TOP > PCオーディオ > FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO


FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO

価格 3,480円


FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PROは2017年10月19日に発売されたデジタルアンプです。
2017年6月に発売されたFX202A/FX36Aの後継モデルとなります。カラーはブラックとシルバー。


FX202A/FX-36Aは、このクラスのベストセラーであるS.M.S.L. SA-36A PROのライバル機として開発され、商品の宣伝の際に両者の内部写真をを並べる比較広告を行ったり、型番も似せるなど強く意識したモデルとなっています。

心臓部となるデジタルアンプICもSA-36A PROと同じ、STマイクロ製の「TDA7492PE」を搭載しており、最大出力は48W×48W(4Ω)とSA-36A PROをはるかに上回りながら、価格は2,980円(税抜)と2/3程度に抑えられていました。

FX202A/FX36Aの上級機となる、FX98EもS.M.S.L.SA98Eの対抗機で、こちらの価格は5,980円(税抜)と、SA98Eの実売価格の半分となっています。

FX202A/FX-36A PROは改良型となりますが、回路そのものには変更がなく、メイン基板の材質と、デカップリング用の電源コンデンサの変更が行われています。
メーカーのNFJによると、基本的な音の傾向やセッティングはFX202A/FX36Aで、キッチリ決まっていたので、音質に関する部分は調整しなかったようです。

ただ価格は2,980円ではさすがに利益が出ないということで、500円値上げして3,480円となりました。



FX202A/FX-36A PROは、回路としてはシンプル&ストレートです。前述のようにSTマイクロ製のデジタルアンプIC「TDA7492PE」を搭載。入力カップリング部にBCコンポーネンツ製のベルギー生産特注仕様の高耐圧太銅リードフィルムコンデンサーを使用。

出力段にはオーディオ用のTDK-EPCOS製フィルムコンデンサ。電源平滑回路部には日本ルビコン製高周波低インピーダンスグレードのYXGシリーズ電解コンデンサーなど、要所には高音質パーツを使用しています。
出力は48W+48W(4Ω)とSA-36A PROの倍以上あり、ローパスフィルタには大電流対応の防磁インダクターが使われています。

また底板には出力ゲインの設定スイッチがあり、20.8dB/26.8dB/
30db/32.8dBの4パターンのベースゲインを切り替えられます。デフォルトは20.8dB。

ACアダプタは別売で、電源はDC 12V〜24V、電源容量2A以上が推奨となっています。


NFJには「TA2020」を搭載した旧FX202A(現FX202J)がありますが、これとは型番は同じですが中身は全くの別物。旧FX202Aは強力な電源部を持っており、使用しているパーツもFX202A/FX-36A PROよりも1〜2ランク上の物が使われています。

実はライバル機のS.M.S.L. SA-36A PROも同じで、SA-36Aの頃はかなりコストがかけられたアンプでしたが、現行モデルのSA-36A PRO・2015年モデルは、パーツを削ったり、グレードを落とすなどして、コストダウンが図られています。


兄弟機のFX252AはいわばFX202A/FX-36Aの出力強化版で、最大出力は68W×2。これに対応するために「TDA7492PE」にヒートシンクを取り付け、インダクターはTDK製に変更されています。

NFJが公開した特性データによるとS/N比はFX202AもFX252A同じですが、全高調波歪率(4Ω)はFX202Aが0.068%に対し、FX252Aは0.019%とかなりの差が出ています。
このあたりはローパスフィルタのインダクタの能力の差が、まともに数字に出ているのかもしれません。



(ACアダプタの違いについて)
電源はDC 12V〜24Vまでの対応なので12V、15V、24VのACアダプタを付け替えて試してみました。

結論としては、24Vにしたからといって音が良くなるとか、低音が出るということはありませんでした。
ボルト数の違いよりも、ACアダプタの中の電源回路の良し悪しによって音質に差が出るという、当たり前の結果になりました。



(音質について)
ライバル機のS.M.S.L.SA-36A PROと比べると、高音や細かい音はFX202A/FX-36A PROの方がよく出ます。逆に低音はSA-36A PROが出ています。

出力はFX202A/FX-36A PROのほうが高いのですが、SA-36A PROはメリハリが強いので、音源によっては馬力が上のようにも感じます。

音楽のジャンルは、FX-36A PROよりは少し柔らかめのサウンドなので、幅広いサウンドに対応できますが、ロックやJPOP、アニソンではメリハリがある.SA-36A PROの方が、良いという場合も出てくると思います。

もしジャズやクラシックがメインというのなら、どちらにしても、もう少し上のクラスのアンプが、欲しいところだと思います。それでもBreeze Audio TPA3116鎌ベイアンプ SDA-1000なんかよりも、こちらの方が断然良いですが。


気になるところは、スピーカーとの相性が出やすい部分もあり、音源によっては少しボリュームを上げてやらないと、ちゃんとした音が出てこない時があります。
これは、オーディオという趣味の中では「よくある事」で、スピーカーだけでなく、ヘッドホンでもよくあります。

メーカーから言うとそういうこともあるので、出力ゲインのスイッチを付けました。ということなのかもしれません。


実力的にはS.M.S.L.SA-36A PROと拮抗しており、それでいて実売は1,000円安い。お買い得なデジタルアンプだと思います。



左:FX202A/FX-36A PRO  右:SA-36A PRO


(フロントパネルとリアパネル・ケース)
フロントパネルは6mm厚のアルミ材で、カラーはシルバーとブラックがあり、パネルもケースもヘアライン仕上げです。

S.M.S.L. SA-36A PROと比べると奥行はほぼ同じで、高さはSA-36A PROが少し高く、幅はFX202A/FX-36A PROが少し広いです。

パネルには電源スイッチとボリュームのツマミがある一般的なデザイン。電源を入れると、スイッチの下の赤いパイロットランプとボリュームの周りが青く光ります。

リアパネルのRCA端子は金メッキがされています。スピーカー端子はこのクラスのデジタルアンプとしては、標準的なものですが端子としては安物の部類になります。

スピーカーケーブルを通す穴が小さいので、細いケーブルしか使えません。また端子の間隔が狭いので取り付け作業がやりにくいです。実質的にはバナナプラグ専用と考えたほうがよいです。

DCインは12V〜24Vでセンタープラスです。

フロントパネル リアパネル

アンダーパネル 出力ゲインの設定スイッチ


基板

デジタルアンプIC
STマイクロ TDA7492PE
BCコンポーネンツ製
高耐圧フィルムコンデンサー

EPCOS フィルムコンデンサ ルビコン YXG 1800μF


FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PROのスペック

最大出力 48W+48W(4Ω)
高調波歪率 0.068%(4Ω)、0.035%(8Ω)
S/N比 93dB(4Ω)、92.5dB(8Ω)
スピーカー
インピーダンス
4Ω〜16Ω
電源(ACアダプタ) 12V〜24V センタープラス
サイズ 幅99mm×高さ33mm×奥行123mm
重量 325g














FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PROの音質やレビュー  B級オーディオ・ファン