TOP > PCオーディオ > DENON DA-300USB


DENON DA-300USB

2014年 57,500円


DENON DA-300USBは、2014年2月21日に発売されたハイレゾ対応のヘッドフォンアンプ付USB-DACです。

ハイレゾはDSDの2.8/5.6MHzと、24bit/192kHzまでのPCMに対応しています。ASIOドライバによるネイティブ再生と、DoP(DSD Audio over PCM Frames)に対応しており、パソコンからUSB接続でDSD信号の転送が可能になっています。


A-300USBのD/AコンバータはTI製の192kHz/32bit・DAC「バーブラウン PCM1795」を搭載しています。

PCM1795は2009年に発表されたDACで、16bit、24bit、32bitのPCMデータとDSDデータに対応しています。電流出力のDACで内部には8倍オーバーサンプリングのデジタルフィルターを内蔵していますが、外部のデジタルフィルターの使用も可能です。

DENONは従来からDACの前段にある「Advanced AL32 Processing」(通称 Alphaプロセッサ)で、データのアップコンバートと、デジタルフィルターを行っているので、DA-300USBも同じだと思います。(DA-310USBはlphaプロセッサのデジタルフィルターを使用)

PCM1795は音の良いDACとして、多くのピュアオーディオ用の機器でも使われています。
パーツショップによっては、1個2000円以上のボッタクリ価格で販売しているところもありますが、メーカーからの出荷価格は2.9〜3.4ドル(1000個)程度です。


Advanced AL32 Processing(Alphaプロセッサ)は、波形再現技術と呼ばれる回路です。
波形再現技術は音源が20bit以上にも関わらず、CDや音楽配信などでデータ容量の問題で解像度を落とされた信号を、元の波形を推定して再現をする技術のことです。「AL32」では元が16bit信号であっても、データ補間を行い32bitにアップコンバートを行っています。

以前は「CD製作時に切り捨てられたデータを再現」というような説明がされていましたが、ユーザー側が勝手に「だからCDは音が悪い」とか、Alphaプロセッサは20kHzの周波数を再現するとか解釈してしまったため(実際はいずれもケースbyケースで異なります)、現在はメーカー側も「滑らかな波形を再現する」と言い方を変えています。


USB-DACではパソコンから発生する強力なノイズが、音質の大きな問題となりますが、DA-300USBにはUSBケーブルを通じて入ってくる、PCノイズを分離して遮断する「デジタル・アイソレーター」が搭載されています。

デジタル・アイソレーターはDCD-SX1などのSACDプレーヤーにも搭載されていますが、場所はUSBインターフェイスの後ろになっています。
DA-300USBではAlphaプロセッサとDACの間に搭載されており、Alphaプロセッサ(DSP)で発生するノイズも、いっしょに遮断しています。(オーディオ的にはDA-300USBの使い方が正解)

またパソコンから空中に放出されるノイズも音質に影響を与えますが、これをブロックするためにケース内部には鋼板が貼られています。


ヘッドホンアンプは電圧増幅段にハイスピード、ローノイズのオペアンプを使用。出力バッファー段はディスクリート回路としています。出力インピーダンスは32Ωで、幅広いヘッドホンに対応できます。
ヘッドホン端子はステレオ標準ジャック。ライン出力端子はRCA端子です。

入力端子はUSB(Type B)が1系統。デジタル入力端子は光が2系統、同軸が1系統です。


設置は縦置き、横置きともに可能で、設置方向に合わせて自動で表示の向きが変わる有機ELディスプレイを装備しています。

付属品はACアダプター、音声ケーブル、縦置き用スタンド、横置き用フット。


(USBのドライバーについて)
対応OSは Windows Vista, Windows7、Windows8ですが、Windows10でも問題なく動作します。MacOSはOS X 10.6.4以降です。
USBドライバはDENONのサイトからダウンロードが可能です。



(音質について)
レンジが広く解像度があり、奥行などの音場も問題ないです。細部の音ではAudinst HUD-mx1RATOC RAL-24192UT1などでは出ない音がちやんと出てきます。

DA-300USBの回路は完全にピュアオーディオ用なので、そのくらいの差が出ても当然なのですが、やはり音は「格の違い」を実感します。

同じDENONのDCD-1500SEと比べると、DACやオーディオ回路はDA-300USBが勝っているのですが、実際の音となると同じか負けてしまうくらい。これはDA-300USBの電源が、貧弱なACアダプタのためだからと思います。

ではこれが何とかなるかというと、市販の15Vの物は種類が少なく、付属のACアダプタと同じで小型の物が多いのが実情です。幸いなことに中古のPCショップにはノートパソコン用の15V・3〜4Aのアダプタがけっこうあるので、これを利用するのもひとつの手だと思います。ただACアダプタも音質的な相性が出るので注意が必要です。



DA-300USBも中古価格が下がってきているので、PCオーディオに使おうと思う人も多いかもしれません。

PCオーディオで使う時に一番問題なのは、高性能な故に逆に音源の「アラ」がハッキリと聴こえてしまうことです。

例えばアニメなどの打ち込み曲では「コンプレッサ/リミッタ」が多用されますし、「リバーブ」や「コーラス」などのエフェクトも良く使われます。
これらは音に厚みや迫力を与えるために欠かせないものですが、逆に音の解像度や透明感は落ちてしまいます。

1〜2万円クラスのUSB-DACでは、あまり気になりませんが、DA-300USBは高解像度のため、エフェクトの掛り具合がハッキリとわかります。逆に言うと解像度や透明感の悪いパートもハッキリとわかり、ある意味「音の悪さ」がハッキリと出てしまいます。

またDA-300USBの能力を十分に発揮させるには、それ相当のアンプ、スピーカー、ヘッドホンやケーブルも必要になります。



リアパネル


縦置き用スタンド 入力インジケーター


DENON DA-300USBのスペック


入力データ DSD
2.8224/5.6448MHz

PCM
32/44.1/48/64/88.2/96/176.4/192kHz
周波数特性 DSD:2Hz〜50kHz(-3dB)
PCM:2Hz〜20kHz(±0.5dB)
全高調波歪率 0.0018%(1kHz)
ダイナミックレンジ 105dB
S/N比 112dB
電源 ACアダプタ付属。DC 15V・1A
サイズ 幅170×高さ57×奥行182mm
重量 1.5kg















DENON DA-300USBの音質とレビュー B級オーディオ・ファン