TOP > イヤホンの音質比較 > JVC HA-FX33X


JVC HA-FX33Xのレビュー


オープン価格 実売3,500円〜5,000円


JVC HA-FX33Xは人気モデルHA-FX3Xの後継機で、2014年10月発売。カラーはブラック、ブラック&レッド、シルバー、レッド、レッド&ブラックの5色に増えました。

HA-FX3Xとデザインは同じで変っていません。バスポートなどの仕様も同じ、スペックも同じです。ただJVCが言うように音は変わりました。もしかするとドライバー部分に何らかのチューニングをしたのかもしれません。



HA-FX33Xの特徴について


JVC HA-FX33Xはカナルタイプのイヤホンです。ダイアフラムは10mmのカーボン振動板を採用しており、これを駆動するドライバーは磁力の強いネオジウムマグネットを使用しています。


独自の音響構造を持つ「エクストリームディープバスポート」を搭載しており、パワフルでクリアな重低音を再生します。


ボディは音質に影響する振動を抑えるメタルボディです。ぶつけた時にハウジングを衝撃からガードするエラストマー素材の、「タフ」ラバープロテクター装備しています。


ボディは大きめですが、快適に装着できるように、音筒部に最適な角度をつけた「エルゴノミックアングルドフォルム」を採用しています。


コードの導体には伝送特性に優れたOFC(無酸素銅)を使用しています。長さは1.2m(Y型)で、長さを調節できるコードキーパーが付属しています。


3サイズ(S、M、L)のシリコンイヤーピースと、携帯に便利なハードキャリングケースが付属しています。



HA-FX33Xの音質について


サウンドとしてはHA-FX3Xと同様に、低音をメインにおいたサウンドです。

いわゆる「ドンシャリ」系の音ですが、弱点ともいえた高音の出かたや解像度が、改善されているのでバランスは良くなり、音楽のジャンルへの適応力は広がりました。

でもバランスをとった分、HA-FX3Xの特徴だった重低音は弱くなっており、その「良さ」が消えてしまった感じです。悪く言えば、どこにでもある音になったというか、逆に中途半端になつた感じもします。

もしかしたらHA-FX33Xのこのあたりが嫌われて、いまだにHA-FX3Xが売れているのかもしれません。


HA-FX3Xの音はロック、ヒップホップ、JPOP、アニソンなど向けという感じでしたが、HA-FX33Xではそれに加えてクラシックやジャズも聴けるようになりました。

ただ、あくまでも聴けるようになったという話で、クラシックがメイン、ジャズやボーカルがメインという人たちには向きません。他にこれらに向くイヤホンはいくらでもあります。



HA-FX33Xのフィット感について


ボディは大型ですがそれほど重いという訳ではなく、フィット感は悪くありません。



JVCのその他のイヤホンのレビュー

HA-FXH20  HA-FX33X  HA-FX12



HA-FX33X-RB レッド&ブラック







JVC HA-FX33Xのスペック


装着方式 カナル型
構造 密閉型
駆動方式 ダイナミック型
ドライバーユニット 10mmネオジウム
再生周波数帯域 5 Hz〜25,000 Hz
出力音圧レベル 104 dB/1 mW
最大入力 200mW(IEC)
インピーダンス 16Ω
コード 約1.2 m(Y型) OFC導体
プラグ 3.5mm 24金メッキステレオミニプラグ
重量 6.2g(ケーブル除く)
付属品 シリコンイヤーピース(S、M、L)
コードキーパー
キャリングケース
















JVC HA-FX33Xの音質とレビュー・評価 B級オーディオ・ファン