。メカとピックアップが載ったメカベース(メカシャーシ)を、4点支持でフローティングしています。

ピックアップは自社製の「OPTIMA-2」を搭載。このピックアップは3ビームのハイプレシジョンタイプで、追随性、応答性が優れています。
ピックアップのスライド機構はラック&ピニオンのギヤ式ですが、スレッドモーターとギヤの間にゴムベルトを使用し、モーターの振動がピックアップに伝わらないようにしています。


(メカのメンテナンス・修理)
スライド機構のゴムベルトは簡単に交換ができますが、トレイ開閉用のゴムベルトの交換は面倒です。
まず、ストッパーのネジを外してトレイをメカから引き抜きます。次にメカをシャーシから取り外します。メカの裏側にあるギヤをバラして、新しいゴムベルトをプーリーに巻き付け、ベルトの反対側を穴から出して、モーターのプーリーに巻き付けます。(細いベルトならギヤをバラさずに、ギヤに噛ませて中に入れることもできます。)

インシュレーション・ラバーは製造から20年以上がたち、硬化の症状も出てきますので、ゴムの保護剤などでメンテナンスをしたほうが良いかと思います。

ピックアップ「OPTIMA-2」のレーザー出力のボリュームは裏側にあります。
ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ・ドライブメカ

ピックアップ OPTIMA-2 制振材ベースとインシュレーション・ラバー

トレイ開閉用のゴムベルト


(出力端子)
リアパネルのアナログ出力は、固定と可変の2系統。また他の機器とのシンクロ用の接続端子やGND端子があります。デジタル出力端子は装備されていません。リモコンの型番はRM-SX701。
左からアナログ端子、シンクロ端子、GND端子

上: XL-V501(1986年11月発売) 下: XL-Z701(1987年3月発売)

スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz
全高調波歪率 0.0035%
ダイナミックレンジ 97dB
S/N比 100dB
消費電力 12W
サイズ 幅435×高さ100×奥行300mm
重量 5.5kg (実測重量 5.5kg)














Victor・ビクター XL-V501 B級オーディオ・ファン