TOP > 使っているオーディオ > TRIO/KENWOOD DP-1100


TRIO/KENWOOD DP−1100

    1983年 定価149,800円


TRIO(KENWOOD)のDP-1100は、1983年11月に発売されたTRIOにとって2号機となるCDプレーヤーです。当初発売されたのが写真のシルバーモデルで、ブラックモデルは1ヶ月後に発売となったようです。

TRIOの1号機L-03DPは「KENWOOD」ブランドで発売され、DP-1100の後に発売されたDP-1100UやDP-900、DP-700もまた「KENWOOD」で発売されたため、結局TRIOブランドで発売されたCDプレーヤーは、この「DP-1100」だけとなります。

DP-1100のライバル機はSONY CDP-501ES(168,000円)、Technics SL-P8(150,000円)、DENON DCD-1800(DENONの自社開発1号機・159,000円)、SANSUI PCV-1000(SANSUIの自社開発1号機・158,000円)など。


TRIOのCDプレーヤー1号機 L-03DPは、Aurex(東芝)との共同開発機でした。といってもメインの開発は東芝側で行われたたおり、中味もXR-Z90とほとんど同じでした。
このDP-1100は事実上、自社開発の1号機となります。まだ東芝との協力関係は続いており、メカなどは同時期に発売されたAurexの2号機XR-Z70と同じものを使用しています。また半導体など東芝製のパーツもたくさん使われています。

DP-1100はL-03DPが垂直ローディング・垂直ドライブだったのに対し、一般的な水平ローディング・水平ドライブのメカを採用しています。ピックアップは、高精度レンズや応答特性の優れた2次元アクチュエーターを持つ、1ビームの東芝製「OPH-32」を搭載しています。

D/Aコンバータは16bitの積分型を採用しています。D/A変換の精度を保つために、専用の定電流回路を開発し、安定した電流を供給しています。また電源回路はデジタルとアナログ部を独立電源として、オーディオ回路へのデジタル部からの干渉を防いでいます。

サーボ回路は「オプティマム・サーボコントロール」です。この名前はKENWOODのサーボ回路の名称として、代々受け継がれて行きます。
回路はディスクのキズやホコリを自動的に検知して、サーボ量をコントロールするというもので、検知(エラー検出)の方法は基本的にはL-03DPと同じですが、回路設計は大幅な見直しが行われ、コンパクトでかつ精度や信頼性の高い回路となっています。

プログラムや再生の機能では、曲の頭出しが瞬時にできる多機能DPSS(ダイレクト・プログラム・サーチ・システム)や、16曲までのプログラムメモリーを搭載しています。


DP-1100の価値は、もはや絶対数が少ない「TRIO」ブランドのCDプレーヤーだということです。
1号機であるL-03DPの稼働機(音がでるもの)は、かなり少なくなっており、このDP-1100も1年遅れの製品ですから、同じような状況だと思います。持っている方は大切にしてあげてください。

※KENWOODは、DP-1100の後も東芝に対してAurex XR-V52(1985年)などを、OEM供給するなど協力関係を続けたようです。



(音質について)
積分DACならではの暖色系の音を聴かせてくれます。レンジや音場は狭いですがボーカルなどの定位は良いです。
15万円という価格は付いていますが、まだ2号機ですので音としては発展途上の段階。解像度や透明感など、いろいろと求めるのは無理です。
それでもDP-2000DP-1000(1985年)と同じ傾向の音で、KENWOODのサウンドが出来上がっていたことが解ります。


(フロントパネル)
フロントパネルのデザインは、以後のKENWOODのCDプレーヤーのデザインの母体となるもので、1996年のDP-1100D/990Dまで踏襲されていきます。カラーはシルバー以外にブラックもありました。

ディスプレイは数字を表示するFL管が細いので、少し離れると見にくいです。


動画の音はビデオカメラの内蔵マイクで録音しているため、音質は良くありません。


(シャーシと内部について)
シャーシは強度を高めるためのビーム(はり)構造を採用しています。またオーディオ回路とデジタル回路を分けるシールド板なども装着されています。こういったシャーシの構造は、1980年代の終わりまで引き継がれていきます。

