TOP > PCオーディオ > LUXMAN LXA-OT1


stereo付録 デジタルアンプ LUXMAN LXA-OT1


LXA-OT1は、音楽之友社のオーディオ雑誌「stereo 2012年1月号」(2011年12月発売)の、付録として制作されたデジタルアンプです。価格は雑誌本体込みで2,800円。

LXA-OT1は「Stereo」誌とLUXMAN(ラックスマン)との共同企画によるデジタルアンプで、付録ということで低価格にも関わらず音が良いと評判となり、売り切れる書店が続出。オークションでは定価の2倍以上でも売れてしまうなど話題になったデジタルアンプです。

アンプの本体にはケースは付いておらず、基板がムキ出しですがホコリよけに透明カバーが付いています。その他には4本の脚と12VのACアダプタが付いています。基板とACアダプタには何とLUXMANのロゴ付きです。


アンプの心臓部となるデジタルアンプICは、STマイクロの「TDA7491HV」を搭載。TDA7491HVはデュアルBTL接続のDクラスアンプで、最大出力は20W+20Wの出力(4Ω)のパワーがあります。ただしLXA-OT1ではACアダプタの電圧などの問題もあり出力は5W+5W(8Ω)となっています。

またプリ部のオペアンプはソケットで取り付けられているため、ユーザー側で交換が可能となっています。オリジナルではJRC 4558Dが取り付けられています。




(音質について)
高音はキチンと伸びており、繊細な表現も出来てさらにツヤもあります。低音は少し弱いですが、これは小型デジタルアンプ全体に言えることで、そういう意味では水準以上と言えるかもしれません。
安いデジタルアンプは音がかたい物が多いですが、LXA-OT1は柔らかさがちゃんと出ています。

出力は市販の中国製デジタルアンプが、20W+20Wぐらいなのに対し、LXA-OT1は5W+5Wとスペックはだいぶ低いですが、実際に聴くとパワーにまったく過不足はありません。20cmウーファー搭載の「Celestion 7MkU」はもちろん、フロアスピーカーの「TANNOY EYRIS 3」もキチンと鳴らしています。

デジタルアンプICの「TDA7491HV」は、液晶テレビなどにも使われる汎用的なチップですが、LXA-OT1は有名な「TA2020-020」を搭載したアンプよりも音が良いです。また5〜6万円クラスの、下手な初級クラスのAVアンプよりも音は全然上かもしれません。
ダテに「ラックスマン」の名前を出している訳ではありませんでした。




(基板・入出力端子について)
コストの問題からか小さい基板にはパーツがびっしりと取り付けられています。雑誌には回路図が付いていおり、それだけを見るときれいな配線に見えますが、実際には入出力端子の配置の問題もあり、オーディオ的な引き回しはけっして良好とは言えません。

パーツは表面実装タイプのものが多いですが、音質への影響が大きいオペアンプはソケット式で交換が可能。また電解コンデンサもチップ形ではなくリード形を使用するなど、交換ができるようになっています。使われているコンデンサは台湾の「CAPXON」製。台湾の他のメーカーや中国本土のメーカーのコンデンサに比べると安定性や耐久性などの品質が良いです。

後部の入出力端子はAC(センターIN)、ライン入力(RCA)、スピーカー出力です。スピーカー端子はワンタッチ式のため、太いスピーカーケーブルは入りません。

回路の配置は右から電源部、プリ部、パワー部という配置

基板の裏側 入出力端子



(プリ部)
プリ部の特徴はソケットによりオペアンプが交換できること。オリジナルで取付られているオペアンプはJRC 4558Dです。

この「4558」は、1971年にレイセオン社が開発したオペアンプ「RC4558」を、新日本無線が国産化したもので、1970年代〜現在にいたるまで、多くのオーディオ機器に搭載されてきたオペアンプです。
古い物は「艶あり」と呼ばれて、そのウォームトーンはいまだに信奉者がいるなど、オペアンプの名器とも呼べる存在です。

最終的にはコストとの兼ね合いもあって、4558Dになったのだと思いますが、新しいオペアンプを使って解像度優先に走るのではなく、音の柔らかさにこだわったことこそ、LUXMANのこだわりがあったのかもしれません。

また音質向上には電源の安定が不可欠ですが、電解コンデンサを多数投入しているところも、中国製のデジタルアンプとは大きく違うところ。このあたりもオーディオメーカーならではノウハウです。

オペアンプ JRC 4558D ボリューム


(パワー部)
使われているデジタルアンプICはSTマイクロ製の「TDA7491HV」で、オーディオ用という訳ではなく、テレビの音声出力などにも使われる汎用的なチップです。

TDA7491HVは汎用ということで電源の電圧はDC5〜18Vと広く、最大出力は20W+20W(8Ω)、スタンバイやミュート機能、短絡防止や過熱保護回路、ポップ防止回路などが搭載されています。

内部にはアナログ信号をデジタル信号に変換する回路、PWM(Pulse Width Modulation・パルス幅変調)回路、レベルシフト回路、ドライバー段などがあります。

A/D変換はデルタシグマ変調で積分器と量子化器を使用して、アナログ信号を1bit信号(パルス)に変換。この時に量子化ノイズが発生するので、他のデジタルアンプ同様にノイズシェイパーを使って量子化ノイズを高域に移動さているかと思います。
増幅した信号には高周波のノイズも含まれているため、ローパスフィルターを通してノイズ成分をカットしてスピーカーに出力します。

ローパスフィルターは固定インダクタとコンデンサによるLC形のパッシブフィルターで、「TDA7491HV」のデータシートの推奨回路とほとんど同じ。 違いはインダクタの容量(22uH)とコンデンサ1本の容量のみです。

TDA7491HVのパワーステージ用に使われる、デカップリングコンデンサは1000uF/25vが2本。中国製のデジタルアンプでも、これよりも大きなコンデンサを搭載しているものもありますが、LXA-OT1はこの部分だけではなく、ACアダプタから入ってきた電源の安定化をキチンとやっています。

デジタルアンプICはスペック的にはDC5〜18VのACアダプタに対応しているため、多少の電圧変動は大丈夫かと思ってしまいますが、それは単に耐圧だけの問題で、実際には小さな電圧変動によりA/D変換の精度やPWM変調時に影響が出ます。そのためLXA-OT1のような電源の安定化は特に音質の向上に効いてきます。

TDA7491HV ローパスフィルター



LUXMAN LXA-OT1のスペック


定格出力 5W+5W(8Ω)
周波数特性 10Hz〜40kHz(+0,-3dB)
高調波歪率 0.5%(1KHz)
S/N比 90dB
スピーカー
インピーダンス
4Ω〜8Ω
電源(ACアダプタ) DC12V 1A センタープラス
サイズ 幅94×高さ40×奥行52mm
重量 74g













stereo付録 デジタルアンプ LXA-OT1の音質とレビュー  B級オーディオ・ファン