TOP > 使っているオーディオ



Technics SL-P999 1988年 定価69,800円

テクニクスのSL-P999は1988年10月に発売されたCDプレーヤーです。型番からいうとSL-P990(1987年・89,800円)の後継機ということになるのですが、価格が2万円安くなった分、中味のほうもグレードダウンしています。

テクニクス独自の4DACシステムにより、D/A変換時のゼロクロス歪みが発生しません。この4DACシステムは専用のプロセッサを使った仕組みですが、基本的にはSL-P990と同じもので、それを「4DAC・リニア20ビットシステム」と全く新しいシステムのように、名前をつけてしまうのですから松下(現パナソニック)は宣伝がうまいです。
下級機のSL-P777のカタログでの文章は1bitDACを「18bit・4DAC」とごまかしたり、ありもしないものを「搭載」と書いたり酷い内容でしたが、このSL-P999のカタログの文章も大差ありません。

D/AコンバータはSL-P990と同じ16bitDACのバーブラウンPCM56P(1988年の最新DACから見ると1世代前)を使用しています。これに加えて残り4bit分をオペアンプを使った簡易なDACで変換して、PCM56Pの16bitと合成して20bitにしています。

この方式ではPCM56PでD/A変換した信号と、オペアンプでD/A変換した信号とは精度が違いますし、オペアンプのDACは周波数特性や温度特性、歪みなどがPCM56Pより悪いので、音質的にはマイナス要素となります。デジタルフィルターは8倍オーバーサンプリンクのものを使用しています。

オーディオ回路や電源回路はSL-P990よりパーツを削減して簡素化。メカはSL-P555などとも共通の低コストバージョン。電源トランスも1つとなり、TNRCやシャーシなどの振動対策は簡素化されたため、重量も約半分の6kgとなってしまいました。

これはあくまでSL-P990と比べるとの話で、実際は中味からいうとSL-P990の後継機ではなく、SL-P770(1987年・59,800円)の後継機というのが本当のところです。

実は同時期に発売されたSL-P777以下の機種は「リニア18bit4DAC」と名付けながら、すでに1bitDACのMASHを搭載しており、テクニクスの軸足はすでに「1bit」へと移っていました。 そのためテクニクス最後のマルチビット機とはいうものの、内容的には中途半端なものでした。
たぶんSL-P999が作られたのは、SL-P770がヒットしたことから「2匹目のドジョウ」を狙ったのと、いわば「社運」をかけた1bitDACの搭載機が、コケた時の保険という意味あいもあったのではと思います。


(音質について)
テクニクスサウンドで少し明るめの音です。MASHを搭載したSL-P777と比べると落ち着いた音で低音もよく出ます。

1988年は競争が激しくCDプレーヤーの進歩もすごかったので、SL-P990にかなり肉薄しているかとも思いましたが、音はちょっと差があります。
音の密度や中低音の厚みはSL-P990のほうが上で、SL-P999は少し薄味でメリハリでそれをカバーしている感じ。解像度はSL-P999が20bitに対しSL-P990は18bit(フローティング動作)なのですが、SL-P999は細部が少しつぶれてしまうような感じで、SL-P990のほうが音の輪郭がしっかりしています。このあたりは20bitといってもオペアンプでD/A変換している弊害かもしれません。音場はSL-P990より少し狭い程度です。

物量時代のプレーヤーにも関わらず、メカや回路などだいぶケチったという感じもありますが、その割にはうまくまとめたという感じもします。ただ、この年は59,800円クラスが力作揃いで、「4DAC・20bit」ということを忘れて、音だけで比べると1万円の価格差は無いかもしれません。


(フロントパネル)
フロントパネルのデザインはSL-P990を踏襲したものでSL-P777と共通です。トレーの前面はRが付けられ、その上にはSL-P990では廃止されていた、CDの回転している状況が見える照明付きの「窓」が復活しました。

ディスクのサーチはSL-P990ではジョグダイヤルでしたが、SL-P999とSL-P777では丸い形は同じですが回転はしない左右4ポジションのスイッチとなっており、4段階(1/8倍速から76倍速)のスピードでサーチが可能です。
ディスプレイはピークレベルとプレイングポジションが表示できます。またディスプレィのON/OFFも可能です。


