TOP > 使っているオーディオ


ONKYO C-777 2005年 定価70,000円


ONKYOのC-777はCDプレーヤーやユニバーサルプレーヤーのエントリーモデルにもSACDの搭載が進む中、2005年11月に発売されたCD専用プレイヤーです。海外では「DX7555」という型番で販売されブラックモデルもありました。アメリカでの価格は699ドルです。

ONKYO独自のノイズを低減する「VLSC」を搭載し、上級機のC-1VLと同じくWolfson製のDAC「WM8740」と高精度のスーパー・プリシジョンクロック(周波数偏差±1.5PPM)を搭載しています。
特徴的なのは±40ステップのクロック周波数の微調整、位相の切換え、デジタルフィルター(スローロールオフとシャープロールオフ)の切り換えなどの機能を持っていることです。

最近は周波数偏差が±0.00005PPMなどというクロックジェネレーターもありますが、一般のCDプレーヤーに搭載されているクロックは±50PPM、数十万のクラスで±25〜30PPM、最近内蔵クロックに力を入れているエソテリックの最新SACDプレーヤー「K-05(55万円)」でもクロックは±3PPMですので、C-777の±1.5PPMというのはクラスを無視した掟破りの「アイテム」といえるかもしれません。
とはいってもCDプレーヤーの音質はクロックの精度だけで決まるものではありません。DACやオーディオ回路、シャーシー(インシュレーター含む)、メカ部分の鋼性の方が重要ですし、サーボ回路の性能や電源回路の能力も大きく影響します。

再生可能なメディアは音楽CDの他にCD-R/RW、MP3が可能ですが、USB端子はありません。デジタル入力はないのでDAC代わりに利用することはできません。


(音質について)
9万円のSACDプレーヤーからSACDをとれば7万円ぐらいということで、価格をつけたのでしょうか。どちらにしても7万円のCD専用プレーヤーというのは、ニッチを狙ったような製品ですが音はキッチリとしています。

WolfsonのWM8740の解像度とVLSCによる透明感をいかした音です。全体としては柔らかめのサウンド。高音は独特の艶がありソースによってはちょっとキツくなることも。DCD-1500SESA8400と比べても遜色はない音で、低音はC-777のほうが良くでます。その上のクラスのCD-S1000と比べても一部上回る部分もあります。

最近のSACDプレーヤーはDSDを処理するチップなどのノイズがかなり大きく、音質にも影響を与えているので、CD専用のメリットは十分発揮していると思います。
ジャンルはクラシック向きでジャズもOK。ロックがメインの人にはちょっと向かないと思います。マランツやDENONのサウンドとは明らかに違いますし、もちろんSONYでもYAMAHAとも違う、ONKYOのサウンドという感じがします。

反面、チューニングがキチンとされすぎていて、いろいろと神経質なところもあります。そのためにクロックの調整やデジタルフィルターの切り換えなどがついているとも言えなくもないのですが。
どちらにしても、ただアンプとつないで音を楽しみたいという人には、向かないかもしれません。ある程度、スピーカーなどのセッティングやケーブルの交換ができるような人であれば、C-777のフィルターの切替やクロック調整を使ってシステム全体のセッティング、チューニングを楽しめると思います。

C-1VLの弟分のハズが、何故かC-1VLよりも「マニアック」に仕上がってしまったというプレーヤーです。最近のオーディオ雑誌では、やたら値段の高い物や海外製品のことを「趣味性」が高いというように言っていますが、本当の意味での趣味性があるCDプレーヤーだと思います。
ところで福田雅光がC-777のレビューで「10万円以上の音質」と評していたが、当時10万円のプレーヤーはC-1VLしかなかったと思いますが、C-1VLより音が良いということでしょうか?


