TOP > PCオーディオ > RATOC REX-A1648HA1


RATOC REX-A1648HA1

2012年 10,400円


RATOC REX-A1648HA1は、2012年12月に発売されたヘッドホンアンプ付の入門用USB-DACです。


ただREX-A1648HA1は発売された時が悪かった。この12月にはオーディオ雑誌「stereo」の付録として、LUXMAN LXU-OT2が発売されました。価格は雑誌込みで2,800円。
しかも使っているDACは同じTI製のPCM2704シリーズで、設計はLUXMANということになると、同じ価格にしてもケースの無いLXU-OT2が、売れてしまったかもしれません。


DACはTI製のバーブラウン「PCM2704C」を採用しています。一応PCM2704の後継モデルですが、マイナーチェンジで資料を見てもどこが変わったのか、よくわかりません。

PCM2704Cは16bitDACで、サンプリング周波数は32/44.1/48kHzに対応しており、初級向けのUSB-DACではよく使われているものです。USB用のインターフェースが内蔵されており、電源もUSBのバスパワーに対応しており、正確にいうとDACとUSB関連の機能が組合わさった統合チップとなっています。

ヘッドホンアンプはTI製の「TPA6111」を搭載しており、600Ωのハイインピーダンスのヘッドホンにも対応できます。


USB-DACではパソコンなどからのノイズの低減が、音質のポイントになりますが、EX-A1648HA1ではUSBバスパワー、ACアダプターからの電源を、コモンモードフィルタでノイズを低減し、ローノイズのLDOレギュレータで3.3Vを生成して、DACの電源として供給しています。

フロントパネルにはステレオ標準ヘッドホン端子と、ヘッドホン用ボリューム(ラインアウト出力兼用)があります。入力端子はUSBのみでタイプB端子です。出力端子はアナログRCAが1系統です。

電源はUSBバスパワー駆動に対応するほか、DCジャックから外部電源の供給を受けることが可能です。(ACアダプタは付属していません)
オプションのACアダプタは、RSO-AC05・3,240円や、RAL-AC05-03・13,000円などですが、電圧5V・500mAを供給可能なACアダプタ(φ4mm・センタープラス)が使用できます。

付属品はUSBケーブル(1m)とゴム足4個です。製造は台湾製です。


REX-A1648HA1の宣伝文句は、「PCM2704Cの最高の活かし方を実現した」ですが、これは同時期に発売されたLXU-OT2に、営業上対抗する意味もあったのかもしれません。



(音質について)
解像度はそこそこありますが透明感は今ひとつ。高音は弱いですが、もしかすると低価格のスピーカーないし、イヤホンでシャカシャカにならないように、チューニングしているのかもしれません。

中音〜中低音には、あきらかに山を持ってきています。そういう意味では聴きやすい音です。
低音はバスパワーだと少しブーミーですが、ACアダプタを使うとガラリと変り、タイトで量感のある低音になります。でもトータルとしてはエントリークラスのDACの音のままです。

USBバスパワーとACアダプタを使うのでは各段に音が違います。でもREX-A1648は価格が高いのにACアダプタが付属していません。ただでさえコスパがかなり悪いのに、ACアダプタも購入するとさらにコスパが悪くなります。

他のモデルとの比較では、LUXMAN LXU-OT2(2,800円)の音と比べると、トータル的にはそれほど差はないという感じですが、細部の表現などでは一部負けるところも出てきます。

でも設計が新しいFX-AUDIO- DAC-X4J(2016年・2,980円)と比べると、音的には「完敗」というあり様で、もう存在意義さえ無いという感じです。※その後、ほどなくしてREX-A1648HA1は廃番となりました。





(内部について)
ピュアオーディオをやっている人たちからは、思わず「スカスカ」と言われてしまうような基板です。

回路はシンプルで、オペアンプはソケット式ではありませんし、電解コンデンサなどパーツが少ないなど、2,800円のLXU-OT2と比べても見劣りします。電源やUSBに対してのノイズ対策は、1万円という価格からすれば「手抜き」と言われてもしょうがないレベルです。

後にこのREX-A1648HA1の内部基板は、自作キット用の基板「REX-K1648U」として7,980円で販売されました。


RATOCだったから騒がれなかったものの、FX-AUDIO(NFJ)あたりが、こんなものを出したら「ぼったくり!!」とかネットで炎上してしまいそうです。

実際にFX-AUDIO- DAC-X4J(2,980円)と内部を比べても、基板の部分のコストはDAC-X4Jの半分ぐらいしか、かかっていないかもしれません。

もっともパーツの値段がわかる人は、このDACは絶対に買わないと思います。(ちなみに私は本体をオークションで、1/4ぐらいの価格で入手しました。)


ケースの内部 バーブラウン「PCM2704C」

ヘッドホンアンプ「TPA6111」 LDOレギュレータ


RATOC REX-A1648HA1のスペック


入力データ 16bit
44.1kHz/48kHz
周波数特性 20Hz〜20kHz(44.1kHz動作時)
高調波歪率 0.005%(ラインアウト出力)
0.02%(ヘッドホン出力・32Ω)
S/N比 97dB以上
ダイナミックレンジ 98dB
ヘッドホン出力 90mW×90mW 32Ω
電源(ACアダプタ) DC5V センタープラス
サイズ 幅111×高さ41×奥行78mm
重量 235g


















RATOC REX-A1648HA1の音質やレビュー  B級オーディオ・ファン