TOP > イヤホンの音質比較 > PHILIPS SHE9850


PHILIPS SHE9850のレビュー


価格 12,800円


PHILIPSのSHE9850は、2009年4月に発売されたバランスド・アーマチュアドライバーを搭載したカナル型イヤホンです。

当時、フィリップスのヘッドフォンはヨーロッパでシェアNo.1で、この2009年4月はフィリップスが、日本のヘッドフォン/イヤフォン市場への本格参入した年です。有名なSHE9700をはじめ24モデルが発売され、その中でSHE9850はイヤホンのフラグシップモデルでした。


搭載されているバランスド・アーマチュアのドライバはシングルタイプで、ボディは多くの人の耳に合うように角度を付けた「アコースティックパイプ」構造を採用して耳へのフィット感を高めています。


イヤホンのボディは透明で、その中にドライバユニットを納めた金属製のケースが入っています。


イヤーピースは普通のシリコンゴム製のもの(S、M、Lサイズ)と、
低反発素材のポリウレタン製のイヤーピース(コンプライ製)が付属しています。

コードは1.2m(Y型)と少し長めです。プラグは金メッキのステレオミニプラグです。



SHE9850の音質について


SHE9850は感度が高いため、音量はボリュームを小さくして、けっこう大きく聞こえます。

基本は「フラット」方向に振った音で柔らかめのサウンドです。ただ度合としては少しだけなので、スマホやDAP自体が「ドンシャリ」の音だと、その方向になる場合もあります。

カナル型のイヤホンというと構造上、どうしても「こもる」ような音がありますが、SHE9850は1万円を超えていることもあり、そのあたりはうまく抑えてられています。

SHE9850の音の特徴は音のクリアさと高い解像度。キチンと細かい音までちゃんと再生しています。

高音と中音はクリアでキレがあります。低音は締まっていますが量感は普通。低音増強タイプのイヤホンではないので、迫力のある低音を聴きたいという人には向きません。

再生能力がとても高いイヤホンですが、スマホ直付けや安いDAPだと能力は100%発揮できません。


ケーブルのタッチノイズは普通です。



SHE9850のフィット感について


イヤホンのステム(音筒・チューブ)が細いため、シリコン製イヤーピースだと外れやすくフィット感はあまりよくありません。コンプライでは問題ありません。
ただこれは使う人の耳の穴の大きさや形状しだいなので、人によってはピッタリとフィットする人もいると思います。



SHE9850





PHILIPS SHE9850のスペック


装着方式 カナル型
構造 密閉型
駆動方式 バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域 20Hz〜20,000Hz
出力音圧レベル 115 dB/1mW
最大入力 3mW
インピーダンス 12Ω
コード 1.2m(Y型)
プラグ 3.5mm金メッキ ステレオミニプラグ
重量 15g
付属品 キャリングケース
交換用イヤーピース(3サイズ)
クリップ















PHILIPS SHE9850の音質とレビュー・評価 B級オーディオ・ファン