(フロントパネル)
フロントパネルはVictorのXL-V1-Nのように、真ん中がくびれたデザイン。上級機のC-1VLは高さが低くスリムな感じでしたが、C-777はEIトランスを搭載しているために、普通の高さになっています。操作ボタンはすべて丸い形状で統一されています。
ディスプレィの表示は必要最小限でシンプルすぎて物足りないくらい。
フィルター切替の表示 クロック調整の表示

動画の音はビデオカメラの内蔵マイクで録音しているため、音質は良くありません。


(内部について)
シャーシは鋼板製でC-1VLのようなアルミパネルはありませんが、C-777の方がC-1VLより2kg以上も重くなっているため、重量による制振効果は上です。またインシュレーターは真鍮の削り出しと少しコストがかかっています。

左側にはメインのトランスと小さなトランスが載った電源回路があります。メイン基板は1枚の大きなもので、左側がデジタル系の回路、右側がオーディオ系の回路となっています。

素人目には電源、デジタル、オーディオの各基板を独立させた方が干渉が少ないのではと、思いますが、大量のノイズを発生するマイコンはオーディオ回路から離してトランスのそばに配置するなど、かなりノイズ対策を意識した設計がされています。
音楽信号は最短経路にするかわりに、サーボ制御やシステムコントロールなど、デジタルノイズが混入する信号は逆に遠回りさせてオーディオ回路から離す工夫がされています。

DACやサーボ制御用などのチップは裏側に装着されています。基板の面積はありますが、裏面を含めてもパーツの点数はさほど多くありません。

試しにシャーシーのあちこちやメカまわりに防振ゴムを貼り付けてみましたが、ほとんどの場所で音がデッド方向になります。このシャーシーありきでキチンとチューニングをしたことが、うかがえます。

真鍮削り出しインシュレーター


(電源回路)
電源回路のトランスは大・小2つを搭載しています。メインのトランスはEIトランスで3系統(たぶんデジタル、オーディオ、ディスプレィ)に分けた別巻線になっており、各回路のノイズの干渉を低減しています。EIトランスはトロイダルトランスよりリーケージフラックス(磁束)が多いなどのデメリットもありますが、力強い音が出せるともいわれています。小さなトランスの方はたぶんスタンバイ用の電源だと思います。

オーディオ用の電源回路には、ELNA製のTONEREX 25V・22000μFのコンデンサが2本あり、大容量のコンデンサを使って電源を安定させています。TONEREXは複合電解紙やリード線に無酸素銅線を使用した低歪設計のオーディオ用のコンデンサです。

電源コードは2Pのインレット。付属の電源ケーブルはよくある普通のコードなので、市販の良い電源ケーブルに付け替えると音は格段に良くなります。

内部の電源コードにはフェライトによるノイズフィルターが装着されています。これは外部からのデジタルノイズの減衰にも効果があるだけでなく、CDプレーヤーから外へ出て行くデジタルノイズにも効果があります。
よく電源関係の話でノイズフィルターがついていると音が悪くなるという人がいますが、1980年代・90年代のCDプレーヤーにもカタログに書いていないだけで、ノイズフィルターが内蔵されたプレーヤーがけっこうあります。まあ、それだけ昔から家庭用の電源が汚れている訳なのですが、今はパソコンや携帯電話の充電器などによって、さらに汚れているということになります。

EIトランス 別基板の電源回路

オーディオ用の電源回路 ノイズフィルター


(サーボ・システムコントロール回路)
システムコントロール用のNEC製の16bitマイコン2つは、オーディオ回路から離した電源トランスの近くにあり、マイコンからの放射ノイズがオーディオ回路へに与える影響を少なくしています。しかも、このNEC製のマイコンはYAMAHA CD-S2000/1000などで使われているルネサス製のマイコンより、放射ノイズが格段に少なくオーディオ機器に向いています。

デジタルサーボは定評のあるSONY製です。サーボ制御と信号処理を行うチップは「CXD3014」で、MP3のデコードなども行うシグナルプロセッサかと思います。他にはROHM製の4チャンネルBTLドライバー「BA5947FP」により、ピックアップのアクチュエーターを動作させています。
SONY CDX3014 NECのマイコン μPD78F4225GC


(オーディオ回路)
D/Aコンバーターは24bit・192kHzのWolfson「WM8740」で、直線位相ハーフバンドのデジタルフィルターを内蔵しており、スローロールオフとシャープロールオフの切り換えが可能です。また位相反転機能も内蔵しています。このDACにクロックを供給するのが、低ジッターで調整機能つきの周波数偏差±1.5PPMというスーパー・プリシジョンクロックです。