内部は左側がメカと電源トランス。右側の基板は2階建てで、1階に信号処理の回路とオーディオ用電源。2階にはサーボ回路とデジタル用の電源。一番奥のタテにマウントされているのががオーディオ回路となっています。

設計自体はどちらかというと音質よりも、低コスト化や信頼性に重きを置いています。水平メカによって読み取りの精度が向上、安定化させている一方で、L-03DPに比べると電源回路が貧弱になっています。
それでも、ライバルとなるDENON DCD-1800やONKYO DX-30よりも、かなり洗練された設計であり、当時のKENWOODの技術力の高さがわかります。



(電源回路)
電源回路はデジタルとアナログ部を独立電源とし、オーディオ回路へデジタル部からの干渉を防いでいます。

DP-1100は積分型DACを搭載しているため、DACまわりの電源が、D/A変換の精度を保つためのポイントとなります。そこでDAC専用の定電流回路を開発し、安定した電流を供給しています。

現在では必需品である、家庭用電源からのノイズを減衰するノイズフィルターも、すでに装備しています。
電源トランス 右側部分が電源回路

NEC製の3端子レギュレーター 7805型 ELNA製のコンデンサ


(デジタル回路 サーボ・信号処理・システムコントロール)
サーボ回路と信号処理回路は、大幅な見直しが行われてL-03DPに比べると大幅にスッキッリしました。

サーボの制御回路に使われているチップは、東芝製のセミカスタムIC「TC15G008」です。これにロジックを組み込みサーボをコントロールしているようです。この頃はまだサーボ制御の専用チップがほとんど無く、各社ともにマイコンやカスタムICなどを使ってサーボ制御を行っていました。

信号処理回路は東芝製のマイクロ・コントローラなど、5つのチップで復調や誤り訂正などを行っています。
サーボ回路 東芝 TC15G008

東芝製のNMOS 4bit・マイクロコントローラ
 TMP4740N


(オーディオ回路)
D/AコンバーターはSONY製の16bit積分型DAC「CX20017」です。DACの後ろにはスィッチング回路やサンプルホールド、積分器などがあり、ローパスフィルターはモジュール式です。

コンデンサはELNA製、他に銅スチロールコンデンサーなども使用されています。オペアンプはTI製で「0720P」と「NE5532P」。
オーディオ回路 DAC SONY CX20017

積分、スィッチング、サンプルホールド回路 両側の銀色のものがモジュール式のローパスフィルター。ラインアンプのオペアンプはNE5532P。ミューティングリレーはOMRON G2V-234P。


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカはチャッキングアーム式です。この方式は1980年代によく使われた方式ですが、このメカは最初期ということで、何となく頼りない作りです。

ピックアップは1ビームの東芝製「OPH-32」を搭載しています。レンズには収差の少ない高精度レンズを採用。レーザー光線をディスクのピットに正確に当てるため、サーボの制御信号への応答特性に優れた2次元駆動アクチュエーターも装備しています。
トラッキングエラー検出は4分割ディテクターの時間差検出方式、フォーカスエラー検出は反射型の臨界角検出となっています。

ピックアップのスライド機構はギヤ式です。フロントパネルに対して直角ではなく、斜めに取り付けられています。

まだメカのフローティング機構はありません。俗にいうリジットです。トレイの開閉はギヤのみで行われているので、ゴムベルトはありません。
ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ・ドライブメカ

ピックアップ 東芝 OPH-32


(出力端子)
出力端子はアナログ固定が1系統のみです。リモコンはオプションではなく標準装備となっています。
出力端子

上:DP-1100(1983年)  下:DP-1000(1985年)


TRIO DP-1100のスペック

周波数特性 2Hz〜20kHz±0.5dB
高調波歪率 0.0015%
ダイナミックレンジ 95dB以上
S/N比 95dB以上
チャンネルセバレーション
消費電力 23W
サイズ 幅440×高さ88×奥行310mm
重量 6.8kg
















TRIO/KENWOOD・ケンウッド DP−1100  B級オーディオ・ファン