TOP > イヤホンの音質比較 > radius HP-NEF31


radius HP-NEF31のレビュー


オープン価格 実売3,600円〜3,980円


radiu・ラディウス HP-NEF31は2013年12月に発売されたイヤホンで、カラーはブラック、レッド、シルバーの3色です。

HP-NEF31はHP-NEF31(2,980円)、HP-NEF11(1,980円)と共に、Ne(New ear)シリーズとして同時に発売された商品で、現在はピュアスタンダードシリーズに名前が変更されています。

radius(ラディウス)は、もともとパソコンや周辺機器を開発・販売していたメーカーでしたが、2000年代に入ってからオーディオに力を入れはじめています。
特にイヤホンは2枚の振動板を使った「Wドブルベ」シリーズなど、ユニークな商品を作っています。このHP-NEF31も世界で初めて「High-MFD」構造を搭載したイヤホンです。



HP-NEF31の特徴について


radius HP-NEF31はカナルタイプのイヤホンです。

High-MFD(high magnetic flux density system)は、ドライバユニットの前方にもマグネットを設置し、ボイスコイルから漏れる磁束を、マグネットの反発磁力を利用して閉じ込めて、磁束密度を高める方式です。これにより感度が向上し、音質もトランジェント(過渡)特性の向上で高めることができます。

後にPanasonicのイヤホンに搭載された「アキシャルデュアルドライバー」や「エキストラコントロール・マグネット」。エレコムの「前置きマグネット」などは、いわば「High-MFD」のパクリともいえ、同じ効果と機能を持っています。


またリングレス・ダイアフラム・ボンディング方式の採用により、不要なパーツを排除してダイアフラムの実効面積を拡大しています。

ドライバーユニットとハウジング部に、ダブルプレシジョンアコースティックレジスター構造を使用し、ダイアフラムの振動抑制を軽減しています。

振動板には一般的なPETフィルムよりも高剛性な、ポリエステル樹脂フィルムを積層した「超多層フィルム」を採用しています。

イヤーピースは根元よりも先端が太い「ディープマウントイヤーピース」で、安定した装着感を実現しています。またイヤーピースの装着位置を2段階で調節できる「アジャスタブルポート」も装備しています。

コードの1.2m(Y型)で、3サイズ(XS、S、M)のイヤーピースが付属しています。



HP-NEF31の音質について


確かに感度は高くて他のイヤホンよりも、ボリュームを絞って聴けます。スマホやDAPではバッテリーの消費が減るのでメリットと言えますが、アンプは小さな音量では、特性が十分に発揮できない(音質が良くならない)ことがあるので、素直には喜べません。また感度が高いのと音質の良し悪しは別問題です。


音は軽いドンシャリ系です。レンジは広いという訳でもありません。高音は伸びがないですし、低音は良く出て量感もあるのですが、JVC HA-FX3Xのような重低音は出ません。解像度や透明感は少し悪いです。

最大の問題はMP3、AAC、WMAなどの圧縮音源を聴いた時で、高音が刺さります。


「High-MFD」の効果は感度の以外では感じられません。同じ価格帯ではHigh-MFDのパクリともいえる「エキストラコントロール・マグネット」を搭載した、
Panasonic RP-HJX5のほうが音は良いです。


ケーブルのタッチノイズはかなり少ないです。



HP-NEF31のフィット感について


ディープマウントイヤーピースのフィット感はバッチリ。長い時間付けていても、ズレることがありません。



HP-NEF31R レッド






radius HP-NEF31のスペック


装着方式 カナル型
構造 密閉型
駆動方式 ダイナミック型
ドライバーユニット 13mm
再生周波数帯域 4 Hz〜25,000 Hz
出力音圧レベル 105 dB/1 mW
最大入力 200mW(IEC)
インピーダンス 18Ω
コード 約1.2 m(Y型)
プラグ 3.5mm 金メッキ ステレオミニプラグ
重量 14g(ケーブル込み)
付属品 イヤーピース(XS、S、M)














radius HP-NEF31の音質とレビュー・評価 B級オーディオ・ファン