TOP > 使っているオーディオ > DENON DP-1600


DENON DP-1600

     1977年 定価56,000円


DENON DP-1600は1977年に発売された、ダイレクトドライブのマニュアル・レコードプレーヤーです。

同じ価格帯のライバル機はLo-D HT-550、MICRO DD-5、Pioneer PL-A500、SANSUI SR-636、SONY PS-X6、Technics SL-1301、TRIO KP-7600(カートリッジレス)、YAMAHA YP-D7(カートリッジレス)、Victor QL-5Rなど。


当時、DENONは日本コロムビアの事業部で、デノンではなく「デンオン」という呼び名でオーディオファンに親しまれていました。中でも人気があったのがレコードプレーヤーと、カートリッジのDL-103です。どちらも放送局やレコード会社のスタジオなどで使われていました。

その頃のオーディオファンは「原音再生」という言葉にこだわりが強く、放送局などプロが使うものだから原音に近いハズだという、いわば「スタジオ信仰」が根強かったです。これはレコードプレーヤーだけでなく、スピーカーにも現れてYAMAHA NS-10Mや、Rogers LS-3/5aなどのBBCモニターの信者がいました。(現在もいます。)


当時のDENONのレコードプレーヤーの特徴は、単品でも販売されていたターンテーブル、キャビネット、トーンアームを組み合わせて商品を作っていたことです。そのころは自作派の人も多く、キャビネットを自分で作る人もいました。
また後からトーンアームを交換したり、追加して2本にするということも普通に行われており、DENONのレコードプレーヤーは、こういうことにも対応できる「拡張性」に優れた存在でした。

ただ、こういう商品はオーディオマニアにとっては、使い勝手の良い商品でしたが、オーディオの初心者には少し敷居の高い存在だったと思います。
ちょうど1970年代中ごろからオーディオブームが始まり、初めてオーディオを買うという人たちが増えます。


DP-1600は前年に発売されたDP-1800の大理石キャビネットを、木製キャビネットに代えたプレーヤーで、DP-1700(1975年・58,000円)の後継機となります。
スペックはDP-1700とほぼ同じで、価格は少し安くなりました。コンセプトも軽いターンテーブルを使って、素直な立上り特性を得るということで同じです。

ターンテーブルはアルミダイカスト製で重さは1.1kg。これをダイレクトドライブで回転させています。
モーターはACサーボ(家庭用電源の周波数による制御)方式のモーターを使用しています。
このサーボは、DENON独自の高精度磁気記録再生方式によるスピード検出機構を持ち、高い精度でスピードの誤差を検出して、回転スピードの制御を行っています。
回転数の調整機構を搭載しており、±3%の範囲で微調整ができます。

トーンアームは軽量化と強度を併せ持った、スタティックバランス型のS字パイプアームです。バネ式のアンチスケーテイング機構やアームの高さの調整機構が付いています。

キャビネットはパーチクルボード製。インシュレーターは高さの調整が可能です。

標準装備のカートリッジはMM型のDL-8Aです。


DP-1600はワウ・フラッター 0.003%など、中級機としては十分なスペックを持っていましたが、他社のライバル機はクォーツロックを搭載し始めており、一部では慣性質量の大きなターンテーブルの搭載も始まっていました。このため目新しさのないDP-1600は、いささか時代の波から取り残されつつある存在でした。

ただレコードプレーヤーに求められる要件としては、クォーツロックによる回転数の正確性もさることながら、堅実性や安定した稼働という部分も重要な要素です。DP-1600はターンテーブルやトーンアーム、キャビネットなど保守的な設計ですが、発売から40年たっても中古やオークションに出てくる稼働機が多いのが、それを証明しているのかもしれません。

翌1978年には、これらの技術や思想を受け継ぎ、クォーツロックと慣性モーメントを高めたターンテーブルを搭載する、「DP-50M」と「DP-50L」が登場してヒット商品となります。この価格帯のリファレンス機ともいえる存在でした。


※当時、日本コロムビアはビギナーモデルなどの低価格のレコードプレーヤーは「COLUMBIA」ブランドで、中級機以上を「DENON」ブランドで販売ていました。



(ターンテーブル)
ターンテーブルはDENON独自のデザイン。当時はこのデザインを見れば誰でもDENONのレコードプレーヤーだとわかりました。

モーターはACトルクモーターです。1970年代後半になるとDCモーターを採用するメーカーが増えますが、DENONはDCモーターのコッキングを嫌い、1980年代の中ごろになってもACモーターを使い続けました。モーターは大きなダイキャストベースに固定されています。

ターンテーブルはアルミダイキャスト製で直径は30cmで、ターンテーブルき少しずつ大きくなっていた時代ですので、少し小ぶりといえるかもしれません。重量は1.1kgと軽量で慣性質量160kg/cm2。これは素早い立ち上がり(定速回転まで1.5秒以内)を求めた結果です。