WM8740とスーパー・プリシジョンクロックはC-1VLに搭載されていますが、上記の機能は使えなくなっていたものです。C-777ではそれを「どうぞお使いください」とユーザーに開放している訳です。ただしクロック調整を使いこなすのは難しいです。

このWM8740のデジタルフィルターには補間機能があり、CDの16bit信号を24bitに拡張できます。2つのΔΣ(デルタシグマ)変調器※とD/A変換器が内蔵されており、完全差動出力(電圧)となっています。またローパスフィルターも内蔵されています。

DACの後ろにあるのが、ONKYOのCDプレーヤーの標準装備だった特許技術の「VLSC」です。従来のノイズ対策はというと、光伝送やK2インターフェースなどデジタルフィルターと組み合わせて、D/A変換前のデジタル回路で行うことが多かったのですが、VLSCはD/A変換後にローパスフィルターといっしょになってノイズを除去するのが特徴です。

VLSCの仕組みは実に簡単で、低次のローパスフィルターと同じくらいの部品点数でコストもかけずにできます。ONKYOの説明ではVLSCにベクトル信号発生器があるように書かれていますが、実際にはそのような物は無くオペアンプと抵抗、コンデンサなど以前からのオーディオ回路と同じパーツでできています。特許の出願内容も高周波成分(ここにノイズが含まれます)の減衰率の高い「低域通過フィルター(ローパスフィルター)」となっています。回路と全く関係のない名前をつけたり、それを後付けでそれらしい説明をするのはオーディオ業界の「悪いクセ」です。
VLSCの特許 →VLSCの改良に関する特許

VLSCは差分演算回路とローパスフィルターの役目も持つ電圧電流変換回路から構成されています。D/A変換後の信号を元に差分演算回路(オペアンプ)で、入力信号から出力信号(フィードバックされたもの)を減算して差分信号を生成します。これをローパスフィルターを通して電圧電流変換回路(こちらもメインはオペアンプ)で電流に変換し、やはりローパスフィルターを通った元の入力信号と合算してオーディオ信号として出力します。また周波数帯域の減衰や位相レベルの変化も起こらないように工夫されています。

VLSCで使われているオペアンプはTI製のNE5532AP。オーディオ回路で使われているコンデンサはオーディオ用のELNA製のTONEREXやSILMICUなどです。

※WolfsonではΔΣ(デルタシグマ)変調のことを、構造からΣΔ(シグマデルタ)変調と読んでいます。

オーディオ回路 D/Aコンバーター Wolfson WM8740

スーパー・プリシジョンクロック VLSC


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカでは上級機のC-1VLが、ブリッジ・タイプのクランパーだったのに対し、C-777ではアルミパネルを使用したトップカバータイプとなっています。トップカバータイプの方がメカブロックの全体の強度が向上し振動対策には有効ですし、またピックアップやギヤにホコリがつきにいというメリットもあります。メカベースは樹脂製ですが割としっかりとしたものが使われています。

ピックアップはSONY製のKSS-213CLで、ピックアップのスライドはラック&ピニオンのギヤ式です。対応メディアが多いとはいえ、TOC(ローディング時の読み込み)、曲のアクセスともに遅いです。

トレイはメーカーの説明では「精密トレイ」と書かれていますが、これはメーカーの宣伝文句。普通の樹脂製のトレイで、補強用の金属棒が取り付けられていますが、トレイ自体が薄く指で押すと簡単にたわんでしまいます。
ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ・ドライブメカ

トレイ トレイの裏側


(出力端子)
リアパネルのデジタル出力端子は光2と同軸1の3系統、アナログ出力は固定1系統となっています。アナログ出力の端子は真鍮削り出しのような見た目(カタログに記載されていないので不明)で、頑丈なものです。他にはオンキョー製品との連動させるためのRI端子があります。


スペック

周波数特性 2Hz〜20kHz
高調波歪率 0.0027%
ダイナミックレンジ 100dB
S/N比 111dB
消費電力 16W
サイズ 幅435×高さ111×奥行405mm
重量 8.9kg

ONKYO C-777をオークションで探す








ONKYOの
CDプレーヤーを
オークションで探す





ONKYO・オンキョー Integra C-777 B級オーディオ・ファン