TOP > 使っているオーディオ


SHARP DX-A3 1987年 定価39,800円


SHARP(シャープ) DX-A3は、1987年8月に発売されたエントリークラスのCDプレイヤーです。DX-150という型番で海外にも輸出されていました。

SHARPはCDプレーヤーの1号機「DX-3」(165,000円)を1982年に発売しますが、その後はミニコンポサイズの低価格モデルを中心に発売します。ただSONYやTEACなど他のメーカーも低価格競争に加わり、急激な低価格化が進んでいきます。
そうなるとオーディオブランド「オプトニカ」で失敗しているSHARPには旗色が悪く、カタログブックを見る限り、このDX-A3あたりを最後に、単品コンポのCDプレイヤーからは撤退したようです。

当時のSHARPはピックアップやサーボ、信号処理用のチップ、デジタルフィルターなどを自社で生産しており、このDX-A3にもそういったパーツが多く使用されています。

でもこのDX-A3の最大の特徴は、SANYO製の16bitDAC「LC7880M」です。このDACはグリッチ歪みが発生しないように抵抗ストリングDAC、PWM(パルス幅変調)DAC、レベルシフトDACの3種類のDACを組み合わせてD/A変換を行う「ダイナミックレベルシフト変換方式」を採用しています。

いわばバーブラウンのDAC(抵抗ストリング)、フィリップスのDAC(シフト)、後に登場する松下のMASH(PWM)のいいとこ取りをしたようなDACです。内容的にはとても興味深いものですが、ただ音質が伴っていないのが残念なところです。



(音質について)
音はドンシャリ気味で明らかにJPOP、歌謡曲、ロック向き。当時のエントリーモデルとしては標準的な傾向の音です。レンジと音場はともに狭いですが、定位だけは抜群に良いです。


(フロントパネル)
ディスプレィは液晶タイプで、トラックナンバーと経過時間、それに再生やリピートなどのアイコンが表示されるだけの簡易なものですが、「マルチグラフィック・ディスプレイ」と名付けられていました。
プログラムの機能も簡易なため、複雑なキー操作などはありません。



(内部について)
シャーシは薄い鋼板製。防振対策は何もされていないので叩くとよく鳴ります。フロントパネルは樹脂製。脚はインシュレーターではなく小さなゴム脚です。

内部を見ると基板を抜き取られたジャンク品かと思ってしまいますが、メイン基板はメカの下にあります。CDのケースより少し大きいぐらいのサイズに、デジタル回路とオーディオ回路が収められており、どちらかというとポータブルプレーヤーの回路に近いかもしれません。



(電源回路)
電源トランスは20VAで、この回路からすれば余裕の容量です。電源回路はメイン基板とメカ、システムコントロールとディスプレィの2系統になっています。電源コードは細い並行コードです。

電解コンデンサはルビコンの25V・2200μF X2本など。

電源回路 レギュレーター


(デジタル回路 サーボ・信号処理・システムコントロール)
デジタル回路はメカの下のメイン基板のほとんどを占めています。
この回路でメインとなるチップはSHARP製のシグナル・プロセッサ「LR37631」で、1チップの中にサーボ制御回路とEFMやサブコード復調、誤り訂正などの信号処理回路が収まっています。チップはノイズの干渉を防ぐために、アルミの板で覆われています。

RFアンプはSANYO製の「LA9200N」。RAMはSHARP製の「LH5116N-15」が使われています。システムコントロール用のマイコンは、SHARP製の「RH-IX1478AF」で、フロントパネルの裏の基板にあります。.
メイン基板 左:シグナル・プロセッサ LR37631
右:RAM LH5116N-15

RFアンプ SANYO LA9200M システムコントロール RH-IX1478AF


(オーディオ回路)
オーディオ回路は必要最低限の物しかない、とても簡素な回路です。

デジタルフィルターは2倍オーバーサンプリングで、シグナル・プロセッサ「LR37631」の中に内蔵されています。

D/AコンバータはSANYO製の16bitDAC「LC7880M」です。LC7880MはCMOSプロセスで作られた消電力タイプのオーディオ用DACです。
内部はとても凝っていて、3種類のDACでD/A変換を行う「ダイナミックレベルシフト変換方式」を採用しています。
これは16bitデータの上位8bitを抵抗ストリングDAC、中位4bitはPWM(パルス幅変調)DAC、下位4bitはレベルシフトDACで変換するというもので、これを左右独立で組んでいるため、1チップに合計6個のDACを内蔵しています。
この複雑な方式により、グリッチ歪みが発生しないグリッチレスDACとなっています。

ローパスフィルターは可変コイルを使用したアクティブ型。オペアンプはJRC「4560」が使われています。電解コンデンサはルビコンとマルコンが使用されています。

オーディオ回路 16bitDAC SANYO LC7880M


(ピックアップ・ドライブメカ)
ピックアップ・ドライブメカはチャッキングアーム式です。ピックアップは自社製の3ビーム「RCTRH8112AFZZ」で、スライド機構はウォームギヤ方式です。
ピックアップ・ドライブメカ ピックアップ・ドライブメカ

ピックアップ RCTRH0053AF トレイ開閉用のゴムベルト


(出力端子)
リアパネルの出力端子はアナログの固定出力1系統だけです。
出力端子


SHARP DX-A3のスペック

周波数特性 5Hz〜20kHz
高調波歪率 0.005%
ダイナミックレンジ 90dB
S/N比
チャンネルセパレーション
消費電力 19W
サイズ 幅300×高さ80×奥行297mm
重量 2.9kg













SHARP(シャープ) DX-A3 B級オーディオ・ファン