TOP使っているオーディオCDプレーヤー > DP-7040


KENWOOD DP−7040

     1991年 定価53,800円


KENWOODのDP-7040は1991年11月に発売されたCDプレイヤーです。フロントパネルの下部で折り曲げられたデザインは、当時のKENWOODのアンプ・チューナーやカセットデッキなどと共通のものでした。

KENWOODは他社に比べると1bitDACへの切替が遅く、このDP-7040などから搭載が始まります。採用されたのはSONYのESシリーズと同じ1ビット・パルスD/Aコンバーター。このDACを正確に動作させクロック・ジッターを排除するために、通常の発振回路の10〜30倍優れた純度を持つというハイプレシジョン・マスタークロックを装備しています。

ピックアップ・サーボ系では、CDのキズや汚れによるエラーを低減するスーパー・オプティマサーボや、ピックアップの不連続動作を減らし、グランド電位を安定させるAB-CLASSピックアップ・アクチュエーター駆動回路を搭載。またRF信号を忠実に伝送するためにRF位相等価補償回路も搭載していしました。これらによりサーボ系から発生するデジタル・ノイズを抑制し音質劣化を防いでいます。

シャーシはフロントパネルに3mm厚のアルミ材を使用し音圧対策を行うとともに、内部にボックスを設置し剛性を高めたツインビーム構造となっています。

CD信号の読み取りから信号伝送の見直し、D/A変換のマスタークロック強化と、パイオニアの「Zコンセプト」とよく似た考え方です。もちろん、ケンウッドの方がだいぶ早いのですが。

後継機はDP-7050(1993年)で、DACにはフィリップス製の「DAC7」を搭載。これに伴いオーディオ回路も変更しています。またブロック・コンデンサーを大型し電源の強化なども行われています。



(音質について)
音質はというと90年代に入り各社の5〜6万円クラスのCDプレーヤーも、メリハリを抑えフラット傾向の音造りになる中で、少し派手めな方向のサウンドです。
低音が少し強めに出ていますが、全体としてはうまくまとめられており、長く聞いていても疲れるようなこともありません。また解像度もしっかりしています。
いろいろなジャンルの音楽に使える「明るいキャラ」のオールラウンダーという感じです。



(フロントパネル)
フロントパネルには3mm厚のアルミ材を使用し、スピーカーの音圧による影響を抑えています。

ディスプレィはトラックナンバーと時間だけのシンプルな表示ですが、マイコンノイズ対策のディスプレィのON/OFFスイッチもついています。ディスプレィに表示される情報はトラックNoや時間などシンプル。操作ボタンも必要最小限なのでリモコンが無いと不便です。

操作ボタンもシンプルで必要最小限なものだけ。ところがこれが当時のユーザーには不評で後継機のDP-7050では「10キー」ボタンを復活させています。




(シャーシと内部について)
シャーシは1.6mm厚の鋼板によるボックスを、左右に配置して剛性を高めたツインビーム構造です。このおかげで5万円台前半の価格にも関わらず、7.0kgもの重量があります。

左側のボックスの上にはシステムコントロールとサーボ系回路、右側のボックスの上は主にオーディオ回路というレイアウトで、ピックアップ・ドライブメカとトランスは中央の谷間に収まっています。


システムコントロール
サーボ制御回路
オーディオ回路
基板の下のボックス構造 インシューレーター


(電源回路)
電源回路のトランスはケース入りで少なくとも2系統の別巻線となっているようです。

左側の基板にはデジタル用の電源回路、右側の基板にはオーディオ用の電源回路があり独立電源回路となっています。コンデンサは日本ケミコンのSME(標準品)などを使用しています。

トランス デジタル用の電源回路


(デジタル回路 サーボ・信号処理・システムコントロール)
サーボ回路は1990年代に入りデジタル・サーボの搭載機が増えていましたが、DP-7040はアナログ・サーボです。

その代わりスーパーオプティマサーボや、AB-CLASS ピックアップア・クチュエーター駆動回路など、熟成された回路技術を搭載しています。

といってもKENWOODは代々SONY製のサーボ制御チップを搭載しており、実際にはSONY製のサーボ回路といっても過言ではありません。DP-7040で使われているのは「CXA13725Q」で、サーボ調整用のボリュームはトラッキング・ゲインやフォーカス・ゲインなど4つ。

