TOP > イヤホンの音質比較 > audio-technica ATH-CKB70


オーディオテクニカ ATH-CKB70のレビュー


オープン価格 実売5,500円〜8,800円(税抜き)


audio-technica・オーディオテクニカのATH-CKB70は2014年11月14日の発売。

バランスド・アーマチュア型のイヤホンで、価格を抑えて「購入しやすくカジュアルに楽しめるBAイヤホン」というのが商品コンセプトです。

カラーはブラック、ブラックレッドの2色です。同時に弟分のATH-CKB50(オープン価格・実売3,880円)も発売されました。



ATH-CKB70の特徴について


ATH-CKB70は小型なボディの中に、シングルタイプの大型BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを搭載しています。
これによりBA型の特徴であるクリアな中高域と、量感のある低音を再生します。


ATH-IM02にも搭載された「アコースティック・ホーン」を採用。導管をホーン形状にすることで、音響放射抵抗を減らし、高域の減衰を抑えて音の伝播効率を向上。繊細な再生音を実現しています。


耳に沿うイヤホールドブッシングは、ラウンド形状のブッシュにより、自然で無理のない快適なフィット感を実現しています。

コードの長さは1.2mで、金メッキL型ステレオミニプラグを採用しています。

4サイズのイヤピース(XS,S,M,L)が付属しています。



ATH-CKB70の音質について


ATH-CKB70のカタログスペックとしては、再生周波数帯域は10〜15,000Hzとなりますが、実際に聴いてみるとレンジが狭いという感じはまったくありません。
逆に高域が25,000Hzぐらいまで出ているダイナミック型のイヤホンよりもレンジが広い感じがします。

この要因としては、音がクリアでとても解像度が高いので、高音の粒立ちやキレがちゃんと出ているせいかもしれません。
BA型は低音が出ないなどとと言われますが、このイヤホンはキチンと出ます。良く締まっており量感も必要にして十分という感じです。

サウンドは「フラット」なので、クラシック、ジャズ、ロック、JPOPなど対応できるジャンルは多いです。


タッチノイズはやや大きめ。ケーブルは絡みにくいです。



ATH-CKB70のフィット感について


ステム(音筒・チューブ)が長いですが、かなり耳の穴の奥まで入れないとフィットしません。このためちょっと違和感を感じる人もでるかと思います。



オーディオテクニカのその他のイヤホンのレビュー

ATH-CKS77  ATH-CK330



ATH-CKB70 RD レッド






audio-technica ATH-CKB70のスペック


装着方式 カナル型
構造 密閉型
駆動方式 バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域 10Hz〜15,000Hz
出力音圧レベル 111dB/1mW
最大入力 3mW
インピーダンス 51Ω
コード 約1.2 m(Y型)
プラグ 3.5mm金メッキ L型ステレオミニプラグ
重量 5.8g(ケーブルを除く)
付属品 イヤーピース XS、S、M、L














オーディオテクニカ ATH-CKB70の音質とレビュー・評価 B級オーディオ・ファン