TOP > いろいろなCD > アメリカ最初のCD

アメリカで最初のCD

1983年2月、SONYはアメリカで初めて発売するCDプレーヤー(CDP-101)の価格を1000ドル(当時は1ドル約240円)、CDソフトの価格を16.98ドルとすることを発表します。

3月2日、日本に遅れること約5ヶ月、CBS(当時はCBS/SONYの親会社)から、アメリカで初めてのCDが発売されます。この時に発売されたのはビリージョエルの「ストレンジャー」、マイケルジャクソンの「スリラー」、TOTOの「TOTOIV」など12タイトルです。これと同時にSONYはアメリカのレコード販売に大きな影響力を持っていたラジオ局に、CDプレーヤーとCDソフトを無償で提供し、CDの販売拡大のプロモーションを始めます。また、一部のレコードショップは、日本やヨーロッパからCDを独自に輸入し販売を行いました。

その後、6月にCBSが12タイトルを追加、テラークが15タイトル、DENONが30タイトルを発売。8月には、ようやくポリグラムが100タイトルのCDを発売します。これらのCDは、まだアメリカにCDの生産工場がなかったため、日本や西ドイツからCDが輸入されたものでした。それでもソフトの種類、供給量ともに不足し、この年のアメリカでのCDプレーヤーの販売台数は3万台にとどまり、CDソフトの販売は80万枚だけでした。
1984年9月になって、SONYの子会社により、ようやくインディアナ州にCD工場が完成します。アメリカで初めて生産されたCDはブルース・スプリングスティーンの「Born In The USA」でした。それでも供給は不足が解消されたのは翌年になってからでした。1985年には2200万枚のCDが販売され、いよいよアメリカにもCD時代が到来することになります。



1983年6月までのCBSのCD発売リスト

ロック
番号 タイトル アーティスト
CK 34987 The Stranger/ストレンジャー ビリー・ジョエル
CK 33453 Wish You Were Here/炎 ピンク・フロイド
CK 37728 TOTOW/聖なる剣 TOTO
CK 37574 Wynton Marsalis ウィントン・マルサリス
EK 38112 Thriller/スリラー マイケル・ジャクソン
CK 36241 One on One/ワン・オン・ワン ボブ・ジェームス&アール・クルー
CK 37408 Escape/エスケープ ジャーニー
CK 36750 Guilty/ギルティ バーブラ・ストライザンド
CK 37548 Raise/天空の女神 アース・ウィンド&ファイアー
CK 33920 Silk Degrees/シルク・デイグリーズ ボズ・スキャッグス
CK 33795 Born To Run/明日なき暴走 ブルース・スプリングスティーン
EK 36844 Hi-Infidelity/禁じられた夜 REOスピードワゴン
EK 35050 Don't Look Back/ドント・ルック・バック ボストン
ZK 35769 Discovery/ディスカバリー エレクトリック・ライト・オーケストラ

クラシック
番号 タイトル アーティスト
MK35833 ベートーベン「英雄」 メータ:ニューヨーク・フィル
MK36703 モ−ツァルト交響曲第40番、「ジュピター」 クーベリック:バイエルン放送交響楽団
MK37204 メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲・ホ短調」 小澤征爾:ボストン交響楽団
MK37779 バッハ「ゴールドベルク変奏曲」 グレン・グールド
MK37280 チェロにきくクライスラー・パガニーニ名演集 ヨー・ヨー・マ
MK37786 ハイドン「ロンドン・トリオ」第1番〜第4番
「ディベルティメント」
ランパル、アイザック・スターン、ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ
MK35823 ストラビンスキー「ペトルーシュカ」 メータ:ニューヨーク・フィル
MK37295 Japanese Melodies Vol. 3 ランパル
SK36679 Echoes of Spain ジョン・ウィリアムス
MK35848 サーンスのチェロ協奏曲第1番 ヨー・ヨー・マ
マゼール:フランス国立管弦楽団


アメリカで最初に販売されたCD
マイケル・ジャクソン「スリラー」 EK38112
日本製造の表示











B級オーディオ・ファン