TOP > PCオーディオ > FX-AUDIO- FX1002J


FX-AUDIO- FX1002J

価格 8,480円


FX-AUDIO- FX1002Jは、NFJ(FX-AUDIO-)のアナログ入力アンプとしては、フラグシップとなるデジタルアンプです。

初代FX1002A(5,980円)は2012年の発売。その後バージョンアップを行い、2015年からFX1002Jと型番が変更になりました。
2017年3月17日から発売されたロットは、メーカーが「フルモデルチェンジ」と呼ぶくらい大きな変更が行われました。

目玉となるのはアクティブDCサーボ回路と、SLOW CHARGING回路の搭載です。


アクティブDCサーボ回路は、いわゆる「DCアンプ」と呼ばれる回路です。

DCアンプは音質に影響を与える入力用のカップリングコンデンサを省くための回路です。
ピュアオーディオ用のアンプでは1970年代から、当たり前のように搭載されてきた回路ですが、パーツの増加や基盤の大型化、製造コストのアップなどを招きます。またDCサーボの量を最適化するためのノウハウやテストも必要となります。

小いさくて価格の安さが「セールスポイント」のデジタルアンプでは、サイズが大きくなったり値段が高くなるのは大きな問題です。
それならば入力用のカップリングコンデンサに少し良い物を使って、サイズはそのままでコストの上昇を抑えるというのが、セオリーとなってきました。

FX1002Jではオペアンプを使用したDCサーボ回路を搭載し、入力用のカップリングコンデンサを省いています。またこれと合わせて前段回路の変更も行われています。


SLOW CHARGING回路は突入電流(Rush current)の防止回路です。名前のとおり電源スイッチをONした時に、コンデンサの充電量を下げる(遅らせる)ことによって、突入電流の発生を防いでいるようです。

突入電流の発生を防ぐメリットとしては、従来よりも大きな容量、低インピーダンスのコンデンサが使用できるため、電源が安定しデジタルアンプICや回路などの音質が向上します。

オーディオ機器では、いかに回路に安定した電源を供給するかが、高音質のポイントとなります。アンプでは大容量の平滑コンデンサや、デカップリングコンデンサを搭載するのが効果的で、古くから行われてきました。

しかし大容量のコンデンサは、スイッチを入れたとたんにコンデンサを充電しようとして、大きな電流が流れます。これが突入電流です。突入電流が発生するとパーツの破損や寿命や性能の低下などが、起こる場合があります。

ピュアオーディオ用のアンプでは、これらを考慮した電源の設計が行われるので問題となりませんが、小型デジタルアンプではデジタルアンプ内のパーツだけでなく、ACアダプタのパーツも影響を受ける可能性があります。


デジタルアンプICは、STマイクロ製の「TDA7498E」を搭載しており、最大出力は160W×160W(4Ω)となっています。

デジタルアンプICではオペアンプを使った三角波の 発振器を使うことが多いですが、三角波の精度が悪いと音が変わってしまうことになります。TDA7498Eでは専用のOSC(発振回路)を装備しています。

その他の機能としては、
ゲイン制御機構(23.8 dB, 29.8 dB, 33.3 dB,35.8 dB)、
デュアルBTL BTL(ブリッジ)接続。
過電圧、低電圧、過電流、熱保護、スタンバイ機能とミュート機能など。

ケースの内部の基板には出力ゲインの設定スイッチがあり、23.6dBから35.6dBまで4段階に変更が可能です。デフォルトは23.6dB。


フィルムコンデンサーはドイツWIMA社、Roederstein社、ベルギーのBCコンポーネンツ社(旧Philips)、TDK-EPCOS社(ブラジル製)など、オーディオ用の高音質パーツが採用されています。
またローパスフィルターには、小型高電流量対応の防磁インダクタを使用しています。