現在はレコードを聴くのに手間がかかるのも魅力のひとつなので、定速回転になるのに時間がかかっても、どうということはありません。でも当時はレコード盤のクリーニングやアンプのカートリッジロードの切り替え、ボリュームの調整、マニュアルのレコードプレーヤーで針を落とす作業など、少しでも早く音楽を聴きたいのに時間がかかるというのが、「難点」としてとらえられていました。
そのため1982年にCDプレーヤーが発売された時には、CDをトレイにセットして再生ボタンを押すだけで、すぐに音楽が聴けるということで、大きな話題となりました。

ストロボはAC電源の周波数を利用したもので、ターンテーブルの縞目は33 1/3回転と45回転が50Hzと60Hz分の4つあります。50Hzと60Hzの切り替えは、ターンテーブル内のランプの窓の位置のずらすことで対応します。

ターンテーブル ACトルクモーター

回転数切り替え・スピード調整ツマミ ストロボランプ


(トーンアーム)
トーンアームはスタティックバランス型のS字パイプアームで、軽量でありながら強度も兼ね備えたユニバーサルトーンアームです。軸受部に高級ベアリング、焼入研摩したピボットを使用し、高い感度とトレース能力を備えています。

アームの有効長は244mmで、オーバーハング14mm。オフセット角は20.5度。トラッキングエラーは最大2.5度。適応カートリッジの重量は5〜11gで、針圧可変範囲は0〜2.5gです。

その他にアームの高さ調整機構や、バネ式のアンチスケーティング機構も備えています。

スタティックバランスS字アーム アームの基部

アームの取り付け部(内側)

合板にゴムやワッシャーを介してナットで締め付けているだけです。少したよりないですが、アームがガタついた時は、ナットを締めるだけで済みます。

フォノケーブルは着脱式で5PINのDIN端子です。


(キャビネット)
薄型のキャビネットですが、なかなかしっかりとしています。材質は積層合板で厚さは天板が21mm、フロントとサイドは33mm。角とターンテーブルの横には木製の補強材が取り付けられています。

当時は内部損失の大きい木製の合板を何枚も重ね、そこからフォノモーターとアームの部分だけをくりぬいた積層合板が良いとされていました。ところがカタログには積層合板の文字が入っているものの、実際には一部にしか使われておらず、中が空洞というものも多いです。

インシュレーターは樹脂製でプレーヤーの水平をとるための、高さ調節機能が付いています。

内部 底板

インシュレーター

樹脂製の小ぶりな物で、接地面はフェルトが張り付けられています。


(電源回路)
電源トランスは小さくて貧弱です。モーターを回転させるという仕様からいえば、これでも十分なのかもしれませんが、サーボがかかった時は瞬間的に大きな電流がかかる訳で、トランスが小さく、しかも電解コンデンサも少ないとなるとちょっと不安です。もしかするとサーボ時には少しタイムラグが出るかもしれません。

ちなみに後継機のDP-50M/Lでは、トランスが大きくなりコンデンサの数も増えているので、ここがDP-1600の弱点だったのかもしれません。

保護回路のヒューズは30mmで1Aが1本です。コンデンサは角型ACコンデンサ 250V ・3.0μFなど。電源コードは細い平行コードです。

電源トランス 電源回路


(サーボ回路・駆動回路)
サーボ制御はDENON標準の方式です。ターンテーブルの回転スピードの検出機構は「高精度磁気記録再生方式」と呼ばれていました。

これはターンテーブル(プラッター)の内側に、1000個のマグネットを取り付け、それを磁気ヘッドで読み取ってパルスを生成します。それを基準周波数パルス(家庭用電源の周波数パルス・50Hz/60Hz)と比較チェックして、ズレがあれば回転スピードにムラがあるということで、すぐに補正する仕組みになっています。

サーボ回路 読み取り用の磁気ヘッド

底板のスピードアジャスター

ストロボスコープの隣にあるスピードアジャスターでも、スピードが合わない場合は、底板にあるスピードアジャスターで調整します。


(フォノケーブル)
トーンアームの基部にある、5ピンのDIN端子に接続する仕様です。ケーブル交換ができるのがメリットですが、現在市販されているフォノケーブルは数が売れないということで、値段が高いのがデメリット。

自作するのもひとつの選択肢ですが、フォノケーブル用のDIN端子は数が少なく、オヤイデぐらいしか入手先がありません。
このオヤイデからはフォノケーブル自作セットが発売されており、価格は3844円(税込み)と手軽なのですが、ケーブルの長さが1mなのでウチには短すぎるのが問題です。

フォノケーブル


DENON DP-1600のスペック

ターンテーブル 直径30.0cm 重量1.1kg
起動トルク
ワウ・フラッター 0.003%以下
回転数偏差 0.0018%以下(DENON独自の測定法)
S/N比 73dB以上(DIN-B)
消費電力 10W
サイズ 幅485×高さ163×奥行405mm
重量 10kg
















DENON DP-1600 B級オーディオ・ファン