復調やエラー訂正などの信号処理を行うシグナルプロセッサーは、右側(オーディオ側)の基板の裏にありSONY製の「CXD2500」が使われています。

デジタル回路にはその他にSONY製のC-MOS I/o Port Expander「CXD1095Q」や、システムコントロール用のNEC製マイコン「μ75216ACW C65」、サンヨー製のC-MOS スタティックRAM「LC3518BSL-15」などがあります。

デジタル回路 サーボ回路のボリュームはトラッキング・ゲイン、フォーカス・ゲイン、トラッキングエラー・BAL、フォーカスエラー・BIASの4つ。

SONY CXA13725Q SONY CXD2500


(DAC・オーディオ回路)
オーディオ回路の中央には、大きなバスバー(ブスバー)が配置されて、グランドの安定化や基板の低インピーダンス化を図っています。


DACはSONY製の1bit・パルスD/Aコンバーター「CXD2552」を搭載しています。このDACはSONY CDP-X77ESやCDP-X55ES、CDP-X555ESなどにも使われています。

CXD2552は、PLM(パルス長変調・Pulse Length Modulate)方式の1ビットDACで、チップには4つのDACが搭載されていますが、DP-7040では2つずつを差動合成して、デュアルコンバーターとして使っています。

松下電器とNTTが開発した1ビットDAC「MASH」の、PWM(パルス幅変調)方式が、パルス幅がマスタークロック2個ずつしか増えないのに対し、PLMではマスタークロック1個ごとに、パルス幅が増えるため、理論的にはPWMの2倍の分解能を持っていました。


このDACは、64倍オーバーサンプリング・3次の「Sony Extended Noise Shaping」という、多段ノイズシェイピングを搭載しています。

DAC内ではCDの16ビットの信号を、再量子化という方法で1ビットへと減らして行きます。この際に発生するのが「量子化ノイズ」で、そのまま放置すると音質悪化の原因となります。

ノイズシェイピングの回路では、ビット数を減らした際に、再量子化誤差を入力側にフィードバックして、可聴帯域内の量子化ノイズを低減する仕組みを持っています。


また1bitDACは、クロックジッターの影響を受けやすいため、DP-7040では普通のクロックの10〜30倍という、純度を持つハイプレシジョン・マスタークロックを採用し、DACの隣に配置しています。

デジタルフィルターは、8倍オーバーサンプリングのNPCの「SM5840CP」です。

電解コンデンサはELNAのオーディオ用(安い方)ですが、キチンとした音を出してくれます。

オーディオ回路 オーディオ用の電源回路

NPCのデジタルフィルター
SM5840CP
SONY製の1bitDAC
CXD2552



(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカの上はアルミパネル(トップカバー)でシールドされており、その上を左右の基板をつなぐフラットケーブルがまたいでいます。

このトップカバー方式は、今では多くのプレーヤーに装備されていますが、この当時はクランパーが付いたブリッジ方式が主流で、トップカバー方式のプレーヤーはわずかでした。

トップカバーのメリットは、メカブロックの強度が向上し振動対策に有効なことと、ピックアップやギヤにホコリがつきにくくなることです。

トップカバーをはずすと4点支持でフローティングされたピックアップ・ユニットが現れます。

使われているピックアップはSONY製のKSS-210A。スライド機構はギヤ式です。これらのユニットはフローティングされています。メカベースは樹脂製です。

ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ・ドライブメカ

ピックアップ KSS-210A



(出力端子・リモコン)
リアパネルのデジタル出力端子は光学式が1系統、アナログ出力はFIXED、VARIABLEの2系統。他にケンウッドのシンクロ接続端子(XS)があります。専用リモコンの型番は「RC-P7040」。

出力端子 リモコン RC-P7040


KENWOOD DP-7040のスペック

周波数特性 4Hz〜20kHz
高調波歪率 0.001%以下
ダイナミックレンジ 100dB以上
S/N比 105dB以上
サイズ 幅440×高さ128×奥行314mm
消費電力 15W
重量 7.0kg (実測7.0kg)

















KENWOOD・ケンウッド DP−7040 B級オーディオ・ファン