TOP > 使っているオーディオ


JBL control CM−52 1996年 ペア25,000円


JBLのcontrol CM-52は、1996年のJBLの創立50周年を記念して、発売された「ニューコントロールシリーズ」のスピーカーです。兄弟モデルとして10cmフルレンジ搭載のCM-40(ペア18,000円)と、16.5cm・2WAYのCM-62(ペア35,000円)が発売されました。ちなみに「control 1」シリーズの50周年モデルとしてcontrol 1Gも発売されています。

CM-52のCMはコンパクトモニターの略で、1986年に発売された「control 1」の設計を踏襲しつつ改良したモデルでありながら、「ヴェッキオ」や「CF」シリーズなど他の50周年モデルと同様に、とてもリーズナブルな価格設定がされていました。

「control 1」と同じ13cm・2WAYのスピーカーですが、ボディサイズは一回り大型化。キャビネットの肉厚など構造も強化されたようで重量は大幅に増加しています。
キャンセルマグネットを装備した防磁設計で、ウーファーはパルプベースコーンにハイポリマー複合材をラミネートしたポリラミネートコーン。トゥイーターはバランスドライブ型となっています。サランネットはスチールグリルです。

背面にはアタッチメントがあり、別売のマウントブラケットを取り付けると、壁や天井への設置が可能です。また木ネジやフックなどでも、壁掛けができるようになっています。


(音質について)
名前は「コンパクトモニター」となってはいるものの、けっしてモニター的な音ではなくサラウンドバック用の音です。全体的にメリハリ感があり、高音はあまり伸びませんが低音はけっこう出ます。音場も良好。ただ繊細さやツヤなどはあまり無いので、ピュアオーディオなどに使うのはちょっと厳しいです。

1996年は初めてDVDプレーヤーが発売された年で、現在よりもAVシステムが人気が高かった時代。サラウンドバックのスピーカーを、天吊りや壁掛けにすることも多かったので、ユーザーニーズにも合致していたことになります。

50周年モデルとはいえ限定品ではなく、日本では2〜3年に渡ってカタログにも掲載されていました。本国のアメリカでは評判が良かったようで、2000年代の初めまで販売されていました。



12.7mmバランスドライブ・
トゥイーター


トゥイーターはチタン・ダイアフラムに、セミドーム型のコーンと、ドーム振動板を組み合わせた構造となっています。

ウーファーと同様に、ブルーの透明樹脂の化粧カバーが付いています。

13cmコーンウーファー

振動板はパルプベースに、ハイポリマー複合材をラミネートした「ポリラミネートコーン」を使用しています。
化粧用のカバーはブルーの透明樹脂です。

スピーカー端子とアタッチメント

スピーカー端子はバナナプラグに対応。

アタッチメントの真ん中にあるネジ穴が、マウントブラケットとの接合用で、上と下の穴は木ネジやフックを、引っかけて壁面に吊すためのものです。

購入時、オーディオショップにJBLの純正ブラケットが無かったため、YAMAHAのブラケット「SPM-5」を、購入して代用していました。


JBL CM-52のスペック

トゥイーター 12.7mm チタンドーム
ウーファー 13cm コーン
出力音圧レベル 89dB
周波数特性 50Hz〜20kHz
クロスオーバー周波数 4kHz
インピーダンス
サイズ 幅260×高さ171×奥行165mm
重量 3.6kg













JBL control CM-52 スピーカー