(ACアダプタについて)
ACアダプタは別売で、電源はDC19〜32V 電源容量2A以上(4A以上推奨)以上が推奨となっています。

SLOW CHARGING回路が付いているとはいえ、大容量の平滑コンデンサを搭載しているため、安価なデジタルアンプよりもコンデンサの充電スピードが早いです。

非力なACアダプタだと電力の供給が間に合わず、電流が不安定な状況となる可能性があります。また一部のACアダプタでは、保護回路が作動して電流が流れなくなるなどの問題が発生しているようです。

ウチでは20V・5AのACアダプタで問題なく動作しています。

※最新モデルのFX1002J+では、SLOW CHARGING回路の電流制御を、MCU(マイクロコントロールユニット)を使用した方式に変更し、対応できるACアダプタを広げているそうです。



(音質について)
音が濃密で芯が1本通っているという感じ。レンジも広く解像度も高く細かい部分の再生もできており、音数も多いです。
低音も出ており締まっています。デジタルアンプの弱点と言われる音の軽さはさほど感じられません。

S.M.S.L.SA-36A PROなどと比べると、レベルは2ランク以上は上です。

ピュアオーディオ用のアンプと比べると、中級機とは音の濃密さ、情報量、奥行、低音など物足りない部分は出ますが、初級クラスのアンプにはかなり肉薄し、一部上回る部分もあるかなという感じです。

非常にコスパが高いアンプですが、能力が高いゆえに、まずスピーカーの性能が高くないとアンプの実力を引き出せません。USB-DACもまた同じです。

クラシック、ジャズ、ロックと幅広いサウンドに対応できますが、アニソンに向きません。

近年のアニソンは「打ち込み」で作られる作品が多く、楽器部分の解像度や表現力は「本物の楽器」の音よりも劣ります。また意図的にエフェクトがかけられているので、音の透明感もあまり良くありません。

FX1002J自体はDCサーボ回路により、高い解像度と透明感を持っていますが、アニソンの音源のこういった「特徴」では真価が発揮できないため、悪く言えば下のクラスのデジタルアンプつとさほど変わりません。
場合によっては音にメリハリがある.SA-36A PROの方が、良いという場合も出ると思います。


一時期、ネットでTDA7498Eは特有のホワイトノイズがあるという話がありました。一方でホワイトノイズは無いという意見も多くありました。ウチにあるFX1002Jなどの搭載機でもホワイトノイズはありません。

PCオーディオをやっている人でも、パソコンから出るノイズには無頓着な人が多く、いまだにUSBケーブルは、短ければ短いほど良いと信じている人もいるようです。

もしかするとホワイトノイズが出た人は、パソコンのすぐ横にデジタルアンプやUSB-DACを設置したり、USBケーブルやラインケーブルにシールド能力の弱い物を使っていた可能性もあります。



(フロントパネルとリアパネル・ケース)
フロントパネルは6mm厚のアルミ材で、カラーはシルバー、ブラックとブロンズゴールドがあり、パネルもケースもヘアライン仕上げです。

ケースの大きさをS.M.S.L. SA-36A PROと比べると、横幅は4mm広く、奥行は18mm長くなっています。高さはFX1002Jが10mmほど低いです。

パネルには電源スイッチとボリュームのツマミがある一般的なデザイン。電源を入れると、スイッチの下の赤いパイロットランプとボリュームの周りが青く光ります。

リアパネルのRCA端子、スピーカー端子ともに、このクラスのデジタルアンプとしては、標準的なものです。

フロントパネル リアパネル

アンダーパネル


基板

デジタルアンプIC
TDA7492PEのヒートシンク
DCサーボ回路

オペアンプを使用した
ボリューム回路
BCコンポーネンツ製
フィルムコンデンサー

エルナー RJD 8200μF SLOW CHARGING回路


FX-AUDIO- FX1002Jのスペック

最大出力 160W+160W(4Ω)
高調波歪率 0.05%(ICレベル)
S/N比
スピーカー
インピーダンス
4Ω〜16Ω
電源(ACアダプタ) 19V〜32V 2A以上(4A以上推奨)
センタープラス
サイズ 幅96mm×高さ33mm×奥行168mm
重量 530g
















FX-AUDIO- FX1002Jの音質やレビュー  B級オーディオ・ファン