TOP > 使っているオーディオ


SANSUI AU-α707XR

     1993年 定価170,000円


サンスイのAU-α707XRは1983年10月に発売されたプリメインアンプです。
1980年代の後半から経営難となっていたサンスイですが、1990年代に入ると新たなスポンサーやアカイホールディングスとの資本提携がなされました。製品面ではCDプレーヤーは新商品の投入がめっきりと少なくなりますが、主力のプリメインアンプは精力的に開発が行われていました。

1993年は6月にエントリークラスのAU-α117K(25,000円)、AU-α317K(44.000円)を発売。9月にAU-α607XR(89,800円)、AU-α907XR(278,000円)を発売。そして10月にAU-α707XRが発売されました。上記以外にはAU-α507R(64,800円・1992年発売)とAU-X1111MOS Vintage(362,000円・1988年発売)などがラインナップされていました。→サンスイのアンプの年表

AU-α607、AU-α707、AU-α907はサンスイの看板商品で、「Xバランス・アンプ」や「ダイアモンド差動回路」というサンスイの代名詞となるような回路を搭載していたプリメインアンプです。707シリーズは「607」「907」の間に位置しており、受賞や評価となると長男の「907」か末っ子の「607」にスポットが当たってしまう損な役回りでしたが、内容はとても充実しています。
AU-α707XRは物量的には両者の中間、音の傾向はどちらかというと907XRに近いという感じです。

サンスイはAU-D607X・707X・907X以降、独自の「Xバランス・アンプ」を採用してきましたが、AU-α607XR・707XR907XRにはさらに進化した「Hyper α-Xバランス回路」を搭載しています。
Xバランス・アンプは全段で音楽信号の伝送・増幅が同時に行え、増幅回路とアース回路を分離させることで効率が高く、歪みが少なくスピーカーの逆起電力の影響を受けにくい方式です。

Hyper α-Xバランス回路では、内部で発生する動的ノイズを抑えるためのもので、パワーアンプとプリアンプの初段に高CMRR(コモン・モード・リジェクション・レシオ)型定電流回路を導入し、素子の非対称が原因のDCオフセットによる電流のばらつきを抑えています。これによりスペックには現れないものの音質に影響する動特性を改善しています。

バランス出力は+側と−側にそれぞれ専用のアンプを置き、計4つのアンプによスピーカーをドライブするプッシュプル方式をとなっています。パワー段には優れた高周波特性を持つNM-LAPT(ノンマグネティック・リニアアンプリケーション・パワートランジスタ)を採用。

全段をDCアンプ構成としており、位相反転無しで−側の出力が取り出せる「NEWダイアモンド差動回路」を採用しています。初段のFETをカスケード接続として、インピーダンスの異なる外部機器との接続の際にも安定度を高めています。


(音質について)
音はウォームトーンでワイドレンジ。高音はキャラクタを感じますが、よく伸びます。低音も不足はありません。ジャンルでいうとクラシック、ジャズ向き。この2つのカテゴリーでは音の粒だちや音場など素晴らしい音を聴かせてくれます。ただボーカルやロックとなるとソースによって、かなり向き・不向きがハッキリします。やはりクラシック、ジャズの音にシビアになれば、これは当然の結果だと思います。

1990年代の9万円クラスのアンプが現在は定価で17万円に値上がりしていることを考えると、このアンプが現在発売されれば30万クラスというところでしょうか。サンスイという会社で見れば経営難で厳しい時代でしたが、アンプの技術としては熟成されていた時期でした。そのため現在発売されているアンプと比べても、キチンとメンテされていれば全く遜色の無い音だと思います。



(内部について)
内部のレイトアウトはトランスや電解コンデンサを中央部に置き、パワートランジスタやヒートシンク、信号系などのパワーユニットを左右対称に配置した「強化ツイン・モノラル・コンストラクション」というもの。これによって電源系と信号系の振動を抑え、最適な重量バランスを実現するというものです。

アイソレーテッド・メカニカル・フィードバックは振動の伝達を低減させるもので、マスターボリュームとシャーシの間やパワートランジスタとヒートシンクの間などに、純銅製の制振アイソレーションパーツを設置。また振動吸収能力の高いテフロンシートをインシュレーターと底板の間に、放熱器やボンネットとシャーシの間にはテフロンテープを貼り振動を低減しています。


底面から見た回路や基板 楕円インシュレーター


(電源部)
電源部は「NEW α-Xバランス電源」と名付けられたバランス電源で、アースから独立させたクローズドループ構成となっています。
ケース入りの電源トランスは、現在でも「サンスイトランス」を生産・販売している橋本電気製。
ブロック・ケミコンは85V・5600μFのニチコン 楕円形状スーパーゴールド・サプライと日立 ピュア・フォーカスが1本ずつ。コンデンサの容量が他社よりも少ないのは、アンプのハイスピード化のために給電スピードを重視しているためです。ちなみにサンスイのアンプのカタログにはスルーレイト(応答時間)と、ライズタイム(立ち上がり時間)が必ず記載されていました。
電源コードは平型キャブタイヤであまり太いものではありません。
トランス ブロックケミコン

電源回路


(パワー部・プリ部)
全段をDCアンプにサンスイお得意のNEWダイアモンド差動回路という構成。初段のFETはカスケード接続となっています。
オーディオ専用デバイスのNM-LAPT(ノンマグネティック・リニアアンプリケーション・パワートランジスタ)は、高域特性をMOS FETなみに向上させたバイポーラトランジスタで、サンスイ特別仕様として非磁性化されています。
コンデンサはシルミックが多数使用されています。
パワーアンプ部の回路 PHONOイコライザー基板

スピーカー端子・プロテクト回路


(入出力端子)
入出力端子はPHONO・CD・TUNER・LINE。TAPEとDAT兼用(PLAY・REC)が2系統。パワーアンプ・ダイクトはアンバランス(RCA)が2系統、バランスが1系統。他にグライコなどとの接続に使用するPROCESSOR(入・出)があります。
スピーカー端子は2系統、コンセントが3口あります。
入出力端子 スピーカー端子

上:CD-α607(1998年) 下:AU-α707XR(1993年)

SANSUI AU-α707XRのスペック

実効出力 160W+160W (6Ω)
130W+130W (8Ω)
ダイナミックパワー 210W+210W (6Ω)
高調波歪率 0.005%以下 (6Ω)
0.003%以下 (8Ω)
混変調ひずみ率 0.003%以下 (8Ω)
ダンピングファクター 150 (8Ω)
スルーレイト 200V/μsec
ライズタイム 0.5μsec
周波数特性 DC〜300kHz (+0 -0.3dB)
パワー部S/N比 120dB以上
プリ部S/N比 110dB以上 (CD、TUNER、AUX)
88dB (PHONO MM)
70dB (PHONO MC)
チャンネルセパレーション 85dB以上 (CD、TUNER、AUX)
65dB (PHONO MM)
50dB (PHONO MC)
消費電力 330W
サイズ 幅466×高さ162×奥行452mm
重量 23.0kg















SANSUI・サンスイ AU-α707XR B級オーディオ・ファン