TOP > イヤホンの音質比較 > ハイレゾイヤホン amadana コラボモデル


ハイレゾイヤホン amadana コラボモデルのレビュー


価格 5,295円


Docomo 「amadana」コラボモデルは、2015年10月に発売されたハイレゾ対応のイヤホンです。当時はハイレゾ対応のイヤホンが5,000円台で買えるということで、話題になりました。カラーはブラック、ブラウン、ホワイトの3色です。

当初はドコモショップやドコモオンラインショップだけで販売ということでしたが、後にヨドバシカメラなどでも販売されました。


Docomo(ドコモ)は2014年〜15年冬春モデルで、ハイレゾ再生に対応したスマートフォンを7機種を発売し、スマホのハイレゾ対応を強化します。
いわば、その一環として誕生したのが、デザイン家電で知られる「amadana」とのコラボモデルです。

ユーザーから見るとスマホに付属しているイヤホンは、音が悪いとか安物というイメージが強く、大手携帯3社はなんとかこのイメージを取り去ろうとしてきました。

auは2012年にスマートフォン「HTC J ISW13HT」に、1万円超のイヤホン「Urbeats」を付属品にしましたし、ソフトバンクでは2015年6月に発売されたイヤホン「SE-1000」が、安いのに音が良いということで、テレビなどのマスコミでかなり取り上げられました。

ハイレゾ対応イヤホンへの取り組みも同じで、Docomo から「amadana」コラボモデルが発売された翌月(2015年11月)には、ソフトバンクからハイレゾ対応のイヤホン「SE-5000HR」(8,880円)が発売されました。


「amadana」は2002年に設立されたデザイン家電の会社で、電気製品の企画やデザインを行っている会社です。製造は外部委託なので、従業員は50人ぐらいしかいません。

当然、イヤホン用の高音質のドライバーやボディなどのノウハウは無い訳で、たぶんデザインのみを「amadana」が行い、後はどこかのイヤホンメーカーにお任せというパターンだと思います。

そのせいか製品の内容はほとんど開示されておらず、ドライバーユニットの口径8ミリで、振動板は金属コーティングされていることぐらいしかわかりません。

パッケージには発売元が伊藤忠商事株式会社、輸入元は三信電気株式会社となっています。



amadana コラボモデルのデザインについて

「amadana」とのコラボということで、デザインに期待する人もいるかと思いますが、実際に手にとってみると意外とチープです。

ボディは5,000円もするのにプラスチック製。質感も悪くエントリークラスのイヤホン並みです。

デザインはどっかで見たことあるようなと考えてみると、これがフィリップスのSHE9100とSHE9700を掛け合わせたデザイン。
こういうのは中国メーカーが得意にしているデザイン手法です。

「amadana」の他の製品と比べても、デザインにamadanaらしさがなく、本当にamadanaがデザインしたのかという感じ。もしかするとコラボモデルによくある「名義貸し」なのかもしれません。



amadana コラボモデルの音質について


いろいろなイヤホンを聴いたことがない人は、「ハイレゾ」という言葉のプラシーボで音が良いと思う人もいるかもしれませんが、このイヤホンに関しては「ハイレゾ対応」という言葉は忘れたほうが良いです。


高音はそこそこ解像度があり、音のキレやツヤもあります。ただしピアノなどの楽器にはキャラクタ(音の色付け)があります。

しかし問題はそこではなく、中音部と低音部の音に「くもり」があることです。スマホやDAP直付けだとわかりずらいかもしれませんが、ハイレゾ対応のUSB-DACなどを通すとハッキリと出てきます。
「ハイレゾ」をうたっているのに、ちょっとこれはいただけません。タッチノイズは少な目です。

実力としては、このぐらいの音を出す3,000円台のイヤホンはたくさんありますし、場合によっては2,000円台に負けるかもしれません。


もっとも外国の製造メーカーから販売するドコモまでの間に、三信電気(輸入元)、伊藤忠商事(発売元)、そしてamadanaと3社も入っており、それぞれがマージン(利益)を取っている訳ですから、販売価格は5,000円でも製造コストは相当抑えなくてはいけません。コスパが悪いのも当然かもしれません。



amadana コラボモデルのフィット感について


イヤーピース自体の装着感は悪くないですが、ステム(音筒・チューブ)が短いので外れやすいです。



ハイレゾイヤホン amadana コラボモデル ブラック






ハイレゾイヤホン amadana コラボモデルのスペック


装着方式 カナル型
構造 密閉型
駆動方式 ダイナミック型
ドライバーユニット 8mm
再生周波数帯域 20 Hz〜40,000Hz
出力音圧レベル 105dB/mW
最大入力 20mW
インピーダンス 20Ω
コード 約1.2 m(Y型)
プラグ 3.5mm金メッキ ステレオミニプラグ
重量 5g(ケーブルを除く)
付属品 イヤーピース(S、M、L)














ハイレゾイヤホン amadana コラボモデルの音質とレビュー・評価 B級オーディオ・ファン