TOP使っているオーディオスピーカー > B&W DM601 S2


B&W DM601 S2

     1999年 56,000円(2本)



B&W DM601 S2は1999年6月に発売された2ウェイの小型スピーカーで、1996年に発売されたDM601の改良モデルとなります。


B&W(Bowers & Wilkins)は1966年の設立で、型番のDMとはDomestic Monitorの略で、B&Wの企業としてのポリシーのひとつでもあります。

1996年に登場したDM601は、アラミド繊維のケブラーコーンを搭載し、その優れた音質から世界中でヒットします。それを見たライバル会社も、次々にアラミド繊維を使用したユニットを採用しました。
そういう意味では現在の小型スピーカーに、大きな影響を与えたスピーカーです。


DM601 S2はノーチラスチューブの新型トゥイーターを採用。ケブラーコーンには新たに円錐型のフェイジング・プラグが取り付けられました。

ウーファーはケブラーの織布(ウォーブン・ケブラー)を成型したコーンユニットです。
カタログではウーファーのサイズは16.5cmとなっていますが、これは取り付け用の金属部分まで含めたサイズで、振動板の直径は約12cm、エッジ部分を含めても14.5cmほどです。

トゥイーターは26mmのメタルドーム・トゥイーターとなっていますが、色から見てアルミ系だと思います。

空芯チョークコイルとフィルム・コンデンサーを使用した、リニアフェイズ・ネットワークを使用しており、クロスオーバー周波数は3kHzです。

フロントバッフルは音の回折を低減し、不要輻射を分散するハニカムパターンを成型した樹脂製のバッフルと、MDFのコンポジットバッフル(複合構造)です。

フロントバスレフで、バスレフポートの気流によるノイズを低減させるために、ダクトパイプの端にフレア(広がり)を設けた「フレアードポート」を装備しています。

スピーカー端子はバイワイヤリング接続に対応しています。

仕上げはチェリーとブラックの2種類。



DM601は日本でもヒットしたスピーカーで、このスピーカーでB&Wの名前を始めて知ったという人も多いかと思います。人気のピークは初代のDM601よりも、DM601 S2やDM601 S3の頃だったと思います。

年数がたったこともあり、オークション価格は平均すると2万円ぐらいで購入できます。出品される数は以前に比べると、だいぶ減りましたが、ツィーターが潰されている物が減って、良品の割合が増えています。






(ケブラーについて)
B&Wのスピーカーというと「ケブラー」ですが、1965年にアメリカのデュポン社が開発したアラミド(ポリアミド)繊維です。同じ重さの鋼鉄と比べて5倍の強度があるなど、強靭でしたが高価な素材でもありました。そのため、当初は防弾チョッキなど用途も限られていました。

でも、このケブラーは、1980年代後半の日本ではとても有名な素材でした。当時はスキーブームの最中。wikiでは「私をスキーに連れてって」(1987年)によってスキーブームが始まったかのように書かれていますが、全くの間違いで1983年にはスキー人口がすでに1000万人を越えており、あれはスキーブームだったために、製作されてヒットした映画です。

1985年に発売されたスキー板「ロシュニョール 4Sケブラー」は、世界中で100万台(ペア)以上も売れたモデルで、定価が9万9000円と高額なスキー板(スラローム用のレーシングモデル)でしたが、日本でも大ヒットとなりました。

ちなみに世界で初めてスキー板にケブラーを採用したのは、日本の小賀坂スキーで1973年に開発、1974年に採用モデルの「K&V」を発売しています。
B&Wがケブラーコーンを開発したのが1974年ですから、くしくも同じ時期に開発が行われていたことになります。


1970〜90年代のスキー板は、スピーカーと同じく素材開発がさかんで、ケブラー以外にもカーボン、セラミック、グラファイト、チタン、アルミニウム、マグネシウム、ボロンなどいろいろな素材が使用されました。
ケブラーは軽量で鋼性が高く内部損失により、滑走時の振動を抑えられるという、スキー板にとっても理想的な素材(スキー板の素材や用途などは、意外とスピーカーと共通点が多い)で、4Sケブラーのヒットにより、他のスキーメカーでも採用されていきます。

当然のこととして、ケブラーの使用が増えれば生産も増えて価格も下がり、それによってまた新たな需要を生み出すということになります。1996年から600シリーズにケブラーコーンを搭載するB&Wも、まわりまわって恩恵を受けていたのかもしれません。

ロシュニョール 4Sケブラー



(スピーカーのセッティングについて)
まず、DM601 S2付属のシャンパープレートは音が悪いので、ジャンパーケーブルを作って交換します。
ケーブルは切り売り用のスピーカーケーブルを使えば簡単に作れます。できれば1m1000円ぐらいのケーブル。

これで音の解像度とキレが1ランク向上します。


サイズの割に重さが6.1kgしかないことからも想像できるとおり、少し大きな音で音楽を再生すると、エンクロージャー(キャビネット)は盛大に振動します。つまり箱鳴りを利用したスピーカーです。