動画の音はビデオカメラの内蔵マイクで録音しているため、音質は良くありません。


(内部について)
シャーシはSL-P777と共通です。ベース部分はTNRC(テクニクス・ノンレゾナンス・コンパウンド)と呼ばれるものです。SL-P990では材質が異なる素材を組み合わせた5層構造となっていましたが、SL-P999では樹脂と鋼板による2層だけになっています。実測重量は5.9kg。

内部は左側にピックアップ・ドライブメカと電源トランス。メカの下にサーボ回路の基板があります。右側のメイン基板には電源、信号処理、システムコントロール、オーディオなどの回路があります。

ジャンパー線が多いので一見するとパーツ数が多くみえますが、実際にはそれほどでもなく他社の「598」クラスとさほど変わりません。

天板 TNRCの底板


(電源回路)
電源トランスはSL-P990はデジタルとオーディオ用のものが2個搭載されていましたが、SL-P999は同じサイズのものが1個あるだけです。つまり電源供給能力は半分しかありません。

トランスはデジタルとオーディオの別巻線になっており、電源回路もデジタルとオーディオの独立電源です。ただしレギュレーターの数が少ないので、そこから先はあまり系統を分けていないようです。

オーディオ側の電源回路はオペアンプを使った普通のアクティブ電源ですが、「ディスクリート・ローノイズ・アクティブサーボ電源」という、カッコイイ名前がつけられています。

電解コンデンサはオーディオ用の回路がニチコンのMUSEで16V・2200μFが2本、デジタル用の回路が松下製の一般品16V・3300μFが2本などです。ちなみにカタログには「大容量の電解コンデンサ」と書かれていますが、ちっとも大容量ではありません。
電源ケーブルはめがね型コネクタです。
電源トランス ディスクリート・ローノイズ
アクティブサーボ電源


(デジタル回路 サーボ・信号処理・システムコントロール)
デジタル回路は基板こそ違いますが回路自体はSL-P777とほぼ同じです。

サーボ回路はメカの下に取り付けられアッセンブリー化されています。これはフィリップスのCDMメカと同じ発想で、メカと同様に下級機のSL-P777、555、333と共通です。
フォーカスやトラッキングなどピックアップ用のサーボ制御は、自社製のチップ「AN8373S」「AN8374S」で行っています。BTLドライバーは「AN8377」です。

サーボ調整用のボリュームもメカの下にあるため、ディスクの再生中はトレイに隠れて調整が出来ません。そのためボリュームを少し回しては、ディスクを再生するという作業を繰り返さないとなりません。
ただ、この時期のテクニクスのCDプレーヤーの、サーボ回路に使われているコンデンサ(松下製)は耐久性が悪く、これが原因でディスクが読みとれないこともあります。

信号処理用のチップは、復調や誤り訂正などとスピンドル用のサーボ回路が、1パッケージに収まった自社製の「MN6622」を使用。16bitRAMはサンヨー製の「LC3517BML15T」を使っています。システムコントロール用のマイコンは「MN1554PEZ-1」で、これらもSL-P777と同じです。
デジタル回路 メカの下のサーボ回路

サーボ調整用のボリューム

左からトラッキング・オフセット(VR103)、トラッキング・ゲイン(TR G・VR102)、フォーカス・ゲイン(FE G・VR104)、フォーカス・オフセット(VR105)、フォーカス・バランス(FO B・VR101)、トラッキング・バランス(TR B・VR106)。

信号処理 松下「MN6622」 RAM サンヨー「LC3517BML15T」


(オーディオ回路)
D/Aコンバーターは16bitDACのバーブラウン「PCM56P」です。バーブラウンは1988年には18bitDACの「PCM58P」をリリースしており、PCM56Pは一世代前のDACとなります。ただPCM56Pは音質の良いDACです。

当時はハイビット競争が行われておりYAMAHAは22bit、DENONは20bitなど、bit数の多さを売り物にしていました。ただしCDプレーヤーに使える20bitDACはまだ無く、各社ともに既存の18bitDACや16bitDACに別のDACを付け足して22bitや20bitとしていました。

