TOP > オーディオ製品の修理


CDプレーヤーの故障の原因と修理・メンテナンスの方法

自分で修理やメンテナンスを行うのは全て「自己責任」です。うまくいかなかったり、キチンと動作しないことがあっても、当方は一切の責任を負いません。


2.トレイがすぐに閉まる。閉まったらすぐに空いてしまう。

(1) トレイを開閉を検出するスイッチの接触不良
(原因)
一番よくあるパターンです。メカのところにはトレイが実際に開いているのか、閉じているのかをチェックするためのスイッチが1〜2個付いています。(機種によって違います)
このスイッチの接触不良によって、トレイが開いた位置で止まらなかったり、閉まった位置で止まらなくなってしまいます。

(対策)
スイッチのクリーニングを行います。分解できないスイッチの場合は、隙間から接点復活剤を吹きかけると回復することがあります。

(2) マイコンの不良
(原因)
まれに起こるケースです。トレイの開閉ボタンを押した後、そこでモーターへの電流が流れる訳ではありません。トレイの開閉ボタンはあくまで、マイコンにトレイを「開けろ」「閉めろ」と命令するためのボタンです。つまり、トレイの開け閉めはマイコンが管理している訳です。(この仕組みは古いCDプレーヤーも、現在のCDプレーヤーも同じです)
このためマイコンの不良になってしまうと、誤作動を起こしトレイの開閉がうまくいかなくなります。

(対策)
マイコンが壊れているかどうかの判断は、いろいろなテスト必要で、配線図や基板のパターンを読める力が必要となります。
現実的には基板のパターンを読みながら、ハンダ割れのチェックやハンダの修正をするぐらいかと思います。



  











オーディオの修理