TOP > オーディオアクセサリー > CD用アクセサリー

CD用のアクセサリー

1982年のCDプレーヤーの発売後、オーディオメーカー、アクセサリーメーカーともにたくさんのCD用アクセサリーを発売しました。特に80年代の後半は空前のCDブームということもあり、CDクリーナーだけでも50種類近くが発売されていました。

CDクリーナー

オーディオテクニカ
ウルトラソニックCDクリニカ AT6060


超音波によってCDの汚れを落とすという「究極」のCDクリーナーです。1987年の発売。

使い方は小型のナベのような容器に、クリーニング液と水を入れよく混ぜ合わせ、CDをセットしてスタートボタンを押すだけです。
クリーニング後は流水でクリーニング液を洗い流し、残った水滴を付属のテクニクロスで拭き取るというものでした。
クリーニング液は20回分で、なくなった場合は別売のクリーニング液(AT694)も販売されていました。

また中性洗剤を使用することによって、装身具や金属製のアクセサリー、日用小物などもクリーニングもできるようになっていました。

価格 16,000円(後に20,000円に値上)



SONY XP-CD7

1988年ごろに発売された、ポータブルCDプレーヤー型の湿式CDオートクリーナーです。

ディスクを効果的にクリーニングする特殊パッドを使用し、ダブルロータリーメカによりデイスクを放射状にトレースしながらクリーニングします(ラジアル・トレースクリーニング)。クリーニング時間は約30秒。

電源は単3乾電池4本で、別売のACアダプタ(AC-D2)の使用により、AC電源でも使用可能でした。
クリーニング液とパッドは約50回分で、スペアの型番はXP-7SP。

価格 7,400円



オーディオテクニカ AT6090

1989年ごろに発売された手動式の湿式CDクリーナー。中にCDを装着して内部のパッドに付属のクリーニング液をしみこませて、ノブを指で回転させてクリーニングします。

8cmCDもクリーニング可能ですが、同時期にテクニカからは、8cmCD専用の「AT6080(1,800円)」も発売されていました。

価格 3,600円
補充用クリーニング液 AT626 850円
スペアパッド AT679 500円



オーディオテクニカ CDハンドクリニカ
AT6030


1986年ごろに発売された手動式の乾式CDクリーナーです。機械式のクリーナーとしてはかなり初期のものだと思います。

中にCDをセットしてスライドレバーを往復させるとCDが、クリーニングされるとともに、自動的に未クリーリングの部分までCDが回転するというすぐれものです。
乾式では指紋や油性の汚れがなかなか落ちないため、クリーニング液とペーパーも付属していました。

価格 3,800円
スペアパッド AT671 500円



ナガオカ CDクリーナー CD1101C

手動式のCDクリーナーキット、CD-10K(3,000円)の特別バージョンのようで、ONKYOの販促品として作られたもののようです。

パッケージはCDプレーヤーのチャッキングアームを模したものです。

使い方はCDを逆さにセットし、セーム皮のクリーナーで汚れをふき取るというもので、クリーニング液とブラシ、CDシングル用のアダプタも付属していました。



TEAC CD/LDクリーニングキット
CLC-150


1989年ごろに発売されたCDとLD兼用のクリーニングキットで、ムース(発泡)タイプのクリーニング液に天然セーム皮、不織布がセットになっています。

価格 1,500円 100ml



オーディオテクニカ
CD&LDムースクリニカ AT6071


1989年ごろに発売されたムース(発泡)タイプのCDクリーナー。AT6071はクリーニング液だけですが、これにクリーニングペーパーと仕上げ用テクニクロスをセットにしたものがAT6072(2200円)となります。
当時のカタログブックを見るとテクニカだけで14種類ものCDクリーナーを発売していました。

価格 900円 100ml



チューンアップ用品


AT6082は未使用の保管品のため
「CD Stoplight」を塗ったCDです。
オーディオテクニカ
CDチューンアップペンAT6082


1980年代にCDの縁にマジックをぬると、音がよくなるという都市伝説のような話が巷で広がってため、それにヒントを得て発売となった商品。緑色のマジックペンと、それを落とすためのクリーニング液がセットになっています。

CDプレーヤーのレーザー光線がCDの反射・記録層に当たった後に、その光の一部がポリカーボネード内で乱反射を繰り返して、CDの縁から外に出て、プレーヤーの内部で反射してピックアップ内に入り込み音質に悪影響を及ぼす。これを赤色レーザーの補色となる緑色をCDの縁を塗ることによって、光を吸収するというものです。効果はCDの読みとり精度が向上し音質改善するというものでした。

当時のCDプレイヤーはトレイが大きく、深かったため、CDの縁から外に出た光は、トレイ部分でほとんどがブロックされましたし、CDとピックアップのギャップがとても狭いので、乱反射が入り込む余地も少なく、ほとんど影響はありませんでした。
また塗るにしても普通の50〜100円程度のマジックでも用が足りることでしたので、ほどなくして販売終了となりました。

これと同時期か少し後ぐらいに発売されたのが、アメリカのAudio Prism社の「CD Stoplight」で、全く同じ効果をうたっています。(こちらはまだ販売中)