テクニクスが使った方法はビクターがXL-Z711で採用していたた「ディスクリートDAC」という方式です。これは付け足しとなるDACをオペアンプと抵抗やコンデンサで作るもので、メリットとしてはコストが安いことと設計・製作が簡単なことです。
デメリットとしてはメインとなるDACと付け足しのDACでは変換精度に差があること、周波数特性や歪率が違うこと。また動作時の温度特性などの違いも問題となりました。

これらの問題を嫌いDENONとKENWOODは、付け足しとなるDACを専用チップで作っています。またビクターはディスクリートDACの周りに高音質パーツを投入するという方法で、音質の劣化をくいとめています。

SL-P999はサービスマニュアルの回路を見ると、4DACプロセッサ(MN53015)で17bit、18bit、19bit、20bitと1bitずつ切り出しているものの、ただの結線によりこれらデータ(上位4bit分)を合成。オペアンプ(M5238FP)と抵抗を使った簡易なDACで変換しており、音質対策は何も見当たりません。
ましてPCM56Pは片チャンネルに2個ありますが、オペアンプのDACは1個しかありません。ただでさえ変換精度が違うのに、これでは余計に差が出てしまいます。

またSL-P999ではD/A変換時に発生するグリッチノイズを削減する「サイレント・デグリッチ回路」を搭載しています。ところがPCM56Pは「グリッチレスDAC」と呼ばれたグリッチノイズが極めて少ないDACです。もしかすると、この回路はオペアンプのDACで発生するノイズを取るために、搭載しているのかもしれません。

DACの後ろのオーディオ回路を見ると他社の同世代のCDプレーヤーと同じくらいのパーツ数ですが、SL-P999ではここに

1.MSBの調整
2.オペアンプのDAC
3.サイレント・デグリッチ(サンプルホールド兼用)
4.デエンファシス
5.差動合成
6.ローパスフィルター
7.ラインアンプ
8.ミューティング

といった回路が詰まっています。基板の裏側には片チャンネルあたり、4つのオペアンプと1つのゲインコントローラーがあり、これをフルに使ってひとつひとつの回路は必要最小限のパーツで構成しています。もちろんパーツ数を減らして音質の向上を狙ったといったものではなく、コストダウンを重視した回路です。

デジタルフィルターはNPC製の20bit・8倍オーバーサンプリングの「SM5813」。オペアンプは三菱製の「M5238FP」とJRC「5532」が使われています。ヘッドホン回路のオペアンプは「M5218FP」です。
オーディオ回路 4DACプロセッサ MN53015

DAC バーブラウン PCM56P デジタルフィルター NPC SM5813


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカはSL-P777、555、333と共通です。リニアモーターを採用しているため高速アクセスが可能ですが、全体的に樹脂を多用しており振動対策からみると、他社の「598」クラスと比較しても見劣りがします。
このメカはもともとエントリーモデルのSL-P150用に作られたものを手直したものなので、69,800円という価格のプレーヤーには役不足です。

チャッキングアームは強化樹脂製で肉厚もあり強度はあります。
ピックアップは自社製の「SOAD70A」。光効率が良い独自の1ビーム方式で、ピックアップレンズには非球面の一体成型ガラスレンズを採用し、優れた信号読み取り能力を持っています。
スピンドルモーターはSL-P990はBSLモーターですが、SL-P999は普通のDCモーターです。


(メカのメンテナンス・修理)
トレイ開閉用のゴムベルトの交換は、まずトレイを開いた位置にして、ストッパーを解除してチャッキングアームを外します。次にトレイを引き抜くとトレイ開閉用のメカが現れます。

ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ・ドライブメカ

ピックアップ SOAD70A トレイ開閉用のゴムベルト



(出力端子とリモコン)
アナログ出力は固定が1系統、デジタル出力は光学1系統となっています。フロントパネルにデジタル出力のON/OFFスイッチがあります。専用リモコンはEUR64727。
出力端子

上:SL-P999(1988年) 下:SL-P990(1987年)

周波数特性 2Hz〜20kHz ±0.3dB
全高調波歪率 0.0023%以下
ダイナミックレンジ 100dB以上
S/N比 113dB以上
チャンネルセパレーション 110dB以上
消費電力 12W
サイズ 幅430×高さ126.5×奥行338mm
重量 6.0kg (実測重量 5.9kg)












Technics・テクニクス SL-P999 B級オーディオ・ファン