TOP > イヤホンの音質比較 > audio-technica ATH-CKS77


オーディオテクニカ ATH-CKS77のレビュー


価格 8,500円(税抜き)


audio-technica・オーディオテクニカのATH-CKS77は2011年4月15日の発売。「圧倒的な低域表現を獲得した、キレのあるサウンド再生」という「SOLID BASS(ソリッドベース)」シリーズのイヤホンです。
カラーはブラック、ブラックレッドの2色です。

同時にATH-CKS55(5,040円)が発売され、翌2012年には上級モデルとなるATH-CKS99(1万2600円)が発売されました。



ATH-CKS77の特徴について


ATH-CKS77では重低音を再生するために、「サブチャンバーメカニズムAR」と「2ポジションポスト」の2つの機構を採用しています。

(1)サブチャンバーメカニズムAR
ボディに切削アルミニウムを使い、低音を増強する空気室(チャンバー)を設け、アコースティックレジスター(音響抵抗)を直列配置した「サブチャンバーメカニズムAR」を採用しています。これにより量感があり引き締まった重低音を再生しています。

(2)2ポジションポスト
イヤーピースは装着を「スタンダードポジション」と、「ディープポジション」の2段階に調整できる「2ポジションポスト」を採用。装着度を増して音漏れを防ぎ、低音の再生力を強化しています。


ドライバーユニットは強磁力マグネットとCCAWボイスコイルを使用した、12.5mmの専用ドライバーを開発。

コードのシース(外皮)には、高弾性エラストマーシースを使用。長さは1.2mコードで金メッキL型ステレオミニプラグを採用しています。

4サイズのイヤピース(XS,S,M,L)と、ポーチが付属しています。



ATH-CKS77の音質について


音はドンシャリ型で高音の解像度や透明感はちゃんとあります。

問題は低音で、かなり強めに出ます。低音は重低音の部分は締まっていますが、中音と低音の間になる中低音の部分が、少しボワついています。これにより中音や高音部分が影響を受けて、聴いていてもバランスが悪いです。

例えばドラムの音でいうとバスドラにチューニングを合わせているようで、バスドラの音は良いのですが、スネアやハイハット、シンバルの音は原音とは違います。

やはり低音で人気のJVC HA-FX3Xに比べると人工的な感じの低音です。


タッチノイズはケーブルの分岐部より下は良く抑えられています。それより上は少しあります。ケーブルはからみやすいです。



ATH-CKS77のフィット感について


ボディが大型で少し重いですが、ステム(音筒・チューブ)が長くイヤーピースもキッチリとはまるためフィット感は良いです。



オーディオテクニカのその他のイヤホンのレビュー

ATH-CKB70  ATH-CK330



ATH-CKS77 BK ブラック






audio-technica ATH-CKS77のスペック


装着方式 カナル型
構造 密閉型
駆動方式 ダイナミック型
ドライバーユニット 12.5mm
再生周波数帯域 5Hz〜25,000 Hz
出力音圧レベル 106 dB/1mW
最大入力 100mW
インピーダンス 14Ω
コード 約1.2 m(Y型)
プラグ 3.5mm金メッキ L型ステレオミニプラグ
重量 7g(ケーブルを除く)
付属品 イヤーピース XS、S、M、L
ポーチ














オーディオテクニカ ATH-CKS77の音質とレビュー・評価 B級オーディオ・ファン