最近ではエソテリックが、ドイツのグラス-オーディオディスクシステムの「CDサウンド・アップグレーダー」という、CDディスクのエッジを斜めに削り、エッジをフェルトペンで黒く塗ることで、ディスク内部での光の乱反射を抑え音質を向上させるというものを発売していました。
ドイツの生物化学者シュロット博士が開発し、ハイエンド・オーディオファン用に設計されているなどと、何やら怪しげな宣伝文句でしたが案の定、輸入を取りやめたようです。



TRI CDコーテティングオイル Q151

1990年発売。CD用のコーテティングオイルとミクロンクロスが入っています。

CDにコーテティングオイルを塗ることによって、表面のヨゴレをとると共に、光の屈折率の低い薄い膜を作り、レーザー光線の透過率を高め、信号の読みとり精度を向上させ音質を改善するというものでした。

価格 1,600.円

これのすぐ後に、オーディオテクニカもCD-S1(CDクリスタルコート)という、コーティング剤を発売。こちらのほうは、ディスクの表面のデコボコやキズを均一化し、レーザー光線の反射率を改善、音質を向上させるというものでした。



CD用のスタビライザー

CD用のスタビライザーは、CDの上に重ねて使用することで、回転時のディスクの振動を抑え、ピックアップのフォーカス性能を良くして音質を向上させるというものです。

このような簡易なCDスタビライザーは、1985年ごろから登場したもので、オーディオテクニカやSAEC、TAPEXなどのアクセサリーメーカーが販売していました。
たぶんレコードプレーヤー用のディスク・スタビライザーの評判が良かったことから開発されたと思いますが、同じ時期にCDを2枚重ねて再生すると音が良くなるという話が、オーディオファンの間にはありました。※1

当初発売されたスタビライザーの中には、かなりの厚みや重量がある物があり、これらを使用するとCDの読み込みができなくなったり、回転が不安定となり再生がキチンとできないというトラブルが頻発しました。そのためCDプレーヤーのメーカーは、スタビライザーを使用しないようにユーザーへ呼びかけたりしました。

その後アクセサリーメーカー側は、厚みを抑え軽量化したり直径を小さくするなどしましたが、根本的な解決にはいたりませんでした。
また音質は確かに向上する場合もあるのですが、薄型・軽量の物でも回転が不安定となり音が悪くなる場合もあります。

オーディオテクニカなどのメーカーは、スタビライザーの適合機種を調査し、リストを販売店に配ったり、電話で問い合わせに応じたりしていましたが、結局はCDプレーヤーとの相性にふりまわされ続けたアクセサリーでした。

※1 SAECからはCDと同じ素材のポリカーボネートを使用した、CDP-15(2,800円)が発売されていました。



オーディオテクニカ CDスタビライザー
AT674


価格 2,500円

AT674はアルマイト処理をしたアルミを使用した薄型・軽量のスタビライザーです。厚さは0.4ミリ、重さは12g。

他には真鍮製のAT671(0.4mm・40g 3600円)や、ファインセラミック製のAT675(0.4mm・17g 5000円)というモデルがありましたが、相次いで販売中止となり、一番軽量なAT674が最後まで残りました。




タペックス CDスタビライザー
TS-88BR


価格 4,500円

初期に発売されたスタビライザーの1枚で、材質に真鍮を使用し80gの重さは、当時のCDスタビライザーの中で一番厚く、重いものでした。厚さは0.8mm。

いわばトラブルを頻発させて、CDプレーヤーのメーカーを激怒させた張本人。

重量級のスタビライザーを使用すると、普通のCDプレーヤーは高速回転型のモーターを使用しているため、トルク不足となり回転が不安定になったり故障の原因となります。
また0.8mmという厚みは機種によって上下のクランパーがマグネットでキチンと吸着しなかったり、チャッキングアームと接触してしまい再生自体ができないこともあったようです。

※1990年代に登場するトップローディング方式や光学系固定方式のCDプレーヤーは、スタビライザーの使用を考慮しそれに見合ったモーターを搭載しています。


TS-88BRの説明文ではクラシックなどのアコースティック系向きで、全帯域にわたり量感が豊になると書かれています。同時期に発売されいていたTS-84BR(真鍮製 0.4mm・40g)は、ポップスなど軽快なサウンドに適していると説明していました。

その後はTAPEXはTS-94BR(セラミック製 0.4mm・17g)、TS-94CX(ファインセラミック製 0.4mm・12g)などを発売しますが、オーディオテクニカと同じで、重いものから廃盤となっていきました。



タペックス CDスタビライザー
TS-94CX


価格 4,500円

重量級のスタビライザーがトラブルを起こしたため、開発された薄型・軽量のCDスタビライザーです。

材質はファインセラミック製で、厚さは0.4mm。重さは12gしかありません。

効果としては音の抜けが良くなり、誇張感のない、分解能に優れたブリリアントな高音が得られると宣伝していました。

パッケージの裏面の注意書きには、使用できないプレーヤーがあるということと、適合機種は販売店かTAPEXに確認するように書かれています。



オーディオクラフト SD-20

価格 2,800円

メーカーが一部の機種を除いて、スタビライザーを使わないように、通知を出していた頃に発売された商品です。そのためパッケージの裏側には、うるさいぐらい使用上の注意事項が書かれています。

材質は非磁性体防振パウダー入りのブチルゴムで、厚さは1ミリ、重さは15g。











CDプレーヤー用のアクセサリー B級オーディオファン