そのため、棚やラックの上に設置するのは向きません。しっかりとしたスピーカー台とインシュレーターは必需品です。


スピーカーの置く場所は、フロントバスレフのために、壁面までの距離はそれほど空けなくてもOKです。

オーナーズマニュアル(下図参照)では、後ろの壁面からフロントバッフルまで50cm。横の壁面からはスピーカー本体までは50cm、左右のスピーカーの間隔は1m50cm空けるように推奨されています。


ポンと置いただけでも、そこそこの音が出てくれれますが、箱鳴りするということはキャビネットからも音が出ている訳で、スピーカーの左右と後ろには適度なスペースを持たせた方が良いと思います。

重要なのは左右の間隔で、近すぎると音が混濁してしまいます。これはウーファーがケブラーと、フェイジングプラグによって、不要な音をわざと拡散させているためで、間隔が近いと反対側のスピーカーから拡散された、不要な音の影響を受けてしまうようです。



(音質について)
明るめのサウンドで、解像度が高く細い音も、よく再生します。透明感もあり音の粒立ちが良く、そこそこスピード感もあります。いわゆる「美音」と呼ばれるような音です。

音場は立体感があり、音の広がりと奥行も良いです。
高音はキレがありますが、低音はさほど出ません。16.5cmウーファーといっても正味は12cmです。でも、やせた音の感じはしません。


明るめのサウンドですが、ジャズやフュージョン、クラシックなども良いです。問題はボーカルの帯域が少し引っ込んで聴こえること。このためボーカルやロックなどでは物足りなさが出ます。

ソースによって粗削り感が出たりしますが、全体としてはバランスが取れた聞きやすい音だと思います。

小さい音量でも、解像度など十分に能力を発揮するため、ニアフィールドでの使用や夜間のリスニングにも適しています。


趣味としてのオーディオでは、機器の組み合わせの仕方が醍醐味のひとつですが、実際の問題としてはアンプとスピーカーは相性が出やすく、悩みの種となります。
DM601 S2はいろいろなメーカーのアンプやCDプレーヤーとの相性が良く、ベストとはならないまでも、実用性の高いスピーカーだと思います。



2.6cm メタルドーム・トゥイーター

ノーチラスチューブ(チューブローテッド設計)のトゥイーター。

トゥイーターの
ダイアフラムから、後ろに伝わる音の振動を効果的に吸収、制御することで、高域再生の質を高めています。


16.5cm ケブラーコーン・ウーファー

振動板に使われているケブラーは、防弾チョッキなどに使用される素材で、1970年代からB&Wがスピーカーに使用を始め、現在では振動板の代表的な素材のひとつとなっています。

昔は振動板は軽くて丈夫な素材を使い、正確で均一なピストンモーションを伝えるものがベストという感じでしたが、ケブラー振動板はちょっと違って、あえて分散パターンを作りだすことで、音の遅れや反射音による「音ぼけ」を無くして良い音を出そうというものです。

従来の素材では振動(屈曲波)がスピーカーの中心から円形に広がるのに対し、ケブラーは織り布の模様に合わせて正方形の形になります。

問題は振動(屈曲波)がエッジ(サラウンドとも呼ばれます)に到達した後、エッジで吸収されるものやバッフルに伝わるものもあれば、そこで反射してコーンの中央部に戻り、また振動となって遅延音を放射することです。

従来の素材ではこの反射波も円形に広がるため、最初に発信した音と同じパターンの形の遅延音(いわゆる定在波)となり、音質を悪化させる原因となります。

それに対してケブラーは織布のため、エッジ周辺は円形にカットすることで、不規則な形になっており、正方形に伝わった振動は、反射波になったときに方向、時間ともに不規則になります。この結果、中央に戻るエネルギーははるかに少なくなるため、遅延音の発生も少なくできます。こうしてクリアで抜けの良い音が再現できる訳です。



ケブラーコーンの中央には、円錐型のフェイジング・プラグが取り付けられています。これは振動板の中心部で波動がぶつかって、音波が乱れるのを防いで、波動を拡散させる役目を持っています。

ユニットの型番は18N0V99で、エッジはゴム製です。


バスレフポート

バスレフポートの気流によるノイズを低減させるために、ダクトパイプの端にフレア(広がり)を設けた「フレアードポート」です。
ポート本体はプラスチック製。

リニアフェイズ・ネットワーク
大型の空芯チョークコイルと、フィルムコンデンサーを使用したネットワークで、クロスオーバー周波数は3kHz。

スピーカー端子

バイワイヤリング接続に対応しています。

付属のシャンパープレートは音が悪いので、ジャンパーケーブルを作って交換するのがオススメ。

内部の吸音材は厚めのスポンジが、たくさん入っています。

背板の厚みは12mm。



B&W DM601 S2のスペック

トゥイーター 2.6cm メタルドーム
ウーファー 16.5cm ケブラーコーン
周波数帯域 50Hz〜30kHz -6db
出力音圧レベル 88dB
インピーダンス
クロスオーバー周波数 4kHz
サイズ 幅204×高さ356×奥行244mm
重量 6.1kg




TOP
CDプレーヤー
アンプ
スピーカー
カセットデッキ
チューナー
レコードプレーヤー
PCオーディオ
ケーブル
アクセサリー
歴史・年表
いろいろなCD


B&W DM601 S2 スピーカー B級オーディオファン