TOP > イヤホンの音質比較 > ステレオミニプラグ変換アダプタの比較


ステレオミニプラグ変換アダプター(コネクタ)の比較

(ステレオミニプラグ→ステレオ標準プラグ)

イヤホンをヘッドフォンアンプに接続する場合、よく必要になるのがステレオミニプラグから、ステレオ標準プラグに変換するアダプター(コネクタ)です。

いろいろなメーカーから発売されていますが、どれでも音は同じという訳ではありません。また金メッキしてあれば大丈夫だろうと思ってしまうと大間違い。商品によって電気を通す部分の材質が違うので、音質はかなり変わります。

変換アダプターは音が良い方へ変わることはないので、いかに音質の劣化を抑えるかがポイントとなります。比較してみると安いものほど劣化が大きくなる感じです。

ちなみにアダプターも10時間程度のエージングが必要になります。



FULTECH F-63S(G)

定価 1,730円

フルテックは高音質のプラグやケーブルのメーカーとして、オーディオファンには有名です。

普通のプラグは真鍮製が多いですが、F-63S(G)はオーディオ用の高級プラグと同じく、リン青銅と銅合金を使用しています。金メッキは24k。ハウシングは非磁性のステンレスケース。絶縁はPOM樹脂を使用しています。

実売は1500円ぐらいで、富士パーツのAC666の3倍以上の値段ですが、音は各段に良いです。

値段の高いヘッドホンアンプを使っているなら、これぐらいのを使わないと、アンプはもちろん、ヘッドホンやイヤホンの本当の実力が出てこないという感じです。




audio-technica AT501CS

価格 1,080円

オーディオテクニカのGOLDLINKシリーズの変換アダプターです。

AC-666に比べると透明感や解像度がアップし、音のキレが良くなります。また音の奥行も出てきます。
価格は300円ぐらいの差ですが、音は1ランク違います。

それでもF-63Sにはレンジ、解像度ともに及びません。一番違うのは演奏やボーカルの表現力で、AT501CSのほうが雑です。





富士パーツ プラグアダプター AC-666

価格 756円

富士パーツのAC-666は、実店舗や通販でも取り扱い店が多く、実売価格は500円以下と入手しやすい変換アダプターです。
材質はたぶん真鍮で、24金メッキがしてあります。

FULTECH F-63SやT501CSと比べると、明らかに音がくもっており平面的です。細かい部分の音などは出ないものもあります。
高音はキャラクタ(色付け)があり、低音は量感が少ないです。

















ステレオミニプラグの変換アダプタの音質比較  B級オーディオ・ファン