TOP > PCオーディオ > FX-AUDIO- DAC-X4J


FX-AUDIO- USB-DAC DAC-X4J

2016年 2,980円


DAC-X4Jはノースフラットジャパン(NFJ)が、FX-AUDIOブランドから、2016年5月25日に発売したハイレゾ対応(24bit/96kHzまで)の、ヘッドフォンアンプ付きUSB-DACです。

2014年に発売されたDAC-X3Jの後継機となりますが、価格はDAC-X3J(4,200円)に対し、1000円以上安い2,980円。(発売時は2,780円→その後3,980円に値上げ→現在2,980円)


内部もDAC-X3Jを改良したものではなく、上級機のDAC-X4J(2015年モデル・4,980円)をベースに、USBレシーバーを変更しただけになっています。

これはNFJのブログにも書かれているとおり、DAC-X5Jの生産トラブルにより、発生した基板をキチンと処理を行い、リユースして低価格を実現したというものでした。ちなみに現在販売されている商品は、すべて新しいパーツを使っています。



DACはCirrus Logic(シーラス・ロジック)の24bit/192kHz・DAC「CS4344」です。

シーラス・ロジックは、もともとパソコン用のグラフィックチップを開発・生産していた会社です。1990年代にオーディオ用のDACとして、有名だったフィリップスから技術陣を引き継ぎ、現在では高音質のDACとして世界中のオーディオメーカーで使われています。

CS4344は2004年に発表されたデルタ・シグマ型のDACで、補間フィルター(デジタルフィルター)を内蔵。デジタル・デエンファシス機能などにより優れたクロック・ジッタ耐性を持っています。

スペックはダイナミックレンジが105dB、THD+Nは-90dBで、価格は2.2ドル(100個)ぐらいです。


USBのレシーバーは専用のICではなく、ヘッドセット用のCMedia CM108を使用しているため、その制限で16bit/48kHzまでとなります。

その代わり同軸端子と光端子用には、シーラス・ロジック製のデジタル・オーディオ・レシーバ「CS8416」を使用し、最大24bit/192kHzまでのハイレゾに対応になります。


ヘッドフォンアンプのオペアンプには、YAMAHA CD-S2000(168,000円)やCD-S1000(127,000円)など、ピュアオーディオ用のCDプレーヤーでも使用されていて、定評のあるTIのNE5532シリーズから「NE5532P」使用しています。

このオペアンプはソケット仕様なので、好みに応じてオペアンプを交換可能です。ボリュームは台湾アルファ電子工業製「B10K」です。

ヘッドフォンアンプでよく問題になるのが、ハイインピーダンスのヘッドホンですが、DAC-X4Jでは内部にゲイン設定のスイッチを設けており、32Ω〜300Ωのヘッドフォンに対応しています。


入力端子はUSB TypeB(1.1/2.0)、オプティカル角型端子(TOS-LINK)とコアキシャル同軸端子の3系統。

出力端子はヘッドフォン端子が3.5mmステレオミニ。ラインアウトはRCA端子で固定出力となっています。

電源はUSBバスパワーは使用不可で、外部電源での動作となるため、別途ACアダプタが必要です。
DC 12V/500mA以上が推奨で、DCジャックは外径5.5mm×内径2.1mm(センタープラス仕様)となります。



(USBのドライバーについて)
Win 98SE/ME/2000/XP以降のWindowsOS/Mac OS9/OSXの標準ドライバで動作。Windows 10でも問題なく動作します。

ドライバの名前は「C-Media USB HEADPHONE SET」と表示されますが、USBドライバとして使用できます。



(音質について)
買ったばかりの時は高音にキレがあり、シーラス・ロジックのDACの音だと感じますが、エージングが進むと落ち着いてきて、それらしさは消えてしまいます。

と言っても、この価格帯としてはすばらしい音で、エトリークラスのUSB-DACに多い、PCM2704の搭載モデルよりは各段に良いです。
価格が3倍以上もするRATOC REX-A1648HA1(10,400円)と比べても、音質的には圧勝です。


DDCを使って同軸端子でハイレゾを聴いてみましたが、音の傾向としては44.1kHzのPCMと同じで、ハイレゾらしい情報量の多さはそれほど感じられません。2,980円のUSB-DACですから、いたしかたないところです。

Audinst HUD-mx1RATOC RAL-24192UT1などと比べると、レンジの狭さや細部の再現などが気になりますが、価格差ほど音の差がある訳ではありません。とてもコスパが高いUSB-DACです。



フロント リアパネル



(内部について)
3,000円を切るUSB-DACですが、内部は手抜きはいっさいなし。それどころか、USBレシーバーの「CM108」と平滑用の電解コンデンサには、発信防止用に振動を抑えるゴムパーツが取り付けられています。


表面実装のパーツが多いですが、サイズが幅75×高さ30×奥行126mmと小さいことと、生産コストを抑えるためにはしょうがないところだと思います。




シーラス・ロジック
CS4344
12.288 MHz
クロック発振器

デジタルオーディオ・レシーバ
CS8416
USBインターフェース基板

ヘッドホンアンプ用の
オペアンプ NE5532P
ヘッドホン用の
ゲイン設定スイッチ

平滑用の電解コンデンサ
SANYO WX 16V・2200μF
ヘッドホンアンプの
電解コンデンサ ELNA製


FX-AUDIO- DAC-X4Jのスペック


入力データ 16bit/44.1kHz
24bit/48kHz/96kHz/192kHz
ダイナミックレンジ 105dB(DAC)
THD+N -90dB(DAC)
電源 外付けACアダプタのみ
サイズ 幅75×高さ30×奥行126mm
重量 205g



















FX-AUDIO DAC-X4Jの音質とレビュー  B級オーディオ・ファン