TOP > イヤホンの音質比較 > JVC HA-FXH20


JVC HA-FXH20のレビュー


オープン価格 実売2,980円〜4,600円


JVC HA-FXH20は2014年10月発売で、HA-FXD70の後継モデルとなります。
カラーはブラック、ゴールド、シルバーの3色。

HA-FXH20の見た目はバランスド・アーマチュア(BA型)のような形ですが、小型のドライバーユニットを搭載したダイナミック型のイヤホンです。


売上不振が続くオーディオ製品の中で、唯一好調を維持しているのはヘットホン・イヤホンだけと言ってもよい状況で、各社が新しい技術を次々に開発し、新製品を投入しています。

そんな中でJVCが開発したのが、「ダイレクトトップマウント構造」です。2008年8月発売のFXC70、FXC50に初めて搭載され、当時は「トップマウント構造」と呼ばれていました。

ダイレクトトップマウント構造は、従来のダイナミック型のイヤフォンが、ボディの中にドライバーユニットを設置し、音筒というノズルとイヤーピースを通して鼓膜に音を伝えていたのに対し、ノズルの先端にドライバーを配置した構造になっています。

ドライバーが先端にあることで、ノズルの中で音の共鳴が無くなり、ドライバーの先にあるのはイヤーピースだけとなるので、音をダイレクトに鼓膜に伝えることができます。


HA-FXH20の特徴について


JVC HA-FXH20の「新ダイレクトトップマウント構造」は、構造だけを見ると従来のダイレクトトップマウント構造と変わりはありません。この構造のメリットは、高い解像度と遮音性を得られることです。

逆にデメリットは、チューブの先端に納まるドライバーユニットということで、振動版(ダイヤフラム)の直径が小さくなることです。
一般的には振動版が小さくなればなるほど、広い周波数帯域の再生が難しくなり、特に低音が出にくくなります。


HA-FXH20で使われているのは、新しく開発された「Hi-SPEEDマイクロHDユニット」という、口径5.8mmという小型軽量のドライバーです。

名前のとおり振動板の反応速度を向上(ハイスピード)されるのを目的に開発されたドライバーで、チタンコート振動板とボイスコイルの反応速度を向上させるダブルマグネット構造を採用しています。

ダブルマグネット構造はラディウスやパナソニック、エレコムなどのイヤホンにも搭載されています。これらに使われたのは、ボイスコイルの前にマグネットを置き、磁束漏れを閉じ込めて、磁束密度を高めて感度を上げるという方式です。

JVCの方式はボイスコイルの後ろにマグネットを配置して、ボイスコイルへ磁力を収束させ、より高い磁力の状態を作り出すことで、反応速度を高めています。


振動版に耳垢や汚れが付くと、キチンと音が再生できなくなるため、音筒の先端部にはメタルキャップを取り付けています。ドーム形状にすることで、共振を抑制しています。

ボディには耳にフィットしやすい形状の、エラストマー樹脂を使ったフィットサポートを装備しています。


シリコンイヤーピースはS、M、Lの3サイズ。

コードは1.2mのY型コードで、プラグは24金メッキのL型ステレオミニプラグです。



HA-FXH20の音質について


5.8mmという小さなドライバーユニットですが、キッチリと低音が出ます。締まりがあり量感もPanasonic RP-HJX5などよりも上です。

高音は解像度がありますが、ドンシャリにしたくないのか音量は抑えられています。このため音が刺さるということはありません。ボーカルの輪郭はやや甘めの感じがします。

音楽のジャンルはクラシック、ジャズ、ロック、JPOPとオールラウンドに使えます。


ケーブルのタッチノイズはやや大きめです。



HA-FXH20のフィット感について


ボディが軽くステム(音筒・チューブ)部分が長いので耳にちゃんと収まります。またフィットサポートも付いているので、キチンとフィットします。



JVCのその他のイヤホンのレビュー

HA-FX33X  HA-FX3X  HA-FX12



HA-FXH20-S シルバー




JVC HA-FXH20のスペック


装着方式 カナル型
構造 密閉型
駆動方式 ダイナミック型
ドライバーユニット 5.8mm
再生周波数帯域 10Hz〜25,000 Hz
出力音圧レベル 102 dB/1 mW
最大入力 150mW(IEC)
インピーダンス 20Ω
コード 1.2 m(Y型)
プラグ 3.5mm 24金メッキL型ステレオミニプラグ
重量 4.0g(ケーブル除く)
付属品 イヤーピース S、M、L
クリップ














JVC HA-FXH20の音質とレビュー・評価 B級オーディオ・ファン